手紙は憶えている [Blu-ray]

手紙は憶えているの感想・レビュー・登録(87)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
家族をナチに殺された男の復習劇。認知症を患っている男性がどうやって復習していくのかと鑑賞していたら、実は・・と言う衝撃のラスト。認知症で呆然となったり、現実では目的に向かう姿を見せる主人公にハラハラさせられたり、一番身近だった友人が全てを仕組んでいく脚本は凄かったです。うーん、感動とかではないけど、違う意味で忘れられない作品になりました。
ずっと観たかった映画の一つ。最後の最後に待ち受ける衝撃的な結末に、涙が止まりませんでした。認知症を患う90歳の老人は、第二次大戦中にユダヤ人捕虜だった悲しい過去を持つ男。ナチに家族を殺された復讐を果たすために、認知症でありながらも容疑者を求めて長い長い旅出ます。寝むるとすべての記憶を忘れてしまう彼にとって、常に肌身離さず持ち歩いている手紙が命綱。手紙を頼りに目的の為に、不安定な体を必死に動かしながら犯人の元に歩んでゆきますが、最後でまさかの衝撃的結末…。この作品は、ずっと心に残る作品となる気がします…。
wowow録画。 内容紹介を見ていたので、だいたいの予測はついていたから驚きはなかったものの、ロードムービー的な作りは好きだった。 主役もとても良かった、随所で何かが心に詰まる。悲しい映画だった。
主人公ゼヴ役のクリストファー・プラマーという役者の迫真の演技が見事。認知症でほんの少し前の記憶も失い、おぼつかない足取りでヨロヨロ歩く姿にハラハラして思わず手に汗握る。重たい内容だが、他のホロコーストものにありがちな無理やり感動を迫ったり、やたら小難しい思想を投げてくる映画に比べれば、サスペンス調で受け止めやすく考えさせられる作品だと思う。ちょっとセンスが感じられない邦題で、やはり原題の『Remember』がいい。
ある仕掛けだけのために、作ってあるのが勿体無い映画。もう少し工夫して、少しでもハッピーエンドに近づけてほしかった。愛すべき認知症老人の冒険の物語。電車での子供との交流とか、病院での少女との交流とか、心温まる場面も多い。でも認知症であることは痛みを感じるし、どこか暗い展開も、少し心を曇らせる。スイッチを入れた老人ホームの存在を描かなければ、もう少し違ったオチもあったかもしれない。とにかく、これはワールドワイドな一つのジャンルもの。アウシュヴィッツ、直接的な映画もあり、間接的な映画もあり。これは、後者。
(TV録画) 復讐劇。
いつもよく観る俳優!誰だったか思い出せないままエンドロールでクリストファー・プラマーだったことが分かりました。「サウンド・オブ・ミュージック」でギターを弾いていた大佐からもう何年になるのでしょうか?もう60年以上昔?この作品中でもピアノを弾いていました。途中で、もしかしてこの主人公はひょっとして実は?とひらめきましたが、そのとおりでした!衝撃の結末でした。
オチの衝撃はあまり無かったけど、ダラダラ続けたりしない終わらせ方はいいと思った。エンドロールの入り方がよかった。
15年加独。クリストファー・プラマーという役者に全面降伏。この人の意欲と姿勢は平伏したくなる。帽子を手に裸足で現れるところからずっと目を離せない。このお年で出ずっぱり。誤魔化しなしの真剣勝負。素晴らしい。惜しむらくは邦題。リメンバーでいいですよ。
今回は頼まれる側で人探しに行くプラマー。老体メメントに「大丈夫か?」と思いつつドキドキハラハラ。子供との絡みが安定の好好爺演技で微笑ましかった。ナチス物の秀作!説明不要、ネタバレ厳禁、まず見るべし!
混濁した意識の中でラストに驚愕の真実にたどり着く主人公のゼブ(狼の意味とのこと)。罪深きは戦争か、それとも人間か。戦争とはかくも残酷なりの映画。
認知症って比較的昔のことは覚えているものだと思ったけど。でもどんでん返しお見事。リアルな戦争の記憶を司る最後の世代の物語。被害者は復讐を果たし加害者は自らの罪を贖う。戦争に忘却の文字はあり得ないのだろうな。おもしろいサスペンスでした。
ナチスの所業はこれほどまでに人間の深いところを傷つけ、人間を凶暴にするのか。それは戦争の成せる業。じっとりと戦争は嫌だと思わせられる。主人公クリストファー・プラマーが『サウンドオブミュージック』のトラップ大佐とは驚き。にしてもこのお歳でセリフを覚え俳優業を続けていらっしゃることに敬意。そして老いた仕草、認知症の演技に、認知症の方への関わり方を学ぶ思い。
そんなことまで忘れる??と思ったけど、それがあっても、良いどんでん返しだった。トラウマで心が記憶を消したのかもしれないし、主人公の吐いてきた嘘が彼の中で真実になったのかもしれないしね。戦争は、しない方がいいね。するなら、勝たなきゃね。正当化されないと心が変になるんだろうな。観てよかった。
ナチスを扱っているけど、一級のサスペンスって、感じ。最後の展開にはビックリだった。でも手紙とか電話とかマックスにもきっと繋がると思う。そう、クリストファープラマーは、サウンドオブミュージックでドイツの旗引き落として、スイスに亡命してた。
戦後アメリカに暮らす認知症のゼブ(90)がナチ戦犯を探す話。ゼブの記憶が混濁する度に心配になり何でこんなことを、と思ったが、そういうことか。
wowowで鑑賞
おじいちゃんのロードムービーは じぃちゃんの〝メメント〟なんだろ!? そんな前情報で見始めたこの一本は~ う~ん、なるほどそう来たか! って、思った通り、読めた結末ではあったけど・・・ 忘れ方が都合良すぎたねf(^ー^;
面白かった!どんでん返しが、、、クリストファー・プラマーが「サウンドオブミュージック」のトラップ大佐だったとは。
認知症の老人をクリストファー・プラマーが熱演、リアルすぎた!起きる度に意識が混乱している様子など、かなり切ない。彼がとある「さがしもの」をするロードムービー??だけど、探している真実にいたるまでなかなかの緊迫感。WOWOWの解説の人たちが最初に語るコメントでオチを逆読みできてしまったが、たぶんコメント無くても読めたとは思う。設定としてはとても面白かったが、、、無理がある気もする。多くは言うまい。みてください!
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

手紙は憶えているを観たいと思ったみんな最新10件(14)

10/30:ネズ
10/05:たまリロ
09/13:
09/02:藍生
06/30:k imi
06/08:あさのめ
03/06:トオル

手紙は憶えているを観た人はこんな映画も観ています


手紙は憶えているの評価:87% レビュー数:38
ログイン 新規登録