ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期 ブルーレイ+DVDセットの感想・レビュー・登録(71)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
2人のパパ候補が、キチンと受け止めて協力してくれるのが素敵_(┐「ε:)_
うーん。この映画をつくる意味ってあったんだろうか。ビジネス的にも、ニーズ的にも、モチベーション的にも。イギリスではそこそこヒットしたみたいですが。1の頃は、時代にすごくマッチしていたけど、もはやセンスが古いし、ヒロインはラブコメを演じるには痛々しい。キャストだけでなく、自分も年食ったわけですが。
★★★★☆やってくれるねブリジット。父親がどっちかわからないなんて(笑) 最後までトラブルまみれとは…。二人の候補に正直に告白して、それでいて二人ともが協力的だなんて日本の価値観では考えにくいf^_^; ちょっとブリジットのビジュアルには驚いたけど、シリーズを通しての『ありのままの君を愛する』に尽きる。そんな風に愛されるなんて素敵じゃないキュ━.+゚*(о゚д゚о)*゚+.━ン☆最後のオチもクスッとくるね。
‪43歳になったブリジット。私もあと数年したらそんなお歳頃⋯ いや~あの老け方は、かなりショックだった!! 飾り気のない等身大の姿に共感しながら楽しんだけど、40代女子のお肌の現実を見せつけられた感じw 最近のカメラのシワ消しとか美肌モードで綺麗になったつもりでいたらダメだよね、騙されたらいかんよねえ(笑)
ドタバタながら、エレガントな映画です。冒頭のエドシーラン、顔は知らなかったけど、曲は知っていました。レニーゼルウィガー、この映画の一作目で観たときは、どこがいいんだろうと思ったけど、あれから他の作品で観て、本作でも巧いなあという感じ。原題はブリジッドジョーンズのベイビー。父親はどっち?の映画です。
みんな老けたな〜〜
アラフォー独身女性のドタバタコメディ。 嫌味がなくてクスッと笑える楽しい話。 どちらの子供か分からないのに、産もうと決断する。 そこは経済力の成せる技。 そして二人のパパ候補も頑張っちゃうっていうのもすごい!! 日本ならドロドロの悲劇だよね。(笑) 結末は思っていた通りだけど、まぁ仕方がないのかな? そしてこの作品にはなくてはならない【ダニエル】が あんな形で登場するとは驚き。
前作の展開をキレイに忘れたまま鑑賞。裏切らない鉄板な感じで楽しめた。人生の急展開に捨て鉢にならず、前向きに取り組む姿勢に感動。現実的かどうかはさておき、幸せになって良かったな~。
☆3 恋に仕事に奮闘するブリジット(レニー・ゼルウィガー)もアラフォーとなり、テレビ局のやり手プロデューサーとして活躍していた。愛した男ダニエル(ヒュー・グラント)は事故で他界し、いまだに独身の彼女の前に、IT企業のイケメン社長ジャック(パトリック・デンプシー)が現れる。彼との恋が進展していく一方、ほかの女性と結婚したかつての恋人マーク(コリン・ファース)とも再会し、2人の男性の間で揺れ動く。
前二作は、マークとダニエルの、イギリス人同士の何とも言えない掛け合いが笑えたのに比べると、アメリカ人のジャックが理想的過ぎて、少し違和感。ブリジットの老けぶりも時間の流れを感じさせて、何だか哀愁が…。と、色々と突っ込ながらも、楽しく観ました(笑)。最後の新聞記事にはニヤリ。あの男が素直に死んでいるはずがない!
10年掛けてやっと見つけた相手は結局マークだったのね。子供が出来てブリジッドもマークも人間として成長でき、本当に大切な人の事がやっとわかったという話でした。ラストにダニエルが生きていたという新聞の記事に「にやっ」と出来ました。個人的には、レニーは昔の方が健康的で、ずっと良かったのに・・と思い、本当に残念。
シワやら白髪やら・・みんながおじいちゃんおばあちゃんになっちゃって。みんなが相変わらずダメダメで。そして何でもあり。グランピングやら江南スタイルやらエド・シーランやら差別やら・・。流行りや世情も詰め込んだ感じ。旦那が虐げられる出産シーンも何だか韓国ドラマっぽかったり。でもみんなが等身大でチャーミング。最後のブリジットの姿、少し神々しくて、感慨深くてちょっぴり感動しちゃいました。大団円。
相変わらずおちゃめなブリジット。ちょっと老けすぎな感が最後まで引っかかる点ではあったけれど、楽しく鑑賞。こちらも年を重ねただけあって、ベイビーの誕生には泣きました。最後のヒュー様は何ですか?生きていたってこと?
ヒュー・グラントの扱いは、原作どおりなのかどうなのか。
前作からのファンなので楽しく鑑賞。コリン・ファースは立ち姿が相変わらずカッコいい。ジャックはすごくいい人でこっちにしろよって思ってしまう。最期、どっちが父親なのかよくわからなかった。みんなわかったのかなあ。
飛行機内で観賞。ブリジット、けっこう尻軽女だったんだね。それにもかかわらず、彼女は憎めない可愛い女だね。
3は作る必要があったんだろうか。前評判の悪さの割に日本ではまあまあだったらしいけど、出産経験のある私には非現実的でいたいとしか思えず、、突っ込みどころ満載すぎて、寒さばかりが目立った。アラサーならまだ可愛いけど、アラフォーでこれはACレベル。米国で大コケもわかる。 ヒューの使い道も、パトリックデンプシーの使い道も悲しい。 レニー大好きだから、なんだか切なかったわ。
ど頭からいつもの曲、いつものブリジット。 出演者たちを見て「ああこの年月分、私も歳とったんだなあ」なんて思って。 なんだかマークの可愛さに目が行く。でもドアのガラス割るシーンのあの1発で、キングスマンを思い出す。そして2回見直す(笑) ジャック役のパトリックは相変わらずスムーズに色男~。 懐かしのセーター、クリスマスカードにもらいたい家族写真、カフェ店員エド・シーラン。もちろんスペシャルサンクスにヒュー。 あっという間の2時間でした。
モテモテのブリジットが超うらやましー!お決まりの笑いはブリジット・ファンには最高。しょっぱなから踊りだしたくなる。それはDVDで(笑)お顔がちょっと変わってしまってるのはご愛嬌としときましょう。回想シーンのマークにぐっときちゃいました。やっぱりかっこいいわ~。
劇場公開(新宿スカラ座)で。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期 ブルーレイ+DVDセットを観たいと思ったみんな最新10件(8)

07/28:みー
07/14:まるる
05/07:
04/09:のり鈴
04/01:いぬふく
03/03:ryo
01/25:かおる

ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期 ブルーレイ+DVDセットを観た人はこんな映画も観ています


ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期 ブルーレイ+DVDセットの評価:59% レビュー数:21
ログイン 新規登録