帰ってきたヒトラー コレクターズ・エディション [DVD]

帰ってきたヒトラー コレクターズ・エディションの感想・レビュー・登録(311)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
吹き替え版で鑑賞。
コメディだけど、ラストは怖かった。歴史は繰り返したんだな・・・て。 ヒトラーがインターネットなどを使えるようになるシーンは面白かった。だが、心に響く内容ではなかったと思う。
zan
なかなかのブラックユーモア。マスコミを巻き込んで自分を上手く売り込み、世間に自分が必要だと認めさせる手法。ドイツ国民がこの風貌の人物をそれほどタブー視していないことは意外だった。でも歴史を踏まえれば、万人がこのコメディを快く受け入れるとは思えない。
これも公開当時 気にしながらも劇場まで足が向かなかった一本なのでした。 戦争ものでしょ タイムスリップでSFなのかい~ コメディなの? して見るとドキュメントでもあったりして~ 変わった話ではあるのでした。 だからかな・・・? で、結局その変わった部分を、うまく飲み込めなくて~ 微妙な感じで見終わるのでした。 σ^_^;
映画っぽくなくドキュメンタリーみたいだった。
公開直後から気になっていたタイトル。死んだはずのヒトラーが現代によみがえり、物まね芸人として世間を席巻する話。ドイツではタブーとされているヒトラーをコメディ化する懐の深さにまず驚く。ただ、単なるコメディ映画としてではなく、現代社会・政治への風刺も混ざっている。日本は移民を基本的に受け入れていない為、他の国みたいに人種問題で悩むということは今のところあまり表面化していないが、20~30年後に同じような状況になっているとしたらどうなのだろうかと考えてしまう。その点が鑑賞後頭に浮かんだ。感想はこんなところです。
コメディに区分されており、確かに序盤は笑えるのだが徐々に笑えなくなってくる。ドキュメンタリー風に撮っているシーンが印象的、そしてヒトラーの優れた弁論術には舌を巻く。民主主義を衆愚政治と誹ったヒトラーの凄まじさ。現代もやはりカリスマ性のある指導者を必要としているのか、ただ独裁というのはやはり怖い。ドイツの国風を分かっていないが、これは許されるのね。面白かった。
再鑑賞です。私が感じた事は、第1にヒトラーが弁論術に長ける事です。例えばヒトラーは「スターバックス氏が責任を取ってくれるのか」という身近な例で相手の関心を惹いてから「ドイツ国民が立ち上がるべきだ」という結論を示すからです。第2に極端な成功をする者が妬まれる事です。テレビ番組の司会者はヒトラーの沈黙を利用した演説に対して負け惜しみを言うからです。第3にヒトラーの長所と短所が主義・主張の偏りである事です。ヒトラーの主義・主張は明確ですが、内容がドイツ人種・国家の崇拝やユダヤ人の差別だからです。
怖かったーーーーー!!!!序盤は映画の中の人同様にニヤニヤしながら見つつ、ドイツ人ならもっと面白さがわかるんだろうなあと思ってましたが、認知症のおばあちゃんの「最初はみんな笑ってた」から一気に恐怖映画に。そして最後はドイツだけの話じゃなくて世界中の話にされて終わるという、何という恐怖映画。トランプだって最初はみんな笑ってたしなあ…。日本の怖いところはヒトラーやムッソリーニのようなわかりやすいアイコンが無いことだ。私はみんなの中にいる、というのが最高のトラウマセリフ。
不謹慎さを抱きつつも、笑ってしまう。とんでもない人なのに、引き込まれてしまうヒトラーのカリスマ性。大胆すぎる風刺と復活したヒトラーを通して、現代に警鐘を鳴らしているかのような何だか凄い映画でした。今も昔も大衆がヒトラーを求め、選んだ。恐ろしや。
ブラックなのかエンターテイメントなのかはたまた待望論なのか。どう見たらいいのか正直戸惑いながらぐいぐいと引き込まれて最後まで観てしまった。この脚本を書いた人はものすごい。ドイツではヒトラーのことを隠さず教育していると聞いていましたが、この作品を見てなるほどと感じました。
★★★★☆ この作品を制作したドイツは健全な国だと思った。素晴らしいエンタメでラストまで楽しめた。
こんなに重いテーマなのに凄く軽く作られているのは忠告? あまり軽く考えてちゃいけないよみたいな… どこかの大統領みたいに軽く選んだらホントになっちゃったなんて実際にあるんだから恐ろしい事です。
今のドイツの政治状況をシニカルに切るために、ヒトラーを登場させるという発想がスゴイ。歴史はヒトラーの施政を完全に否定しているはずなのに、ドイツを再生させるというシンプルな主張には今の政治にはなし得ない力強さのようなものを感じてしまう。表面的ではないある意味壮大なパロディ。
面白かったけど、予想以上に恐ろしさも感じました。この映画、ちょいちょいゲリラロケをやったらしいけど、ドイツ国民の中にヒトラーを歓迎する人もいたりして吃驚した。ほんのたまに名言を放ったりしてるけど、基本は恐ろしい人。犬、簡単に殺すし。ドイツ最大の汚点であるヒトラーをよく映画化出来たね、凄いね。
やっと鑑賞。面白かったです!ドイツではどう受けたられてるのか?ってのもあるけど、作り方として単純に現代とのミスマッチで笑えるし、シュールで笑えないってのもあるし。メタ的な楽しみ方しつつも不謹慎な思いもどこかにありつつ…っていう、意外と複雑な作品。現代に蘇って同じことを繰り返せるかというとまぁ無理ですよね。ただし、繰り返すんじゃないかと思わせること、思わされてしまうことがやっぱり怖いし狙いなんだろーなーって。2時間は長いしオチもどーするのか気になりつつもまぁあんな終わり方でいい塩梅だったのかも。
副局長が怒りに震える手で眼鏡を外してからの一連が再現度高すぎだった。なんだろうこの、面白いけど所々笑えないの。面白いのは確か。ドキュメンタリー映画を見てる気分になってくる。本当に現実にヒトラーがいたらこんな感じなんだろうってリアルがある
みんなが大好きな「ヒトラー最期の12日間」の例のシーンのパロディで大爆笑しました。ただ「ヒトラー」というギリギリのラインでの笑いは万人には受け入れられないでしょう。
★★✩✩✩ヒットラーが現代にタイムスリップして現れモノマネ芸人としてブレイクするというドイツ映画。コメディなんだろうけれど毒気が強すぎて笑えない。そう、ヒットラーは独裁者だったけれどちゃんと選挙で選ばれたんだよね。民衆に支持されて最初はみんなの人気者だったんだろうね。気がついたときには誰も彼を止められなくなっていた。認知症のユダヤ人のおばあちゃんだけが真実に気がついていたのが印象的だった。ただ映画としてはイマイチな感じ。 映画館
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

帰ってきたヒトラー コレクターズ・エディションを観たいと思ったみんな最新10件(49)

09/09:潤子
08/20:つの
08/18:pttrxx
08/16:tommy
08/14:正山小種
07/17:kojo_sugita
05/28:かとり
05/21:bellwick
05/14:youri

帰ってきたヒトラー コレクターズ・エディションを観た人はこんな映画も観ています


帰ってきたヒトラー コレクターズ・エディションの評価:60% レビュー数:94
ログイン 新規登録