ナイトライト 死霊灯 [DVD]

ナイトライト 死霊灯の感想・レビュー・登録(25)

最新の20件表示中[もっと見る]
全く怖くないホラー作品。懐中電灯視点のPOVだけど、相変わらずごちゃごちゃしていてカメラ酔いしそうです。犬を巻き込むのはマジで止めろよ。登場人物が皆、性格が悪くて嫌です。特にたらこ唇の口のデカイ女子。
自宅にて鑑賞。日本劇場未公開のPOV。相変わらず妙な邦題(副題)附き。友人が自殺したコヴィントンの森へフラッシュライトゲームなる肝試しに訪れた五人の若者達の運命を描く。森は呪われており、灯を消す事、名前を書かない事、廃墟になった教会に立ち入らない事と三つのルールの元、虚勢を張り、悪ふざけを繰り返す若者達には、序盤からしっかりフラッグが立つ。POVと云うチープな描画を効果的に活かし、構成が巧みな上、各キャラクターもしっかりしており、細部に亘り作り込まれている。POVに抵抗が無い向きにはお薦め。75/100点
森の中肝試しにやってきた若者達は徐々に不可解な現象に襲われていく。POVホラー。 懐中電灯視点という斬新さは生かされてるかというとそうでもなく、怖がらせるパターンがワンパターンなのと懐中電灯視点がコロコロ変わって持ち手を撮さない事が多いので混乱する場面も多かった。 ブレアウィッチを彷彿とさせるが差別化出来ているというかそうでもなく劣化版の印象が強い。
kay
森の中でのPOVホラーはもう先に立つものがある中、ライトをつけると襲われる的なアイデアで進むのかと思ったら特にそうでもなく、いわくつきの森に肝試しにやってきた浅はかな若者が次々死んでいくホラーだった。観客側視点じゃないと気付けない異変に気付くと怖い。影や、犬、人でそれらを演出するので中々楽しかった。個人的には好きな映画。
ある意味予想通りのダメ具合だった。低予算、というかんじ。最もダメなのはPOVなのに怖い映像がない!ドキッとするのもジワジワくるのもない…懐中電灯視点(笑)という所をどう生かしてくるかと思ったらどうも生かされてなかった。
04/28
効果音がついてるPOVって邪道。ギャーンとかババーンとかね…。あとこれは懐中電灯視点なんだが、懐中電灯に特殊に仕込まれたカメラによる映像かと思ったらほんまにただの懐中電灯だったらしく、それが一番驚いた!
満足度60 端的に言うと、バカ。フェイクドキュメンタリーではなくファウンドフッテージでもないPOV映画。最近(というか近年ずっと)、低予算で作れるということもあり、POVの可能性を追求する映画が非常に多いわけですが、これもその流れの中にある作品。新しいPOV、新しいPOV、何かないか、何かないか、考えに考えた結果、深夜に朦朧としてる時に思いついたのである、そうだ!懐中電灯視点だ!(バカ)そんなバカ企画、映画化できるわけない、、、とはならず、なぜかその
森の中を探索、ライトはつけたらヤバイ、というイメージだったので、始終ライトが付いたまま騒ぐ主人公に「?」となった。バケモノもライト消えてから来るし。暗視モードを駆使し、隠れたり逃げたりするんかと期待していたので、なんか興ざめ。これはパッケージのせいかしら。場面展開もホラー演出もワンパターンで、ライトが消えるかカメラがゴロゴロなって、死んだ人物が映る、みたいなね。ストーリーもさることながら撮り方も楽しくない。1ミリも恐怖を感じなかった。
02/18
あの「ブレアウィッチ・プロジェクト」を彷彿とさせる作品だが、全てにおいて物足りない。舞台となる森の伝説も怖くないし、実際に起こる様々な出来事も怖くない。 この種の映画はストーリーそのものの怖さもさることながら、その背景や「物語で直接的に描かれない設定」などが実はポイント。しかしこの作品はその点が実に弱い。だから「頭の悪い若者たちがいわくつきの森に入って肝試しをしたら怖い目にあった」くらいの印象しか抱けない。脚本をもっと練るべきだし、映像的な見せ方ももっと工夫すべきだと思う。
Amy
02/14
所謂POVホラーな訳だけど、ライト付手持ちカメラならではの恐怖演出が満載。それだけで、合格点には達していると思うが、ストーリーがややおざなりと言うか…。まぁ、こんなもので良いんだけども。
01/16
01/07
12/29
12/16
最新の20件表示中[もっと見る]

ナイトライト 死霊灯を観たいと思ったみんな最新10件(1)

11/02:白田和希

ナイトライト 死霊灯を観た人はこんな映画も観ています

Arrow: The Complete Second Season [Blu-ray] [Import]
Arrow: The Com

22登録

ナイトライト 死霊灯の評価:96% レビュー数:12
ログイン 新規登録