マネーモンスター 【初回生産限定】 [DVD]

マネーモンスターの感想・レビュー・登録(135)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
WOWOW吹き替え版。ジョージ・クルーニー主演に興味を引かれて。チャラいキャスター役の奥に人間味がチラリと見えたりして。ジュリア・ロバーツはディレクター役だから仕方ないのだろうけど、もっと華やかな服装が似合う人だと思う。この役は、監督のジョディ・フォスターならはまり役かな。カトリーナ・バルフは初めて認識したが、キレイな女優さんですね。あのPRダイアンは、きっとクビになり、CEOとも別れて、ニュースキャスターに転身、なんてね。
何か緊迫感があまり感じなかった。それは途中で爆弾チョッキが嘘だったと伝えられる前からで、そして、伝えられた後はさらに緊迫感を失ってしまった。この映画を見て思ったのは人は金の亡者に終始するのかという虚しさに尽きる。いや、投資の世界というのはこういうものかもしれないけど、そうなのであれば投資の世界というのはつまらないものですね。金持ち父さん貧乏父さんの本がありましたけど、あれはとどのつまりここに行きつくということか?
むなしい。もっと爽快感がほしかったのだが。。。
zan
事件とテレビ業界の内情をテンポよく表現しており楽しめた。いまいち作品の多かったジョディ・フォスター監督にしては、ヒットだろう。彼女が犯人を酷く罵るのには少し同情した。カメラマン無事でよかった。
テレビジャックされるストーリーの割には緊張感があまりなかったような… でもそれなりに最後まで楽しめました。株価なんていくらテレビの予想でも信用するのもおかしな話。お金を持て余している人がすることと昔から思ってるから、途中から犯人が被害者のような扱いになってたけど自業自得にも思えたりして。尺はちょうどくらいだったのが良かったかと。多分記憶には残らない気がする^^;
あんまり緊張感のある立てこもりではなかったけど、テンポがよかったので、楽しめた。カイルが
WOWOWより観賞。皆さん酷評のようですが、私はテンポが良く楽しめた。株の暴落によりどん底に落ちたカイルのテレビ番組に乗り込む暴挙の話。ディレクターとMCのイヤホンの会話のテンポの良さにひきこまれた。
★★★☆☆ 何か韓国映画みたいな内容だった。これ実際に投資ファンドがやってるから洒落にならない。もっと巧妙に上手く。ジュリアロバーツが老けたと実感。
★★★☆☆いかにもアメリカン‼︎なノリノリのチャラいキャスターっぷりが上手いジョージ・クルーニー。恨みをつのらせた男がテレビ放送中に乱入という、いかにもライブ感満載なので観ていて退屈はしません。ですが鑑賞後は、なーんにも感じない。。。
わたしの中ではジョージ・クルーニーという人は、『マイレージ、マイライフ』での嫌味ったらしい首切り役のビジネスマンというイメージが強烈にある。今作においてもわたしのイメージ通りの役を、演じきってくれた。テレビの生放送ジャックものは、タイトルは忘れたが韓国映画でもあったのだが、そちらのほうがよくできていると思った。それと、知らなかったのだがカトリーナ・バルフという女性がなかなかステキだった。
キャストと監督がやたらと豪華なんだけど、それでいいの?な映画。割りとテンション張りつめた映画なので退屈することはないと思うのだが、その後にちょっとした虚無を感じました。
尺が短くてハラハラドキドキして楽しめた。投資の事等さっぱりのわからんちんだけど、何時かリアルに起きそうな話だなぁ。G・クルーニーがめっちゃ胡散臭い司会者に見えました。立て籠り犯・カイルが公衆の電波で恋人・モーリーに罵倒されてるのが笑えて笑えて。しかし監督があのJ・フォスターでこの内容だと些かチープでは?
普通でした!もうこれしか言いようがない。 期待して観ていたら多分気持ちが下がっていただろうけど、何となく観ていたのでまずまずそれなりに楽しめましたよ。 作りとして一番良かったのはカイルが撃たれて死んだこと…なのだけどその後の展開終わり方がイマイチで、せっかく死なせたのに勿体ない気がしました。
まずまず面白く見ることができた。でも、中盤、あれじゃ犯人がいつでも射殺できるやろ?と言う場面が少なからずあって緊張感に欠ける。ジョージクルーニーがあんまり誠実に見えないから(ごめんね)その点でも説得力に欠けたような気がする。そもそも、カイルは無謀にもほどがあるよね???テレビジャックの話なら韓国映画の「テロ、ライブ」のほうが楽しめたかな。
投資詐欺自体よりも、途中からはその事実を突き止めていくために投資番組のプロデューサーとキャスターが乱入した男を利用して番組を劇場的に盛り上げていく過程…を見せようとしたのじゃないかとも思うのだが、中途半端というかちょっと無理な展開…。
現代版ハイジャック・サスペンスはやっぱり面白い。少々のご都合感も含めて古き良きコンパクトなまとまり。虚業の空しさに切り込みながら回答に及ばない点、考えさせる狙いにしても娯楽映画に不似合いな宙ぶらり感はある。
ある事実が判明した瞬間、犯人カイルが悪人から同情すべき被害者に変わる。この演出はお見事。ただ所々緊張感が維持出来なくてダレてしまう&カイル役の人、確かにどこにでもいる小市民の「普通の人」でないと意味をなさないのは分かるけど個性なさ過ぎで演技もイマイチなため説得力に欠けちゃって残念。ジョディさんは監督業より演技を極めて欲しい
悪いわけではないけれど、これを撮ろうと思った理由が解せぬ。俳優が監督に回るとき「あ、これが撮りたかったのね」というシーンがあるものなのですが、これには見当たらない。新味もない。『リトルマンテイト』が鮮やかなだけに残念。ジョージ・クルーニー、ジュリア・ロバーツも新しい箱を開けるわけでもなくハンパな感じ。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

マネーモンスターを観たいと思ったみんな最新10件(15)

07/21:punichan2016
07/01:ぺあの
03/22:R
12/01:よしぞ
10/11:さぴち
09/21:スミカ

マネーモンスターを観た人はこんな映画も観ています


マネーモンスターの評価:79% レビュー数:53
ログイン 新規登録