『キングコング:髑髏島の巨神』映画前売券(一般券)(ムビチケEメール送付タイプ)

『キングコング:髑髏島の巨神』映画前売券(一般券)(ムビチケEメール送付タイプ)
▶︎ 予告映像を観る
監督
出演者
上映時間
amazon.co.jp で詳細を見る

『キングコング:髑髏島の巨神』映画前売券の感想・レビュー・登録(130)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
飛行機で視聴。 怪獣のバトル、狂気の軍人、人間対モンスター。ベタな展開が安心して楽しめるエンタメ。ゴジラとかキングギドラみたいなのが次回は出る? 字幕で見たけどヒロインの佐々木希の吹き替えがとんでもなかった
【★8】開始30分で「インカミング!!!」の号令とともに、コングのヘリぶっ壊しフェスティバルが開幕されて感激するしかなかった。出し惜しみなしにテンポよく巨大生物大集合だわいわいって感じでめちゃくちゃ面白かったです。映画館で見たらよかったと後悔。
劇場で観たのは大正解でしたが吹替えしか時間が合わなかったのは大後悔。GACKTは役に合ってないし佐々木希は下手すぎた(泣)まー、それを引いてもこれは面白かった!太陽を背にしたコングはゴジラ大一作並みのカッコよさでした。続編が来たらもちろん観ます。それにしても、オオトカゲはそこはかとなく使徒の面影があるし、日本兵の名前はイカリだし、エヴァが好きなんだねこの監督。
ザ.怪獣とサムエルLジャクソンの大佐の狂気が印象的。いままでのヒロインストーリーではないけど、島の守り神の存在のコングが妙に人懐っこい。メイソン・ウィーバー(ブリー・ラーソン)が、ターミネータークロニクルズのキャメロン(サマー・グロー)にしか見えなかった。エンドロール後のチラ見する今後の展開が楽しみ。
キングコングvsエイハブ大佐。キングコングというより白鯨を今風にアップデートした作品で怖いキングコングの迫力を体験できる!ゆっくり木が空から向かってくるシュールな登場シーンやエンドロール後の「おい!まだみてんのか!」の見せ方も面白かった。次回のvsシリーズも期待したいなぁ。
AM
怪獣バトル映画として十分楽しめた。太陽をバックに立つコングのシルエットがかっこいい。サミュエルLジャクソンがキャラにはまりすぎ。
2D吹替版で鑑賞。オリジナルのコングにリスペクトを払いつつ、怪獣映画に仕上げた快作。のっけから米軍ヘリ部隊とコングの激突があり、巨大怪獣を出し惜しみせずにどんどん繰り出してくるサービス過多精神も良し。この映画でのコングは、PJ版のように「ヒーローであるモンスター」であり、日本でいえば、さしずめガメラ(特に平成ガメラ)。随所に30mを超える「怪獣」クラスの巨体を感じさせる演出が見られ、こういうのを映画館の大きなスクリーンで観る醍醐味がある。コングの表情が渋くて、大イカの触手を踊り食いする野蛮な顔もゴキゲン
破壊と怪物とパニックの古き良きカタルシスが存分に詰まった快作だった。娯楽映画の見本、モンスターものの見本、パニックものの見本。ところどころで物語の時代に合った60-70年代のロックが流れるのも良かった。監督、スタッフの高すぎるセンスを感じるね。
☆4.5 映画館にて。面白かった~‼モンスターパニック好きにはたまらなかった。
俳優につられて見に行ってたのですが怪獣映画って面白い! 序盤から全く焦らさずキングコングの全貌が登場。 映像にわくわく。コングの「島の神」っぷりが神々しい。美女との心のつながりもありましたけど恋愛的なものでなくほんのりとした信頼感。こういうの好き。 スカル・クローラーの造形で驚いたのは這ってるのに二足な事。日常ではどんな動きをするのだろう。ラストはキングコングとスカル・クローラーの一騎打ち。 存分に楽しませてもらいました。ED後はびっくり。日本人としての心が騒ぐおまけが…。
以前、このキングコングに見るポリコレと言う話題を見かけたが、76年版、05年版を観た身としては意識せざるを得なかった。やはり時代は西洋とアジアになっていっているのだろうか。それはさておきこれまでのキングコングとは趣向を変えて、もうただただ巨大生物たちの大乱闘を楽しめる作品。とまでか書いた割には旧作と比べて物足りなさを感じているのだが、エンドロール後には期待値を上げられた。このような続編ありきの展開と、旧作ブランドに頼るシリーズもどうなのかと言う意見もあるだろうが、面白いものは何度やっても面白いのだ。
冒頭から出し惜しみせず、コング暴れまくりですなw ピータージャクソン版が反面教師になったかな。軍人サミュエルのマザーファッカーぶりが素晴らしい。アナコンダのジョンボイドを思い出したよw エンドロールの後がおいしいので必ず席を立たずに最後まで観るように。
ストーリーは単純で人物像も薄いけど迫力満点で楽しかったです。 ただ、巨大生物はもっとたくさん出て欲しかった。コングの○○の踊り食いが、おっさんぽくって面白い(笑)
甘さに流れず、最後までサバイバル映画を貫き通してくれた。面白かった。グロテスクな生き物の造形が素敵。続編もにおわせていたが、期待大です!
これまで欲の皮の突っ張った人類vsコングだったが 今作は違う。が、コングにしてみれば理不尽この上ない。大義も勝利も無いベトナム戦争で大佐は既に壊れていたんだろうね。コングは守護神、カッコ良かった
怪獣映画と言って遜色ないくらいに沢山の巨大生物が跳梁跋扈する壮大な映画。映画館で観て良かった。近年悪役が多くなっているサミュエルが良い味を出してる。トムヒドルストンはカッコいいんだけど、キングコングが主役である以上、主人公が彼である必要があまりないので少し勿体無いなぁと感じてしまった。冒頭にMIYAVIが出演してて驚いた。
状況逆だけど雰囲気はプレデターズっぽいな!
やっぱりキングコングはヒロインを守るものなんだな(笑。鉄板っぷりに安心しました。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

『キングコング:髑髏島の巨神』映画前売券を観たいと思ったみんな最新10件(7)

05/10:iwaken
05/06:hase
04/13:セロ弾き
03/27:ATSUSHI
02/20:ぬかじん
02/09:kie

『キングコング:髑髏島の巨神』映画前売券を観た人はこんな映画も観ています


『キングコング:髑髏島の巨神』映画前売券の評価:100% レビュー数:66
ログイン 新規登録