5時から7時の恋人カンケイ [DVD]

5時から7時の恋人カンケイの感想・レビュー・登録(34)

最新の20件表示中[もっと見る]
09/01
複雑な心境…。出会う時期を間違えてしまった運命の相手。彼女のことはとても大好きなのに、既婚者という不運…。それでも、自分の気持ちに抗うことは出来ずに、彼女との不倫関係がスタートしてしまいます。「5時から7時」という言葉は、フランスでは不倫関係を指す意味だそうです。この2時間のルールを守りながらも、彼女に猛烈アタックする彼は若いです(笑)妻の不倫を認めている夫の姿に驚かされるとともに、フランス人はみんな恋愛に寛容なのかと、疑問を抱きました。これがオッケーなら、結婚や夫婦の存在意義が分からなくなりそう…。
今は亡きアントン・イェルチン君の出演作。年上・人妻・子どもありの彼女に運命を感じ、邦題通りの恋人関係になるんですが… いくら本当の愛を知らなかったと言っても、やっぱり不倫は不倫なので容認はできないながら、切なさが残るけどいいラストへの持っていき方が良かった。ただ、どちらにも愛人がいる夫婦で容認し合ってるってフランスではよくあるのかな? ちらりと『突然炎のごとく』のシーンが流れるのも意味ありげ(←観たことないけどw)
14年米。不倫ものなので見る人を選ぶ。しかしキャストが絶妙で、アントン・イェルチンの茫洋とした雰囲気と生真面目さの混じりあった感じ、ベレニス・マルローの美貌と浮き世離れした感じがなんともよくて、落ちたくなくても落ちる恋がストンと入ってきた。他の人ではこうはいかない。反論できない手紙のあとに堪える心情が切ない。こういう小さい作品でしっかり実力を示せる役者だったのに、ああ惜しい。ヒロインのワンピが可愛い。33才だったら元モデルでなきゃ着ないだろうけど。
作家志望の青年が人妻と恋いおちいる5時から7時の時間の限られた関係。人生は楽しいことの集積、「自然」と「愛」を敵に回しちゃいけない。グッゲンハイム美術館での初めてのデート、再会もまたグッゲンハイム。ニューヨークスタイルの恋愛映画。
06/14
06/03
聡明で美しく、人懐っこいアリエルがとてもかわいい。ただの情動には流されず、自らをきっちり律しながら2人の男性を愛している。ブライアン目線でいたストーリー、ラストにアリエルの心情が明かされることでぐっときた。
zan
ベンチに貼られたメッセージを含め、洒落た言い回しのセリフが多かった。人生はわずかな時間の集まり。楽しく過ごせればそれでいい。短命に終わったアントン・イェルチンが短かった彼の人生を楽しんでいたことを願う。
04/18
04/08
04/06
好きになった人が実は人妻で、子供までいて、そのうえ彼女の夫には妻公認の愛人までいると言う、なんともフランス人的な(?)話。他のフランス映画でもこんな感じの内容観た事がありますが、本当にこんな割り切った感じなら、結婚しなくても良いんじゃない・・と思ってしまいます。スタートから乗り気じゃなかったブライアンが相手ではこの関係は長続きしない事は誰にも分かる事。なんだかな・・
ラスト、男性にはロマンチック?私なら引く^^;女性はもっと現実的。思い出として大切に持つの分かるが常時身に付けるかな?既婚美女のおかげで成功し別れた今でも自分を愛してくれている...男性にとっちゃロマンよね。お互いのパートナーをないがしろにしているような印象のラストはちょっとね〜。きっと私は古い人間(笑)アントン君の純朴さが生かされた作品!アントン君の両親役グレン・クローズ&フランク・ランジェラがいい!理想の老夫婦像となって主人公2人の関係と対比させてるのも上手い。おしゃれな恋愛ムービーでした
出会いから”信頼関係”に持って行くところもラストで手ぶくろを片方とって指輪を見せるところもファムファタールです。あの美女は!おしゃれで上品な演出ですね。飲み残しのシャンパンが気になったのは、悲しい性でした。男なら誰しもが憧れる甘く切ないシチュエーションムービーですね。
1番好きなのにお互い違う人と結婚するって案外あると思う。違う人生を歩んでいく。現実的だ。再会のシーンは2人が見つめ合う表情に想いが感じられた。
最新の20件表示中[もっと見る]

5時から7時の恋人カンケイを観たいと思ったみんな最新10件(3)

11/04:さちこ
03/12:さらら

5時から7時の恋人カンケイを観た人はこんな映画も観ています


5時から7時の恋人カンケイの評価:100% レビュー数:19
ログイン 新規登録