ミュージアム [DVD]

ミュージアム [DVD]
▶︎ 予告映像を観る
監督
大友啓史
出演者
小栗旬
尾野真千子
野村周平
丸山智己
田畑智子
上映時間
132分
amazon.co.jp で詳細を見る

ミュージアムの感想・レビュー・登録(32)

最新の20件表示中[もっと見る]
面白かった。良くも悪くもあまり言うことはない。
03/24
けっこう最後の方まで妻夫木聡だと気づかなかった。確かマンガ原作だったよね?途中まで読んだ微かな記憶があります。マンガ原作だからかご都合主義な感じがちょっと気になりましたが、まあ最後まで飽きずに観られました。
刑事の沢村は「雨の日に起こる」「謎のメモが残される」という連続猟奇殺人事件の捜査に加わる。犯人の目的も分からない事件だったが、被害者の関連性から自分の家族が巻き込まれている事を知り…という話。見ていて「日本版『セブン』だな」と思いましたが、やっぱり他の方々も同じだった様子(笑)しかしながら、ストーリーや処刑のサイコっぷりも各種推理も満足のいくものでした。小栗旬の代表作と言って良いのでは?妻夫木の演技はさすがの一言。それにしても直接的なシーンは無いにしても、このグロさでよく規制が入りませんでしたね…75点。
カエルの面を被った犯人の連続猟奇殺人が起こる最中、主人公の刑事の妻がさらわれる。果たして犯人の動機とは…。全ての人物像がテンプレ過ぎてツラいのは、きっとるろうに大友啓史監督のせいなんだろうな。ハリウッドと韓国映画、MIXさせたいのは分かるけどねw。
03/22
mg
03/22
03/21
03/20
裁判員制度の問題に切り込むのかと思えば犯人の動機告白であっさり空洞化され肩透かしだし、人肉食というタブーに挑むのかと思えば結局・・・だしで挑戦的な構えに対してゆる~い甘噛でお茶を濁す腰砕け展開に脱力。ワーカホリックで家庭を省みない刑事とか事件現場で律儀に嘔吐するナイーブな新人とかキャハハと笑うサイコな殺人鬼とか一ミリもツイストのないテンプレ人物造形が連打されるのも辛い。久々に和製エンタメの闇を覗き込んだ気がする。
だからカエルだったのか!と。  小栗君と妻夫木くんの乱闘シーンは迫力あってよかったです。 ラストは、ハッピーエンドかと思いきや、え?という後味悪い終わり方。うまく出来ていたと思います。 全編、殺され方、ヤバイですねー。グロ。
全体の雨が降って薄暗ーい嫌な雰囲気が良かった。 原作と違うラストの後味の悪さもまあ良かったんだけど、オリキャラはいる意味あったのかな…純粋に疑問。 そして頭イってる妻夫木聡と、執念で妻夫木聡を追う小栗旬、どちらもすごい良かったです。
03/18
最後までは好きです。対決するところからはご都合すぎて私は微妙でした。
ソフト化したので改めて再鑑賞。やっぱり前作というか秘密のトーンや空気感で得たモノが上手くこのミュージアムのリアリティを成立させてる世界観の肥やしになってて良いですね。演者もさすがのメンツ。小栗旬の実写にハズレなしの法則継続中。
最新の20件表示中[もっと見る]

ミュージアムを観たいと思ったみんな最新10件(1)

03/13:あす

ミュージアムを観た人はこんな映画も観ています


ミュージアムの評価:100% レビュー数:16
ログイン 新規登録