ある天文学者の恋文 [DVD]

ある天文学者の恋文の感想・レビュー・登録(25)

最新の20件表示中[もっと見る]
09/17
ミステリーかと思ったけどロマンスでした。有名な天文学者の教授と教え子の親子ほども年の離れた不倫関係にあるエドとエイミー。突然のエドの他界。死んだはずのエドから送られてくる手紙やプレゼント。からくりは最初の方にわかったのでミステリーではないと判断。二人の間の愛についての物語だけどあまり引き込まれなかったかな。エジンバラとイタリアの風景が美しかった。
親子程の年齢差がある教授が死期を悟り、遺される女性の為に色んなタイミングで手紙やCDを贈り、彼女を哀しみから救い、立ち直させる話。こんな感じの映画なんかで観た様な・・。タイトルが思い出せなくて。ただ、死生観に対する論理のやり取りの部分が難し過ぎてついていけず、残念な部分でした。この二人にとって、年齢差は本当に関係ないんでしょうね。とても心に沁み入る映画でした。
05/25
05/06
60点 天文学者エドと彼の教え子エイミーは愛人関係。ある時エイミーの元に突然届いたエドの訃報。 現実を受け入れられないエイミーの元には、その後もエドからの手紙やメールや贈り物が届き続けるというミステリー風のラブロマンス。この設定にかなりの違和感と嫌悪感を感じながらもオルガ・キュリレンコの演技とエディンバラやサン・ジュリオ島に観とれていく。好きな作品の多いジュゼッペ・トルナトーレ監督作品中では、ハズレの方だなと感じながらもラストまで観るとそれなりに良かったと思った。それにしても綺麗過ぎで気に障る点も多い。
天文学者エドと付き合っていた教え子のエイミーのもとに、エドの訃報が舞い込む。しかしその後もまるで生きているかの様に彼からメールやプレゼントが届く。その謎の解く為、彼女はエドが暮らしていたエディンバラを訪れる…という話。なぜ死後も荷物が届くのか?というミステリー要素は重要でなく、歳の離れたカップルのラブストーリー要素の方が強いです。まずそこで肩すかしを食らいます。更にさんざっぱら綺麗事(エドほど素晴らしい人はいない的な美辞麗句)を並び立てても、この恋愛が不倫劇という部分でなんだかなぁ…。 50点。
始まっている2人の関係は、ただそこに愛があることのみが印象付けられる。男が去った後の喪失感を滲ませる演技は素晴らしい。去って尚愛を貫いた男の想いはあらゆる方向から女を包み込む。天文学者ならではロマンチックな台詞、大胆不敵に大胆素敵。
04/30
04/24
お年寄りの妄想をそのまま映像化した映画。ついて行けなかったので最初10分で見るのやめました。
04/18
トルナトーレ大好きなので期待してましが他作には劣る。ただ、かれのフェティシズムを感じた。オルガキュリエンコを舐めるように堪能する映画。トルナトーレの夢なのかも。不倫は感心しないが、あそこまで愛されることに羨望は覚えた。ヒロインもファザコンなのだろう。 大好きなジェレミーアイアンズの魅力も光る。素晴らしいテーマは散りばめられているのに尻窄まり感があるのは残念。 映像と音楽は美しい。頭より心で感じる映画かも。 死が二人を分かつまで心から好きな人と時間を共有する出来るのは幸せだなと思った。
好きな人と星を見たのが忘れなれなくて、タイトル買い。天文学者でなければ出来なかった大好きの表現がとっても愛おしかったです。 実はマレーナとおなじ監督だったことにびっくりしました。偶然同じタイミングで買ってた。
04/05
02/01
最新の20件表示中[もっと見る]

ある天文学者の恋文を観たいと思ったみんな最新10件(6)

05/13:KS
04/17:ララン
01/24:りえ
12/25:かおる

ある天文学者の恋文を観た人はこんな映画も観ています

テッド [DVD]
テッド [DVD]

2750登録

ある天文学者の恋文の評価:72% レビュー数:9
ログイン 新規登録