マジカル・ガール [DVD]

マジカル・ガールの感想・レビュー・登録(124)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
12歳の白血病の少女の、魔法少女になりたいという純粋な願い。それを叶えてあげたいという父親の、これまた純粋な願い。それがたくさんの人を巻き込んで、緩やかに淡々と破滅に向かって行く。後味の悪い映画。マジカル・ガールは魔法少女ではなく魔性の女なのかな。
厭世感漂うなんとも現実感のない退廃的映画でした。
12才の美少女は白血病!昨日見た「ぼくとアールと〜」と同じ設定です。でも、教師をからかう12才のバルボラや日本のアイドル歌手の歌で踊る白血病の美少女からポップなドラマの予感が生まれます。でも、そこはスペイン映画、この期待を見事に破り、危うい精神性や闇に引きずり込まれる宿命の中で、全ては語られないまま、誰もが破滅的な道を辿ります。
zan
諸々の要因を紐解いていくと、謎の日本アニメのコスプレの衣装がとんでもなく高額だったことにたどり着くのが、なんだか申し訳ない。ごめんなさいって感じだ。薄命の少女はアニメヒロインのように魔法を使って窮地を脱して欲しかった。主演女優は役名と同じなのね。
すげえ、面白かった。予想できない。長山洋子、結婚してたんだ。4.7点。
終始ゾクゾクしっぱなしのサスペンスで、後味はものすごく悪いけど面白かった。見せる・見せないものの選択が上手くて展開が巧み、ラストシーンがずしっとくる。春はサラサラのキャッチーな音楽も映画の方向性を左右していて、音楽の使い方も上手いなあ。綺麗めなビジュアルが逆に怖かった。
余命の少ない白血病の少女…って情報だけじゃ絶対涙ものの感動作って思うけど絶対違いますよー! 絶対観てみないと分からない不思議な面白さがあります。っていうか、トカゲの部屋とかブリキの言葉の意味とか観ても分からない事あるけどそこがまた想像の世界で面白いのだ。 最初の数分を乗り越えると一気に観てしまう…そんな映画だった。
お父さんがあの時ラジオをちゃんと聴いてればこんな事にならなかったのにね。父親が娘の事を理解するのは難しい事なのかな?トカゲの間で何が起きていたのかとかダミアンが何故刑務所に入ったか等色んな事を省略していて観てる此方の想像に任せるのが監督の策略なんだろうか?しかしあんまり日本のアニメは関係してなかったなぁ。
魔法少女に憧れる白血病の12歳の少女、彼女の夢を叶えようと奔走する父親、心に闇を抱えた女、女と過去に繋がりのある男。 四人の思惑の外で物語が絡み出す。 敢えて見せない描写で想像力を刺激する作品で神の視点である鑑賞者に大事な部分を見せない事で物語を膨らませている。 ただ、キャラクターに惹かれなかった為に物語に入り込めなかったのも確か。 面白いとは思わなかったが引き込まれる不思議な作品だった。
★★★★☆☆☆:タイトルから何かもっと感動するような話なのかと思ったら、後味が悪い映画なのね。ギブアップワードのないトカゲの部屋が気になる
キネ旬、 終始暗ーい映画。始まってからどのくらい時間が経ったのか分からないような展開でなんか不思議。思ったより日本テイストは少なかった。
13歳になりたい が切ない
マジカルガールに憧れる難病の少女、その父親に降り落ちるマジカルは夢を見せて現実を突きつける。他方男を惑わすマジカルガールは罰を受けたようで、しかし心根までは変わらず男に魔法をかける。ところどころ語られない部分があるが、そこを考えてしまう辺り、魔法にかけられているな、と自覚。
すごいの観たな。この監督の次回作もぜひ観てみたい。とかげの間の妄想が止まらない。
2014年。難病を抱える12歳の少女アリシアの願いは、魔法少女ユキコの衣装を着ること。父ルイスが娘の夢を叶えるために取った手段により、思いがけない事態が発生する、という粗筋だが本当に予想外の方向へ物語が展開。冒頭との繋げ方が秀逸。魔術的な語りに、心の軸足をどこに置いたらいいのか分からず幻惑される。長山洋子の「春はSA-RA-SA-RA」(1984年)、美輪明宏の「黒蜥蜴の唄」が使われている。「トカゲの間」の詳細が分からず、肝心な点を語っていない印象は残る。デザイナーのメイコ・サオリは梶芽衣子リスペクトか。
何よりもまず「お父さんのバカ!」って言いたくなる。そんな手使わなくてもまず直接デザイナーとか企業に連絡しろと。最近でも余命短い男性にスターウォーズ新作を公開前に見せてあげたり、switchゼルダをプレイさせてあげたり大手企業は割と優しいんだから。もうタイトルとパッケージのまどかっぽい衣装からまどマギを想起させるけど、シナリオの組み方もすごいまどマギっぽい。『一つのものに固執する人らがいて、それを守る為に緩やかに堕ちていく。最終的にそれらが絡み合ってこれでよかったの?的な結末』という虚淵イズム。
★★★★☆変な映画だな。予測不能。
予告編などからは、想像がつかないだろうが、ミステリ要素の強い作品ではあるので、過度に前知識は入れない方が良い。 まず、オープニングから秀逸で、様々な人生が交差していき、クライマックスに向け徐々に高まっていく。 観る回数によって、視点を変え楽しむことができ、思わず見た人と語り合いたくなるとっても豊かな映画でした。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

マジカル・ガールを観たいと思ったみんな最新10件(27)

09/03:なな
03/28:nanana
03/15:じゅたろ
02/18:-
02/17:あさのめ
02/10:経緯

マジカル・ガールを観た人はこんな映画も観ています


マジカル・ガールの評価:58% レビュー数:36
ログイン 新規登録