エディ・レッドメイン アンダーテイカー 葬る男と4つの事件 [DVD]

エディ・レッドメイン アンダーテイカー 葬る男と4つの事件の感想・レビュー・登録(16)

アンダーテイカ-って葬儀屋って意味らしいね。タイトルを意識しないで観て良かったよ!タイトルって難しいよ。 ジェシカ・ビールのヌードが見られたから、まぁ~良いか笑 ★★★★
観ましたけれど何という感じ。父と娘と孫のことなのか、妻を亡くした悲しみから立ち直り別の愛を見出す神父様のことなのか、何かどれもこれも中途半端であまり伝わってくるものがありませんでした。
邦題詐欺。エディがストーリーテラーかと思っていたら、ただの脇役やんけ。この手の群像劇は嫌いじゃないけど、なんだかとっちらかってる印象です。ミステリーにしたいんだか感動モノにしたいんだか軸がブレブレ。まぁ、エディの珍しい黒髪姿が見れたから良いかな?
植物状態の息子を抱えるストリッパーと、 彼女の愛犬を保護した葬儀屋の青年との出会いが 全ての運命を狂わせていく...
Amy
07/26
06/14
タイトルに騙されましたね〜。交差する人物像が散漫でイマイチ入り込めなかった。音楽もイマイチ。スタイリッシュに決めるのか、主役を絞るのか、ハッピーにするか否か。どれも中途半端な気がします。
エディ・レッドメインと他キャストの豪華さゆえの鑑賞。孤独と絶望を背負ったそれぞれの運命の糸が交差する。キャスティングの演技力が見事に生きた作品。ラストは題名通り”パウダー・ブルー” 邦題クソ。2009米。
中身確認せずに付けなきゃいけないとはいえ、このタイトルは的外れでミステリー要素皆無。心のカケラを失ったまま生きる人間群に降り注ぐ愛には、受け取る側与える側の区別はいらないのですね。
クリスマスが近づくLAで暮らす4人の物語。過去何度も遭遇した「ミステリー・サスペンスかと思ったらドラマだったというガッカリ作品」の1つに加わりました。ファンタビ効果でレッドメインを前面に出し、タイトルも葬る男~と変えていますが、今作では彼は端役であり葬儀人も関係ありません。 そして何故「4つの事件」なんて副題にしたのでしょうか。詐欺と言われても仕方無いと思います。若きレッドメイン君が見られるのと、大好きなフォレスト・ウィテカーが出ているという点以外はあまり魅力が有りませんでした。 30点。
もちろんエディ君目当てに見た。いきなりレイリオッタの目のアップ!常々まつ毛の長いくどい目だなぁ(失礼!!)と思っていたがまさしくアップになって圧倒された。タイトルから想像したのは謎解きサスペンス、探偵もの、推理もの、などだったけど、みなさんがそれぞれに事情を抱えながら一生懸命生きていこうとする群像劇でした。エディは今よりも若く(当然だけど)黒髪も似合って細くって素敵でした。イマイチな内容だけども出演陣が豪華で見応えはあったかな。エディ君見るだけでもOK!な作品。うふ。
.
--/--

エディ・レッドメイン アンダーテイカー 葬る男と4つの事件を観た人はこんな映画も観ています


エディ・レッドメイン アンダーテイカー 葬る男と4つの事件の評価:100% レビュー数:9
ログイン 新規登録