何者 DVD 通常版

何者 DVD 通常版
▶︎ 予告映像を観る
監督
三浦大輔
出演者
佐藤 健
有村架純
二階堂ふみ
菅田将暉
岡田将生
上映時間
98分
amazon.co.jp で詳細を見る

何者 DVD 通常版の感想・レビュー・登録(114)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
大好きな映画。何も言うことない。2、3度見て楽しむ映画だと思う。見ればいいという映画ではない。
[レンタル][良]
就活で語る1分間と、ツイッターの制限文字140字。文字数としては同じくらいなのに、そこで語られる言葉の裏表、紐付く人間の裏表。自身を語り、自身を騙り、本当の自分は何者なのか。最近の邦画は原作が気になるものが多く、「淵に立つ」「長い言い訳」に今作も加えておこう。
★1.5 黒くどろどろしていてでもなんとなくこうなってしまう人たちの気持ちは分かるが..就活してないけどこんな感じなんだろーな、と考えるだけでゾワゾワー!!
就活ってやだね。私が就活らしきことをしていた30年前には感じなかったけど、自分自身を1分で表現してくださいって言われても・・・。表のアカウントで当たり障りのないこと書いて、裏のアカウントで本音を暴露するってあるんだろうな。私には何のためかわからないけど。若手の芸達者を集めてるけど、なんか学芸会っぽい。わざわざなんだろうな。
就活生の心の闇……というような側面からこの映画を観るのはあまり望ましくないのではないか。あるとしたらせいぜいメイン垢とサブ垢の使い分けに失敗したという程度のものでしかないからだ。見どころはむしろ、この映画で「劇中劇」が多用されるということではないか。それは他でもないこの映画の登場人物が「何者」かを「演じている」ことのロコツな反映に他ならない。各俳優の演技はなかなかのものではあったが、惜しむらくは多くを台詞に頼り過ぎているということ。もっと余白を活かした映画作りが良いのではないかと思われて、そこがもどかしい
裏アカウントで悪口言ってストレス解消って、褒められた話じゃないけど、別に、そんなに責められることでもないんじゃない?
仕事や人生に冷めているメンバーに見せるのは有りかも。自分自身が主体者にならないと。客観的に見て偉そうにしてるだけでは駄目。特に現代の若者に増えているのかも。取り敢えず、中田ヤスタカさんの音楽が何よりも良かった。やはり天才。
就活をする5人の男女の話。たかが就活、されど就活・・昨日までは働かなくても存在していける人達が、就活と言う名の下で、自分を捨て、職を得る為に思ってもいない事でも言い続けないといけないと言う矛盾と闘う事になります。原作を読んでないのですが、ラストの盛り上がり方を観ると、ツイッターとかで話を進めるこの話は、映像向きで、小説として成り立たせるのは難しいじゃないかと思いました。主題歌がとても良かったですね。
かつて演劇に夢中になってた主人公が仲間と共に就活にいそしむ話。さすが『桐島、部活やめるってよ』の朝井リョウ原作って感じ。序盤に感じた『?』がそのままブーメランのように自分に刺さってくる罠。偉そうに尖ったツイートしたからって何かを成し遂げた訳ではないんだよ?
なんか就活思い出してやだったよー笑 まぁでも佐藤健みたいなことは、結構みんな思ってるんじゃないかな?あそこまでひどくはないだろーけど…
怖いな。誰にでもある心の闇。就活が背景になっているけど、こんなことはどんな場合にでもふつふつと産まれてくる。受験、結婚、生活、成績・・・ 社会の中でみんな他人と自分を比べながら、ちょっとでも自分のほうがいいんだと思っていなきゃやってけない。 タクトの裏垢のシーンはもうやめてくれ!と見るのもつらかったけど、ドン引きしながらそういう自分もそんなところあるよなと、共感せざるを得ない。 青春が終わって人生が始まるとき、自分はいったい何者って誰でも考えるんだろうな。
今の時代は何でもスマホで検索・スマホで近況報告だからね!
自身の就活を思い出して複雑な気分に…笑 普段考えないようにしてる働く意味とか自分って何?とか考えるとしんどくなることを考えさせられる。でも物語的には何か大きな出来事があるわけではなく、就活に限らずこんな人いるよねっていう作品に終わってしまった印象。面白かったけど、最後まであと一悶着あるのではと期待しちゃった。
★★★★☆(DVD) 6人が6人ともいるいるいる!という就活生で面白かった。最後の方の理香と拓人のシーンは、ん!?何者ってホラー映画だったっけ!?と思ってしまうほど演技•雰囲気ともに怖かった。誰しも彼らのような闇の部分って持ってるんだと思う。「良い人」ぶって隠しているだけ。
理系なので?就活はしていないけど、学生の頃観ていたらもっと響いていたんだろうなと思いつつ観ました。魅せる力をもった作品でした。
身に染みた。自分が「何者か」問われた時に、答えることができるだろうか。初めは主人公拓人の、淡白で特徴がないのに分析ばかり一人前な感じに共感できなかったが、終盤の自分では分析していなかった自分に向き合わざるを得なくなり腹をくくった感じがいい。ラストの終わり方が、拓人の未来の明るさを現している。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

何者 DVD 通常版を観たいと思ったみんな最新10件(21)

08/01:aki
07/13:ERICO
07/04:昭雄
07/03:honey.
07/01:ventuno
06/29:かっちー
06/25:♡ risaco
06/16:カズ

何者 DVD 通常版を観た人はこんな映画も観ています


何者 DVD 通常版の評価:61% レビュー数:35
ログイン 新規登録