カットバンク [DVD]

カットバンクの感想・レビュー・登録(27)

最新の20件表示中[もっと見る]
ダービー・ミルトンに対する人々の反応がみんな同じで笑った。あのネイティブでさえ筆談で(笑)。どんどん悪い方向へ進んでいくんで「あ~ぁ」という感じで観ていたけど、最後、旅立ちの二人のために敢えてジョージーの胸に銃弾を撃ち込む保安官は悪を飲み込む善の人だと思う。彼女役のテリーサ・パーマーのこと、ずっと『トワイライト』のクリステン・スチュワートだと思って観てました・・・。
07/20
ファーゴ(1996)っぽい感じで意外におもしろかった。
★★★評判があまりよくなかったけどキャストに期待してみたらけっこう楽しめた。アメリカ片田舎の雰囲気やところどころ面白かった。
正直なぜ作られたのかわからない。「きっとビリーボブがドラマ版で不完全燃焼だったからだよ」と家人は茶化したが、本当にそうなのではないかと疑いたくなる。しかもマルコビッチやブルース・ダーンを担ぎ出してのこのTV感。じっくり見ればなにかがあるのだろうか?ビリー・ボブは今一役者になってしまって惜しい。
04/13
KS
02/24
★★★☆☆ これぞB級映画といった感じで結構面白かった。
 地味だけど面白かった。ダービーがマッチにたどりつく推理力すごいよ。
zan
町の名前だったかカットバンク。町の寒そうな様子はあまり伝わってこなかった。ベテラン保安官が殺害現場に出くわすたびに戻しているのがうける。マルコヴィッチなら百戦錬磨だろうに。ダービーが自宅に再現していた家族団らんの様子は不気味。あの作品自体にも事件性があるだろう。
アメリカの超田舎町で初めて起きた殺人事件。死体を見ると吐いてしまう渋い保安官や喋らないが子ども好きなネイティブ、ステーキやピーチマイを平らげる中央の役人など癖のある登場人物たちが淡々と粛々と物語を進める。ファーゴの世界そのまま。好き好きだろうけど、最後まで淡々と粛々と進む感じが好き。独特の世界で面白い。後半は怖い。ほんとに怖いけど面白く、最後までドキドキ目が離せないサスペンス。
事件のみみっちさが小さな村のスケール感と合っていていい感じのリアリティを出していたと思う。拾い物の一本だった。
完全犯罪?サイコパス? どこを重点にして観たらいいのだろう。 取り立て完全というほどの計画でもないし、サイコというほど狂気でもない。ダービーが探し求めていたバックは中に何か大切な物が入っているのかと思ったけど、ただ人形に持たせるバックだったんですね、もう少しひねりが欲しかったですぅ。キッチンで生活状態に居る人形達はダービーの幼い頃の何かとか…別のファミリーに関するものだとか… 最後の驚きを期待しちゃいました。
小さな田舎町で起きた偽装殺人事件が、本当の殺人事件に展開していくライトなサスペンス。隠れていたサイコパスが次々と殺人を犯す理由がいかにもではあったけど、彼があのリアルジオラマにこだわる背景をもっと描いて欲しかったなぁ。最後は村社会を守るために最初の殺人が偽装ではなかったと偽装する(ややこしいな…)田舎町らしいオチ。
11/13
平和な田舎町での退屈な生活から抜け出す為に、 懸賞金目当ての偽装殺人事件を仕組んだのが 引き金となって、サイコ野郎を呼び出してしまう...
11/12
最新の20件表示中[もっと見る]

カットバンクを観たいと思ったみんな最新10件(3)

09/02:藍生
08/11:あー
06/28:にゃん

カットバンクを観た人はこんな映画も観ています


カットバンクの評価:100% レビュー数:15
ログイン 新規登録