暗殺 [DVD]

暗殺の感想・レビュー・登録(17)

09/11
02/09
ハ・ジョンウ見たさに鑑賞。 いやぁー面白かったわ。最初は誰が親日派、独立派なのかちょっと分かり難い部分もあったし、日本語カタコト過ぎて日本人なのかもよく分からなかったけど、途中から怒涛の展開でクライマックスの銃撃戦まで楽しめたわ。 執事いなくなっても疑問に思う事なく結婚式とかないわぁーwそんな御都合主義もどうでも良くなる位の花嫁姿のスナイパーには萌えた。 最後の裁判シーンの感情優先な部分や、物凄い開き直りに韓国メンタリティを感じたわ。 オ・ダルスとチョ・ジヌンきいてたわね。
12/23
DVDで鑑賞! 女スナイパー役のチョン・ジヒョンがとっても可愛らしく、そして、とってもカッコよかった! スナイパーによる暗殺劇も、女性が主役だと見応えあるよね~(弱い部分も含めて) 何度も言ってますが、やはり韓国映画恐るべしです!
du
11/26
du
11/22
撮るだけで不興を買いそうなテーマだけど、この監督は別にテーマ主義ではなく、前作同様あくまでチームプレイが撮りたい、軽妙な会話が撮りたい、クソカッコイイ女が撮りたい、美しく敗北したい、そして何より日本人以外に日本語喋らせたいという厨二欲があまりに前に出ているのでどこまでもライトな仕上がり。エンタメ作家としてはかなり愛嬌があるとは思うが、ハッキリ言って記憶にあまり残らない。役者を型にはめ込み過ぎです。
割と似たような顔の方が多く人間関係が複雑で把握するまでに時間がかかる。あとカタコトの日本語とやけにセピアがかった画面がちょっと違和感。メガネ姿で最強のスナイパーに扮したと思ったら終いには花嫁衣裳で銃をぶっ放すチョン・ジヒョンは相変わらず素敵だ
『10人の泥棒たち』に続き群像劇で勝負するこの監督…流石に巧みなストーリーテリングと演出を見せる。 と言っても抗日闘争ネタなので、韓国の過去の思いにあまり移入できなかったし、ややゴチャゴチャした感もあったが、やはり豪華なキャストにはニンマリするしかなかった。 チョンジヒョンを筆頭に、イ・ジョンジェにハ・ジョンウ、チョ・ジヌンやオ・ダルス、そして、キム・ヘスクにチョ・ビスンウまで、ニヤリしまくりでした...★3.775
【映画館】「10人の泥棒たち」の監督が日本占領下の朝鮮でのレジスタンス活動を中心にそれぞれの立場から「暗殺」に関わっていく物語。ここ数年、台湾と韓国で日本占領下の映画やドラマが流行りらしく、これもその一つ。ヒロインはおなじみ「体育会系」チョン・ジヒョンに魅力的なキャラ達がわきを固めてエンターテインメントに仕上がっています。
06/27

暗殺を観たいと思ったみんな最新10件(3)

10/12:KS
09/05:ayumik
暗殺の評価:82% レビュー数:7
ログイン 新規登録