SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁 (特典付き2枚組) [DVD]

SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁の感想・レビュー・登録(134)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
シーズン3と4の橋渡し的特別編。あいつの復活に伴い、ホームズの精神の宮殿が過去の事件を検索して盛大に大暴れする。マイクロフトやらモリーやらの設定がファンサービス的に笑えるが、考えたらホームズの頭の中ってほんと何でもありだ。可能性として認められるものは真実たりえる、という信念を表している。
S3からS4への盛大に前振り効かせたブリッジ的な作品。テレビシリーズ観てないと意味分かんないよって感想見かけて先に見たくなりつつも順番通り観て良かった…単体モノに見せかけてシリーズファン向け。シャーロックの思考実験を製作スタッフが楽しんでそれこそ実験的に作ってるのが面白いです。アイリーンの写真が21世紀の姿のままなのはそういう事か。ライヘンバッハの展開は「それ反則やろ!ww」とツッコミつつもホームズの有名なあの言葉も相まって胸が熱くなる部分もあったり…モリアーティもツッコんでるから良いかなww
TVシリーズを見ていたので、TVキャストで楽しかった。 時間の行き来がちょっととまどう
★★★★★ ネット配信で再鑑賞。いずれは買わねばなるまい。そういえば原作ではマイクロフトはあんな感じだった。
シーズン3の後にシャーロックが精神の宮殿で経験した事件という設定らしいが、原作の時代での二人が見られて面白かった。当時の街や屋敷の内外、服装等が美しい。ペルシャスリッパの中にタバコを入れたり、指先を合わせて考えるポーズ等を忠実に再現していると思えば、ワトソンの妻の素性を大胆に変えたりぶっ飛んだ作りが楽しい。移動は馬車、連絡は電報ではさぞや調査が難航した事だろう。ワトソンはこの時代の方が合っていると思う。マイクロフトの肥りっぷりは痛快だった。
シーズンの間の豪華なおまけのような映画版シャーロック。グラナダホームズのオマージュがあったり、シャーロックとジョンの友情をモリアーティが皮肉ったところは笑えたし、現実と精神の宮殿を行き来しつつ謎を解いていく展開はこのシリーズのファンには大満足だったのではないだろうか。
テレビシリーズのファンにむけたサービス作品、という感じのお話だ。おなじみのシーンがヴィクトリア朝で再現されたり、次元を行き来するような不思議なシーンもある。劇場公開するほどではないかな、とは思うけれど、SHERLOCKファンとしては楽しめた。
シリーズ4の0話らしい。新シーズンを待って干上がったファンへの恵みの一作かな?主題になる事件はちゃんと据えてあるけど、全体的にTVアニメでたまに挟まる総集編にちょっと似てるなと思った。夢うつつ、今昔をぐねぐね行き来するイメージの氾濫が楽しい。情報やイメージをごっさりと放り込んで、観た人が好きに楽しんでね!という。シャーロックの中のジョンは頼もしいなあ。
fkr
@ツタヤ配信 完全にシリーズの続きもので面食らう。ファンとしては面白いが。TVSPを映画にするのはどうなのか。
ドラマ観てないからよくわからない所もあったけど、それなりに楽しめた。
時空のくだりやどちらが夢なのかよく分からない設定にいまいち呑み込めないものがあった。いろいろな推理をするシャーロックは面白いところがあり、謎解きも中々興味深かったけど、最後の終わりもよく分からなかった。ましてや、あの不死身の男は何だろうか?そもそもこの映画は続編なのか。それすらも知らないままに借りて見たのが悪かったか。なぜなら、ベネディクトカンバーバッチが出ているというだけで借りたのだもの。
★★★好きなシリーズだったけど,いまいち時空を超える感じが分からなかった。
BSの録画 時代の設定が設定だけに服飾とかがゴテゴテしてて楽しかった!
天才の脳髄の中の時空、楽しかった。ドラマ視聴者向け。
本編ドラマを観ているファン用って感じ。ああそういうことか、と納得できるまでが長くかかったけど。あの天然パーマなシャーロックを見慣れていると、こういう正統派オールバックな姿にどっきどきするのだけどどうしよう。ワトソンのヒゲも面白いけど、何よりマイクロフトかな。怪物っぷりがすごい。シーズン4が早く観たい!
NHK BSプレミアム(5/9/16録画)、日本語吹替(三上哲)、字幕放送
英国ではドラマとして放送されたのに日本ではなぜか映画として上映された作品。現代版のシャーロックを元の時代に戻した外伝かと思いきや、シーズン3の直後の続編なのには驚いた。でもやっていることは今までと同じ。なぜマイクロフトを巨漢にしたかは分からないけど。結果的にこれはDVDで十分だと思った。
BS。吹替。時代を遡ってもあの難解で軽快な会話は健在。挿絵に併せて髭をたくわえるワトソン笑う。鳥打帽。ちょこちょこ原作のネタが散りばめられていていい。教会での雰囲気はヤングシャーロックを、マイクロフトが巨躯なところはガイ・リッチー作品を漂わせたり。現代版とのリンクが面白い。モリアーティは宿命的な気持ち悪さ。
【○+】現代に甦ったシャーロックホームズがもしビクトリア時代に遡って存在していたらどんな冒険をするのだろう、というとてもひねくれたメタミステリ。なんでこんなにややこしい設定にしたのか、という疑問には劇中中盤で回答が提示され、ああ、そういう意味での特別編、スピンオフだったのか、ということになります。原典に倣ってはいるけれども、やっていることは現代版とほぼ同じ、という豪華なオマケです。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁を観たいと思ったみんな最新10件(6)

11/08:豊後姫
09/14:who_0116
07/11:m_masa
05/18:ひばな

SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁を観た人はこんな映画も観ています


SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁の評価:57% レビュー数:38
ログイン 新規登録