『グレートウォール』映画前売券(一般券)(ムビチケEメール送付タイプ)

『グレートウォール』映画前売券(一般券)(ムビチケEメール送付タイプ)
▶︎ 予告映像を観る
監督
出演者
上映時間
amazon.co.jp で詳細を見る

『グレートウォール』映画前売券の感想・レビュー・登録(23)

最新の20件表示中[もっと見る]
わりと面白かった。こういう映画好きだなー(^^) 金かけたのに大作になりきれない、けど何も考えずに観られるっていう爽快さ(笑)鎧がカラフル&怪物がほどよく不気味&爆破シーン多めで、視覚的にも楽しい! 将軍の女の人がきれいだった!のにロマンスが始まらない潔さも好評価。アジアンアクションもなかなかよかったです!
04/26
マット・デイモン主演とはいえ、あまり期待せずに見たんですが、これは当たりでした。まず映像が凄い。こういった大掛かりな戦シーンはチャイナ映画ならではと思います。そして火薬を使った派手な演出はハリウッド式。そういったもろもろがうまくミックスできたんだなって思いました。
3D 109シネマズ@二子玉川ライズ 鶴軍?カッコいい。コマンダーが美人過ぎる。ウイリアムはよく去りましたね。私なら金も仲間も火薬も捨てて、コマンダーのポチになります。やっぱ中国には勝てないな。なんせ万里の長城って月面からも見えるそうだし。
04/22
鑑賞前の半信半疑からするとかなり楽しめた作品でした。怪物が、ゴーストバスターズの鍵の神、門の神みたいだなぁって思いついたんですけど、たぶん、「ホビット」のオークが乗っていた魔獣ですよね。だからラストミニッツレスキューなのかw。しっかし最後は、磁石が決定的な何かを引き起こしてほしかったなぁ。男尊女卑のひどかった古代中国と考えると、あの青い軍団が女性で構成されているってのはエクスペンタブルズってことかよってちょっとツッコミたくなりましたw。
TOHOシネマズシャンテ これこれ、まさにチャイナファンタジーというやつ、これを観たかった。化け物に立ち向かうのは超人でもスーパーヒーローでもなく、鍛え上げられた技量と肉体を持つがあくまでも普通の人間、それと黒色火薬。1戦目とラストバトルが晴天の下で行われるのもストロングポイント。できれば、各隊長(♂)たちに得意の得物が設定されていて、そのお披露目シーンがあればもっと良かったのにとも思ったが、それだと尺が足りないし、主役がボヤけるか。
ファンタジー。結構、楽しめた。兵士達の鎧の色が鮮やかで、綺麗だった。アクションも凄い!洋、中、ミックスという処も面白かった。60年に一度現れるという、おぞましいバケモノも、迫力があった。最後に、リン将軍がデフォー(?)に言った言葉に、胸が熱くなった。
ツッコミ処満載。なんだけど、襲って来てるのがアレと分かった時点で何でも有りだなと。で、その何でも有りが意外と楽しかった。
04/21
093
04/20
3Dで鑑賞。自分でもビックリしたけど意外とおもしろかった。ひょんなことから辿り着いた異国人が現地人と共に万里の長城に攻め込んでくるクリーチャーとひたすら攻防する、という本当にそれだけなんだけど視覚的に楽しかったので満足。リン将軍とのやりとりとかデフォーさんの役とかどうでもいいからもっと闘い見せて!ぐらいに思ってた。セリフは説明調だし、デフォーさんの役は一部の現地人が英語をしゃべれるという設定のために存在させたんじゃないかぐらいだし、結構自由に動き回ってるし、気になるところはあまりにも多いのになんか楽しい。
もう途中から万里の長城、全く関係なくなっちゃうけど、荒唐無稽な怪物退治映画でとても楽しい
映画館)2017年15本目の観賞(ユナイテッドシネマ豊洲にて)。一見、変だな?と思う設定でも、力業で作ればなんとなく見れてしまうお手本のような作品。何も難しいことは考えないで見れば、それなりに楽しめる。でも、それだけの映画。あと、この時代の黒色火薬の価値って、戦をひっくり返す切り札みたいな大きな存在だったのには、ちょっと感心した。感想はこんなところです。
万里の長城の向こうから化け物どもがやってくる。もう少し馬鹿になるか、もう少しがっちり作ればよかったのに、中途半端で微妙な出来。
3D字幕版で鑑賞。マット・デイモンが万里の長城でじゃがいも育てる映画かと思ったよ。バンジー槍部隊とか何の意味があるのか?などと考えてはいけない。頭空っぽにしてただ楽しむのが正しい娯楽作。一言で言えばマット・デイモンの無駄遣い。
最新の20件表示中[もっと見る]

『グレートウォール』映画前売券を観たいと思ったみんな最新10件(3)

02/10:♡ risaco

『グレートウォール』映画前売券を観た人はこんな映画も観ています


『グレートウォール』映画前売券の評価:100% レビュー数:14
ログイン 新規登録