ジェイソン・ボーン ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

ジェイソン・ボーン ブルーレイ+DVDセットの感想・レビュー・登録(93)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
相変わらず迷いのない身のこなしが素敵すぎるマットデイモン。そして相変わらずかわいそうなジェイソン…カーアクションがワイスピみたいなド派手になっていた。ちょっと1〜3が面白すぎた故期待値上がりすぎた感は否めないけどジェイソンには幸せになって欲しいしデイモンの身のこなしはまた観たいのでシリーズ続けて欲しい
 最新作ということだけあって期待したのですが、このシリーズは3部作が面白すぎたゆえに、もう制作側がよっぽど頑張ってくれないとだめだめ。スパイアクション映画であることを忘れたのか、ただの殺し屋映画となってしまっています。ストーリーも薄くて、カーアクションだけ派手にかましている映画。マットデイモン老けたなあ。トミーリージョーンズも弱すぎ、組織も弱すぎ。
いつもながら映像に迫力があって、ハラハラしながら十分楽しめました。
まだ続くんじゃってかんじの続編なんだろうけど、また終わりが見えなくなってきたな。ボーンの安息は一体どこにあるんだろう。
冷戦後のスパイ映画としては、よくできているシリーズだと思います。リアルを求めるなら、CIAの組織悪しかないかもしれません。今回は、相手の裏をかくボーンがあまり見られなかった気がして残念です。それと、どうしても気になってしまうのは、彼の行動費はどこから出ているのでしょう。
60点 このシリーズのファンだが相変わらずのスピード展開と、目眩がしそうなほどの迫力のカメラワークが楽しめる。内容は分かり易いが薄くて物足りない気もする。続編のありそうなエンディングだがこのシリアスムードとシリアスキャラでマンネリはやや厳しい気はする。かと言って方向転換なんて絶対に止めて欲しいし・・・・・。
評判が前作3部作と比べて、すこぶる悪いが、エンターテイメントとして、これで十分だろう。前作三部作は出来が良すぎたのだ。あの三作品が、80点以上だったのに対し、今作は、62点。しかし、私個人としては、エンターテイメントは60点以上で十分合格点なので、特に不満はない。敢えて、この点数の落差の原因を挙げるとするならば、それは内容の薄さだろう。内容だけを見れば、特にジェイソン・ボーンの生きざまにとって必要な要素は何一つとして、ないのが致命的だ。いわゆる、完全な蛇足なのだ。しかし、だからと言って、別物ではない。これ
前のシリーズおぼろげすぎることを差し引いても物語がダレ過ぎて冗漫で薄味な印象。ジェイソンの自分探しな話に枝葉をつけすぎてキャラと説明が多い割に見せ場が無くて退屈しちゃった。。感情移入出来ないような登場人物ばかりで関係性も浅いので入り込みにくくて残念。トミーリージョーンズとヴァンサンカッセルの使い方も何かもったいなかったな・・ヴァンサンカッセル随分お年を召してたなあ~誰だっけ?ってなっちゃったわ(笑)
諜報機関のスゴ腕工作員が主人公のアクションもの・・は好きなので、まぁ当然ジェイソン・ボーンシリーズはチェックしておかないとって思ったんです。結論から言うとこのシリーズ最新作も面白かったですね。満足しました。意外性はそれほどない話なのに、ご都合主義的な展開が少なくないのに、ハリウッドのアクション映画らしく登場人物の内面とかに深くは踏み込まない薄っぺらな映画なのに、最後までダレない、最後まで魅せるってトコが素晴らしい。計算されてるなぁと。それに比べてトムのMIシリーズは・・。ま、好き嫌いの問題でしょうけど。
前の三部作からどっぷり続いてたけど既に話が若干おぼろげ…でもやっぱし面白かった
まあこういう映画かと思えば面白く見れるんだが、前3部作で完結してしまったものの続きなので、どうもイマイチであった。 なんだろう? やってることはそんなに変わらないんだけどね。 この先も続きそうだが、もうそんなに期待しないかな。 前3部作で終わりでよかった気がする。
★★★★☆ー 前3部作が非常に好きな作品だけに多いに期待して鑑賞。十分合格点だが、物語のスケールは若干ダウンか。でも相変わらずのスピード感で大満足。お馴染みのカーチェイスは、本作が一番スゲーかも。
待ってましたの、ジェイソン・ボーン最新作。 頭脳明晰で機転が利いて、力強さも兼ね備えた最強のスパイ。今回も息もつかせず一揆にストーリーが進んでいきます。追う方はCIAのグローバルネットワークを駆使して、さもありなんと思わせるような展開を仕掛けても、一騎当千のボーンはそれを一蹴。 堀北真希的な暗さと、知性を感じさせるサイバーセキュリティとの交流と最後の「ふふふ」となる結末も良かった。このシリーズもっと続いて欲しいが、マット・デイモンも46歳。どうなるかな?
今回のヒロインは頭悪くてイマイチかも…ジェイソンは変わらずキレキレでカッコいいけど。一応最後らしいけど、まだ続きそうな…★★★☆☆
たった一人で、己の身体と頭脳を総動員して巨悪と戦う男、ジェイソン・ボーン。男はかくありたいものだ。▼相変わらずのスピード感で物語はどんどん展開していく。一瞬の瞬きも、一言の聴き逃しもNGだ。シリーズ5作目となっても、その魅力は失われていない。▼もちろん、ツッコミどころは満載だ。ありえないカーチェイスや格闘シーンetc…。そして、いくら傷ついても立ち上がる不死身の身体。▼でもまあ、そんなことはいいじゃないか!だって、ジェイソン・ボーンなんだから。若くて綺麗で頭のいい彼女に口説かれても、ブレはしないさ。
レンタル。トミー・リー・ジョーンズも宇宙人じゃなきゃもっと嫌なオヤジに見えるんだろうなぁ(笑)。それにしてもSWATの装甲車、使い方間違えると非常にコワい。
あの車、あんなにぶつかってるのにエアバッグ開かないなんてリコール対象車じゃないの⁉︎
映画館で見逃していたので、ようやく!期待は勿論あったけど、正直どうゆう展開にするのかっていう不安もあったりで。話的にはウィンターソルジャーにも共通する、近年無視できない平和の為という大義名分の元に、過剰な防衛意識からの全世界監視体制というのがあるけれど、ボーンの動機としては、シリーズ通しての「自分とは何か」ではなく、復習劇になっております。とはいえ、ギリシャをはじめとした情勢不安などの中、展開されるアクションは相変わらず見事で、V・カッセルとの駆け引きも面白い。次、あるのか!?勿論希望してるけど。
このシリーズは好きなんだけど、もうやめよう。
アクションシーンとかはいつものという感じ、終盤のカーチェイスシーンはシリーズ最高だったかもしれない。ストーリーのほうは、うん、眠かった。ボーン・レガシーとはなんだったのか
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

ジェイソン・ボーン ブルーレイ+DVDセットを観たいと思ったみんな最新10件(7)

04/01:yougo1073
03/26:chocolatte
03/12:スミカ
02/16:comet
01/25:かおる

ジェイソン・ボーン ブルーレイ+DVDセットを観た人はこんな映画も観ています


ジェイソン・ボーン ブルーレイ+DVDセットの評価:75% レビュー数:35
ログイン 新規登録