10 クローバーフィールド・レーン ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

10 クローバーフィールド・レーン ブルーレイ+DVDセットの感想・レビュー・登録(209)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
事故のショックから目を覚ましたミシェルは、地下シェルターに監禁されていることに気づく。そこにいたのはシェルターの持ち主であるハワードと、自らシェルターに飛び込んできたというエメットだった。疑心暗鬼にかられながらも3人の奇妙な同居生活がはじまる・・・というストーリー。外の世界では何が起きているのか。果たして二人の男は信頼できるのか。この2点の謎が物語を牽引する。終始緊張感があり、最後のどんでん返しも面白い。先入観なしに楽しみたい作品。
監禁サスペンスとポストアポカリプスサバイバルが入れ替わるシチュエーション。情報が制限される中での緊張感あるやり取りがよかった。●つまるところ誰も嘘は言ってなかったという皮肉な仕掛けがいい。必死の思いで逃げだしたら外の世界も終わりかけてるってのはかなり絶望的だと思うが、そこでひるまず生を掴みに行くヒロインってのも予想外でした。
久々におもしろかった。ネタバレ無用
6点。「外は汚染されているから保護した」と主張する男に地下室に閉じ込められ...どう好意的に見ても嘘だろそれ!と大半の人が思うような状況からの主人公の脱出への奮闘と男との近づくのも遠ざかるのも怖い駆け引きの引っ張り方が巧く、また近所の優しいおじさんから稀代の変態男まで幅広く演じ分けられる(名実共に)懐の深いジョン・グッドマンという絶妙すぎるキャスティングも功を奏し、外を目指す過程の緊迫感はかなり高かった。まあそれだけに斜め上過ぎるあの結末には思わず「それありなんか?」と画面に向かってツッコんでしまったが。
まったくどんな映画なのか知らずに観たんで、ボクにとっては、そーいう人にとっては、好き嫌い良い悪いはあるだろうが、新しい!新感覚!でもなんで後から気づいたらパッケージとかこんなにネタバレ全開にしとるんや(|| ゜Д゜)もったいな!
なんとなくB級なヒロインが魅力的。音楽でかなりサスペンス感を出して盛り上げている。
クローバーフィールドの名を冠したせいでサプライズがサプライズとして機能してないじゃん。パターナリズムからの脱却を視覚化した脱獄部分がそれなりに面白かっただけに外に出てからのパートは蛇足としか思えなかった。『バートン・フィンク』のジョン・グッドマンが好きで好きで夜も眠れない人向け映画。
どんな展開に転がるのか常に予想しながら。オッサンがヤバイ奴だということと、エメットが死ぬだろうなって予想は当たった。メーガンにいったい何が…。密室サスペンススリラーからヴァイオハザードになったのには唖然!前作観てたけど。主人公強すぎかよ!!ラストシーン、安全な場所でなく生存者がいる危険地帯へ道路を曲がるミシェルに強烈なミラ・ジョボビッチ感。密室のシーンは本当にゾクゾクして怖かった。こういう真実が分からない系サスペンスは大好物なので完全花マル。エメットが溶ける液体にズブズブ漬けられてるのには恐怖。
大部分を占める密室サスペンスに興味がなければつらい。最後の10分くらいでやっと面白くなったと思えば男坂ENDみたいな。
前作が好きなので観た。前作は全く関係ないようだ。 サスペンスで惹きつけといて、その先の予想を裏切る展開は好みだ。 構造はミストっぽいなぁと思ったけど、長くないし、なかなか楽しめると思いますね。
★3.5 メアリー・エリザベス・ウィンステッドがかわいかった。ベンの声ブラッドリー・クーパーなのね。
☆8 それなりに楽しめるし魅せ方もうまいのだが、パッケージの写真がラストのネタバレをしてしまっているのが残念。 この作品だとSFと謳う時点で後半の展開に驚きがなくなってしまうので、そこらへんの配慮はして欲しかった。途中も少し中だるみ。
面白いことは面白いですが、前作「クローバーフィールド」の続編だと思って観ると、肩透かしをくうかもしれません。まだまだ続きます的なエンディングは嫌いじゃないですけど☆ヒロインが可愛かったので許される作品なんじゃないでしょうか(苦笑)
よくある密室系かと思ったらちょっと違う。 どんどん出てくる不思議な疑問がワクワクして、これはこれで楽しめて私は結構好きです。 最後の展開はなんと言うか別物のお話が始まりそうな雰囲気でどう観たらいいのか戸惑ったけど、これからどうなるのかは観てる人が想像してねっという感じにスッと終ったのも嫌いではない。
2016年。『クローバーフィールド/HAKAISHA』(2008年)のフランチャイズ作品で、世界観が繋がっている。自動車事故で昏睡状態に陥ったミシェルが目を覚ますと、見知らぬ地下室に監禁されていた。地下シェルターの持ち主ハワードと彼の元で働いていたエメットは、外の世界が汚染されたので避難してきたという。彼女は真相を確かめようとする。自分の境界(地理的なものや精神的なもの)から踏み出すことへの恐れや、自分の身を犠牲にして人助けを行うことの大切さという主題が根底に。宇宙ミミズの話が出てきて白石晃士映画かと。
初)JJプロデュースの不条理SFサスペンス。前作のより面白かったです…JJが演出や脚本にどれだけ口出ししているか不明ですが…いかにも展開がJJっぽいなぁ〜(ノ-_-)ノ~┻━┻ラスト5分のヒロインが強過ぎる…出てパクッとやられるバッドエンドでも嫌いじゃないなぁ〜
この緊張感はかなり凄い方ですよ。でも満点は絶対あげられない、そこそこ良作という評価で大体落ち着くと思う。終わった後はこういうオチかと虚無感が襲うので。助けたおっさんは正常なのか、イカレてるのか?ただの変態でしたね・・・(笑)しかしまあ宇宙戦争が始まった時はそりゃもう良くも悪くもビックリしてテンション上がるってもんですよ。ただこのパッケージはいただけない。シェルターに閉じ込められた主人公を撮るべきだ。そうすれば視聴者は驚きの連続だったろうに。
zan
このパッケージこんなにネタバレ丸出しでいいのか。これじゃジョン・グッドマンが報われない。何年もかけて制作したせっかくのシェルターが台無しだ。本場人生ゲームを含む各種ボードゲームが楽しそうだったのに、ドラム缶の過塩素酸は余計だったな。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

10 クローバーフィールド・レーン ブルーレイ+DVDセットを観たいと思ったみんな最新10件(15)

05/10:ペンギン
02/19:miki
01/25:狂犬
06/24:misui
04/20:pttrxx
04/02:とーこ
11/20:ツナ缶
11/03:M77

10 クローバーフィールド・レーン ブルーレイ+DVDセットを観た人はこんな映画も観ています


10 クローバーフィールド・レーン ブルーレイ+DVDセットの評価:78% レビュー数:81
ログイン 新規登録