イット・フォローズ [DVD]

イット・フォローズの感想・レビュー・登録(219)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
セックスによって"それ"は移り、誰かに移すまで"それ"は追い続けてくる。 設定勝ちとも言える作品でただ歩いてじわじわと近づいてくる不気味さと何もないシーンでも背景や影が気になる緊張感がずっと続く。 深くは語られないがそれがルール以上の事はわからない恐怖心を煽る。 感染しないと視認出来ないが存在は確認出来る点に関しては悪い意味でチープになってしまっているのが残念。 幻覚のようなものだと更に深読み出来る作品に化けたかなと思うが、ホラー映画的には良かったのかなという気もする。
青春ホラー。キューブリックっぽい映像美とか狙ったのかな。
見る人を選ぶ。全く説明がないので「なぜ」「どうして」という答えがほしい人には不向き。むしろ「実はここではかつて…」と始まると萎えてしまう人にはいい。あとはゆっくりただ近づいてくるという画面を楽しめるかどうか。家族不在で、友人たちが献身的に守ってくれるという孤立しない珍しいパターン。説明不足なので色々深読みできる。不親切と言われればそれまでだけど。
WOWOWで録画しておいたヤツをようやく見ました… 正直、意味わからん… 「それ」っていったい何なの? 怖すぎる~っ! 彼と一夜を共にするのも命がけってことですね…(笑)
kay
何かがついてきて逃げられないホラー。捕まれば死ぬ。事の発端が「さっきそれを君にうつした」とのたまう彼氏との性行為なのが理不尽で、どこへ逃げてもそれが追いかけてくるのが怖い。それは人の形をしているものの、大男や老人、若い女性や裸のおばさん等、色々な者に姿を変える。まっすぐに主人公を見つめて歩いてくるので、日常的なシーンでも画面の端で歩いているのがそれなのか普通の人なのか分からない。オチも恐ろしい。じわじわと嫌な怖さを感じる映画でとても面白かった。
このアイデアは良いですよね。新しい発明。ルールの甘さとか、簡単そうに見えてなかなか譲渡後の安全確保が難しい点とか、説明のない不条理な設定はそのまま味になってるのでアリ。殺され方もホント嫌な感じw何かに追われてるっていうのは人間的なのかもしれないけど。とにかく、何かのスタンド能力ということでwww
★★★★☆☆☆:ゆっくりだけど確実に近づいてくるのもイヤなもんだな。ラストシーンが気になる
グレッグの時はなんで3日もタイムラグがあったのかとか、あれだけしか離れてなかったのに車で事故った後追いつかれなかったのかとか、感電死させるにしてもジェフはプールの中央にいる必要はないんじゃないかとか、気になる点は多いけど、すごいメソッドを発明したなと深く感心。itの特性ゆえ主要人物以外が画面に映っただけで怖くなるし、何も映ってなくても常に背景が気になる。何も起こってない時間でも緊張を持続させられてすごい。一人で寝られないのって言って下りてきた場面で手出さなかったけど、最後にポールもやれて良かったね。
得体が知れなくて不気味なものに追い掛けられ続けるのは怖いということだな。小品だが新感覚ホラーと言うのかなかなかの面白さ。考えてみたら人間というか生き物は皆それが見えないだけで常に「死」に追い掛けられているのだとも言える。
セックスをすることで"なにか"が他人に移る。移された者は、得体の知れない"なにか”に死ぬまで追われることになる。B級設定ど真ん中のホラーだ。"なにか"の説明がないなど、消化不良ではあるのだが、静かに追われる恐怖というのも悪くないと感じた。また映像と音楽もよかった。単なるB級ホラーで終わらず、キラリと光るものを感じさせてくれる作品。
ハズレー。予算がかかってないなあ。5点満点で3点。
母親と観なくてよかった(笑)セックスしたら移るって設定がギャグにしか思えなくてあまり怖くなかったです。
グロイ場面は少なく、ただ得体の知れないものに追われる恐怖に焦点を当てていて、最初、これって日本ホラーの作り直し?と思ったが、どうやら違うよう。ハリウッド・ホラーの根底にある若さと性と死というテーマを違った形で前面に押し出した意欲作。けっこうアート系の演出がなされていて、セックスが生きることと死ぬことの両方の契機だという哲学的な命題を突きつけてくるので、イットの正体は何なのかだとか、ストーリーの整合性が、とかはあまり気にならなかった。その意味でも感性・感覚を重視する日本ホラーとは違ったものに仕上がっている。
正体がわからない幽霊のような「それ」にどこまでもどこまでも付きまとわれるって、下手なホラーより怖いなぁ。プールに集めた家電製品の数々にはどんな意味があったんだろう…結局最後はどうなったのかよくわからんかった。
ほんのり一昔前のガス・ヴァン・サント風味。結論としては途方もない腕力から放たれる家電は怖い。
【 レンタルにて 】 男達は甘くみているから呆気なく殺されてしまう…ジェイは SEX をヤリ続けないと生き延びれないンじゃないかと感じた。※ BGM が斬新だった。
zan
関係を持ったらターゲットが移り、そのターゲットが死ねば、元のターゲットに戻る。自分がターゲットじゃない時に関係を持てばどうなる。もっと大胆に国外に逃亡すればどうなる。など色々細かいことは考えずに、ゆっくり歩いて追い詰められていく恐怖を楽しむ。全裸のことが多いのはどうして。
他人に移らせないと自分が怪物?にヤられるって設定は斬新で面白かったです。しかも背後からゆっくり歩いて来るってのは怖い。その時によって性別がコロコロ変化するってのもね。巨人が来た時はビクッとしました。主要登場人物の服装や街並みが90年代風なのも良かったなぁ。
34
おー怖い怖い。
2014年。肉体関係によって転移する呪いのようなものを恋人のヒューから移されたジェイ。ほかの人には見えない「何か」に追われ、殺されそうになる日々が始まる。貝殻式のキンドルのような小道具、古い型式のセダン、ブラウン管から流れる白黒のSF映画、ヒロインの長いTシャツとスパッツといった衣装(90年代以降?)と、アナクロニズムにより年代を特定させない意図が随所に散見される。夏の夜の鈴虫の声、無闇に泣きわめかないヒロイン、ゆっくりと迫り来る「何か」の姿と、独特の静謐な雰囲気を湛える。デトロイトの廃墟が印象に残る。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

イット・フォローズを観たいと思ったみんな最新10件(20)

05/21:ナェ
05/07:Manponpin
04/09:星人
12/29:AR
11/03:c
10/17:空音

イット・フォローズを観た人はこんな映画も観ています


イット・フォローズの評価:77% レビュー数:84
ログイン 新規登録