ルーム [DVD]

ルームの感想・レビュー・登録(385)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
"ROOM"の外に普通に隣家あるしあり得るんこれとかジャック保護した時の運転してた警官黙れよとかパパ…ジャックのことちゃんと見てよ…とかインタビュワーおいとかレオいてくれてありがとうとか色々あるけどジャック!!ジャックお前合格!!!!!
外の世界へどう反応したら良いのかわからず戸惑っている姿が可愛い。でもすぐ順応しててすごい。 5年間片時も側を離れなかった息子を生きて帰ってこれないかもしれない状況で外に行かせる恐ろしさ、想像するのすら苦痛…。
al
原作はエマ・ドナヒューの小説「部屋」。7年間も密室に監禁された女性が、そこで生まれ育った5歳の息子のため命懸けで脱出に挑み、長い間世間から隔絶されていた彼らが社会に適応していく過程を描く。外に出れてからが大変とは言うがまず出ないと腐った人生しかないし出れて苦しむ方がよっぽどマシ。子供の順応力に母親や頭の固い周りの大人達もほぐされていくだろう。しかしギャーギャー叫ぶシーンが多くて辟易した。
な、なんて胸糞悪い設定…これから色んな苦しみが待ってると思うといたたまれない…。子供のほうが適応力あるからどうにかなるのかもしれない…でも根っこでまずいことが起きてそうと思ってしまう。インタビューアーの質問えげつなさすぎるでしょ…。エンディングの雰囲気は前向きなんだけど全然前向きな気持ちになれない笑
原始人がいきなり宇宙空間行くみたいな...。世界の広さの認識も人それぞれと云う当たり前を改めて問われた感じ。解放からの後半の痛々しさはちょっと異常...と思ったら、FRANKの監督だったか。納得。で、大人を凌駕する子役。良作。
人を壊すなよ
★☆☆ 光に順応するのはいつ? #wowow
オープニングからそうだけど,ヤベえ状況胸クソな状況なのにBGMと雰囲気でPOPでキュートで楽しそうな感じにするのホントやめて欲しい( ;∀;) ジャック可愛すぎるんですけどアレほんとに男の子なの!?
“ある部屋に閉じ込められた母子が部屋から脱出するお話”という程度の予備知識しか無かったもので、自分は勝手に“ファンタジー物”だと思っていたのですが、それとは全く正反対の現実を突き付けられるような重い作品でした。こういった事件、日本でもありましたが、日本では被害者の人権を考慮してその身元がわからないようにされていましたが、米国では被害者が堂々とカメラの前に表れ、周りの人々も無事で有った事やその勇敢さを褒め称えたりと随分その反応の違いに驚かされた覚えがあります。なので米国では日本に比べれば社会復帰もまだ↓
胸が苦しくなった。もっと凄惨な実際の事件が基になっていると知ってもう・・・。"ルーム"から脱出したからもう安心というわけではない。ジョイの父親は誘拐犯との子どもジャックを直視することもできないし、身も凍るような経験をして立ち直るなんてまだまだ無理なジョイには自分の時間もお金も必要になるし・・・。「子どもを自分のそばに置くのがベストな方法だった?」なんて追い詰めるようなことを記者は言うし。理不尽すぎて苦しかった。ふたりが強く生きていくからといって絶対に美談にはならない辛い出来事だと思う。
AM
ジャック役の子はオスカー級。生まれて五歳まで小さな世界しか知らなかった子と、七年間監禁されてきた母が、「部屋」の中と、外へ出た後の心の動きの微細なところまで見事に描き出されていた。子供は強い。
面白かった〜!母の愛があれば大丈夫、とかそういう単純な話ではない困難が丁寧に描かれていて興味深かった。部屋の中にいる間は一人で子供を守らなければという使命に燃えてるけど、そうではなくなれば自分の親に甘えられるし子供から離れる時間も必要になるし、お金が必要になってテレビに出れば世間の声が容赦なく襲いかかる。この親子は現在どうしてるんだろうか。幸せだといいんだけど。
【ネタバレ】真っ二つにパートの分かれた映画は自分的に好きな映画が多いです。ぐっとくるシーン多し。心にダメージの残る映画。救出からの話に焦点が置かれ、トラウマから、そしてそれをを脱する為の決別の儀式「さようなら」が胸にしみる。 取材女性の意地悪な質問は母の弱さをえぐっている。 実在の事件をヒントに描かれた映画ですが、もとになった事件はこれよりさらにひどいので、この映画で「もう耐えられない」と言う人はググらないように。 現実はここで終わらず、30年後、少年が父親にそっくりに育った時、母子の関係はどうなる
17才で拉致され監禁されその間に子どもが生まれ部屋に閉じ込められたまま生活。子どもは外の世界を知らずにママと二人だけの生活。実際に誘拐して監禁する事件は時々起こる。これはフィクションだが実際の事件も基になっていると思う。監禁生活も辛いが、この映画の後半に描かれている解放後の生活にも悲惨さが多くあるのがわかる。この作品では23歳の母親も賢く、その5歳の息子も賢い。しかし、ウィリアム・メイシー、チョイ役なのに存在がある。愛する娘を奪った変質者の息子の顔をどうしても見ることのできない辛さ。けれど母親の母親の継父
ショート・ターム、また観たくなった。
my映画館2016#44》後半は濃密でしたね…いろんな思いを巡らせてスクリーンを見つめましたね。 初めて“世界”に触れる息子、“世界”に戻った母親…多感な七年間を奪われ、母親にもなった訳で、想像を絶する体験はトラウマになり、戸惑いまくるのも当然だろう。 しかし、全ては息子が居たからこそで、そして、本当の母になる。 ブリー・ラーソンとジェイコブ・トレンブレイの熱演に拍手。
50点 監禁生活からの脱出後がドラマになっているという視点が珍しいし興味深い。ジャックに扮するジェイコブ・トレンブレイくんの演技が観どころだろうか。過酷な監禁生活の描写や脱出劇ではなく、その後のトラウマをテーマにした事により、鑑賞後も晴れる事のない重たさを残してしまっている気がして・・・・その辺がイマイチ好きではなかった。
意外な展開に驚いたけど、部屋の外に出てからの方が面白かった。
そりゃそうだ。脱出してハッピーエンドで終わるはずがない。そこからが大変なわけで、“へや”との別れまで描かれていたのがもう本当に良かった。子どもの柔軟性、逞しさ、可能性に感服しきり。
zan
延々と監禁生活の詳細な様子を見せられるのかと心配したが、脱出が上手くいってこっちも助かった。生まれてからずっと、閉じ込められていた子どもの価値観や健康状態は想像の範疇を超える。雑菌に免疫がないための予防マスクのように、受け入れた祖母宅が加熱するマスコミや毒された世間から少年を護っている様子があたたかい。犬含む。そして彼はあのルームに、恐怖や嫌悪感ではなく、ある程度の愛着を持っていたのは興味深いし、それにあっさり別れを告げていたのも興味深い。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

ルームを観たいと思ったみんな最新10件(62)

11/10:ichigo
11/08:しろくろ
09/14:たまリロ
07/13:ERICO
06/18:REN
06/09:るゔぃす
05/27:BUCCIBUCCI
05/24:Mimi
ルームの評価:70% レビュー数:134
ログイン 新規登録