シング・ストリート 未来へのうた スタンダード・エディション [Blu-ray]

シング・ストリート 未来へのうた スタンダード・エディションの感想・レビュー・登録(110)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
【DVD】
底辺小僧が何かをつかむまでを、主人公と一緒に感じる切なさ輝かしさで。とにかく劇中歌がズルいんですよ、そしてそれは歌の力という映画のテーマそのもので全然ズルくないんですよ。泣いた! 兄貴〜! メガネ〜!
メンバーの楽器才能には驚きだけど、成長する姿が良い。最近お気に入りの監督。そして兄貴がカッコいい!
主人公の子供っぽいんだけどたまにセクシーになる下膨れ顔と、ヒロインのはすっぱな老け顔が相性良くて印象的。バンドの歌詞が凄く良かった。家庭問題や鬱屈とした学校生活に負けずに音楽に打ち込む姿はかっこいい。バンドメンバーが皆無邪気で素直で良い奴ばかりでよかった。ローディーにスカウトする件は痺れる。あと兄貴が最高。
やっと観た。あの二人の「未来」については限りなく不安だけど、音楽がとにかくよくて、けっこう笑えて、全体としては楽しかった。しかし、あんな暴力神父がいるとは思わなかった。まあ、血の気の多いアイルランド人だしね(すごい偏見)。
キスしようとしたら口に食べ物が残ってて「ちょっとキス待って」ってとこ妙にリアルで笑ったw音楽の場面ではBTTFを思い出すプロムまがいのMVシーンが最高。それにしても兄貴が最高だな。こんな兄貴がほしかったぜ
友人にキービジュアルを見せたら、「トレインスポッティング」みたいな映画?と聞かれて、もっと夢も希望もある映画だよ、と回答しておきました。青春音楽映画。王道展開かも、だけど、丁寧に描かれている感じ。劇中の楽曲もなかなか。主演俳優の歌唱力もなかなか。
甘酸っぱいやらほろ苦いやら切ないやら。懐かしい音楽も相まってタイムスリップ気分を味わってしまった。“あの“MV撮影のシーンは切なすぎて思わず泣いた。(;_;)
若さと恋と音楽! いいね~!!
まさにこの映画自体がミュージックビデオのよう。テンポがよく感性に訴えかける。自分はデュランデュランぐらいしかわからない世代だけどそれでも楽しく鑑賞できました。まさに青春!
不覚にも感動してしまいました。まず音楽が自分の若き頃に馴染み深いものである、オリジナルも時代の流行りを取り入れてなお、完成度の高いものである、青春の輝きと惨めさが混合されてるというところでしょうか。胸がつまるようなラストシーンもナイスです。
若さと、情熱と。
2015年。1985年のダブリンが舞台。家計の都合でイエズス会系からカトリック系のシング・ストリート高校へ転校させられたコナーが、女の子の気をひくためにバンドを始める。ダブリンからロンドンへ出て行く若者の増加、MTVの影響によるPV作り、遠いアメリカ文化(プロムや『バック・トゥ・ザ・フューチャー』)への憧憬が盛り込まれている。インターネット以前の文化間の距離感が巧みに描かれている。「曲作る?」「いつでも歓迎だ」というコナーとエイモンのやり取りがある。大人になってから記憶に残るのはこういう友人関係だろう。
出てくる曲は全く知らなかったけど、曲に影響されて服装変わったりするのは中々。「Drive It Like You Stole It」は名曲だと思います。
「ダウンタウン物語」的かわいらしさ
ジョンカーニー監督、鑑賞3作目。相変わらず音楽が熱い。今作は自分の年代と重なって懐かしく楽しかった。バンドの成長と共に少年たちの青春模様がダサくてかわいくてちょっと寒くて爽やかで良かった。
音楽の良さ満載でバンドやりたくなる。オリジナル曲一発目から音が洗練されすぎてるだろと思ったけど、現実との乖離に悲しくなる妄想パーティMVのシーンで、それまでの音もコナーの理想の音が鳴ってたんだろうなと腑に落ちた。ギグでもオープンハットの音が鳴ってるのに、画面ではライド叩いてたりしたし。最後にオマージュから抜け出して、コナーが自分の歌を手にして音を鳴らすのも感動。SRの一作目的。音楽を描いた作品としても青春を描いた作品としてもいい。桐島の映画部もそうだったけど、学生の創作は模倣になるのが可愛らしい。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

シング・ストリート 未来へのうた スタンダード・エディションを観たいと思ったみんな最新10件(18)

03/20:Mimi
03/17:たけお
03/13:AR
03/06:S3S
02/24:薦田ロボ
02/11:那雪
01/22:藤野

シング・ストリート 未来へのうた スタンダード・エディションを観た人はこんな映画も観ています


シング・ストリート 未来へのうた スタンダード・エディションの評価:67% レビュー数:37
ログイン 新規登録