at Home [DVD]

at Home [DVD]
▶︎ 予告映像を観る
監督
蝶野博
出演者
竹之内豊
松雪泰子
坂口健太郎
黒島結菜
池田優斗
上映時間
110分
amazon.co.jp で詳細を見る

at Homeの感想・レビュー・登録(86)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
 坂口健太郎がとっても良い味を出しています。夫婦(ではないけど夫婦)の2人がいろんな意味で濃いだけに。
犯罪を生業としつつも、絆によって育まれる他人同士のつながり。松雪泰子のDV夫、後ろ姿だけ登場して誰だっけ、杉本哲太…いや禿げてるな、もしかして…と思ったら的中して笑った。赤さびの出る水道の描写はベタとも見えて分かりやすくていい。 個人的にも懐かしい。 本多孝好さんらしい冷たくも暖かい世界観。原作読んでみよう。
zan
せいじ、板尾、そして村本と吉本の曲者たちが脇を固めているのが興味深い。でも法制度上、偽名で小学校に通えているのはよくわからない。戸籍はどうなってるのか。ラストに古びた家を見て感涙にむせぶのはいいとして、彼ら彼女たちのその後は結局どうなったの。
なんか痛い家族だったな。つまらなかった。
家族でのあざやかな詐欺の描写があったり、「仲睦まじい親子がなんで」がもっと丁寧に描かれていたらスカッと感動できる映画になったんじゃないか。6.5点。
原作未読。展開が早すぎたように思える。もうちょっと丁寧にしても良かったのでは?重要人物を芸人にやらせるのも考えモノ。しかも三人て、吉本と何かあったの?あの五人にとっては一緒に暮らす事が大事であってあの家に固執するのは違うのでは?竹野内豊は昔も今もまんま竹野内豊でした。
犯罪で収入を得ていることは確かに悪なんだけど、この人たちには幸せになってもらいたいって思ってしまう。
★★★★☆原作は本多孝好さんの短編もののようですね。一見仲の良い家族だけど、他人の集まりの家族。それぞれが傷を持ち、集まった家族だから"家族"というものの想いが普通とは違って、とても大切で優しい感じがした。本物を目指すには、自然さが大事。そうだな〜。
WOWWOW 18日 現実的にはありえない話なので どういうこと?という考えの人には不向き 最後に少し涙腺が刺激され いいじゃないという感じで最後まで見ました。
それぞれ傷を負った過去を持つ者が集まって作られた家族。本当の家族でも、家族になりきれない人達がいる中で、彼らの絆はとても強く、温かい。不思議な魅力を放つ良作でした。ただ村本の部分だけ、なんかコントみたいだった。
悪いことするいい人たち。というか悪いことしなくてはごまかして生きていけないのだろう…色々考えちゃうと突っ込めちゃうけど、それだからなのか世にも奇妙な物語に出てくるいい話を長編にしたようだった。
原作はもっとクールな雰囲気でだからこその余韻が残る良い読後感だったと記憶しているのだけど、こちらは「家族」が全面に出過ぎていて少々鼻についた。
★★★★☆ 原作未読。じんわりほっこりする素敵ないい映画だった。構成が上手いので感情移入出来た。
寄せ集めの家族だけど、なんだかんだお互いのことを思い合ってて微笑ましい。村本がほんとに気持ち悪かった。
不自然な家族だなーと若干の違和感を感じていたら・・そういうことだったんだ。。。本当の家族よりもよほど家族らしくてなんかよかった。彼らがしていることは正当化できることではないけれど、こんな家族があってもいいのかな。みんながそれぞれ闇を抱え、本当の家族を演じる。いつかどこかに歪みがでてくるのだろうけれど、幸せそうに見えるこの家族を応援したい気分になった。
虐げられた者たちが集まって作った家族は、本当の家族よりも強い絆で結びついていた。ある意味、ファンタジーとも言える不思議な家族のあり方。末っ子のために服役を選んだ父とその父をずっと待っていた家族の姿にジーンと来るが、全体的にはそれぞれがこの家族の一員となった過程を描く部分が多く、家族になってからの関係があまり描かれなかったのは残念。また、父が戻ってきた家が他の家族が居るにも関わらずなぜあんなに荒屋になっていたのか。むしろ「幸せの黄色いハンカチ」風な生活感があってもよかったのではないのか。
_
22こんな風に行き場の無い者達が集まって家族になれたら本当に救われると思う。現実には無理だから逆に悲しい(>_<)
家族だけど、家族じゃない。せっかく本物の家族以上に絆強いから、ちゃんとした仕事で稼いでほしいな~。駆け足で展開した感があるので原作も読んでみたい。
昨今のリアルの家族の闇とか生き辛さ、人間関係の難しさを思うと、こんな家族が幸せでみんな笑顔でいられるならそれもいいのにと思う。出会い方や話の運びが少し駆け足な印象はあるけど、ストーリーは嫌いじゃない。坂口健太郎君は若手の注目株。弱そうな外見と目の奥にうっすらと宿る闇がすごくよくて、こういう役あってるなー、と思う。そして毎回思うのが、竹野内さんイケメンすぎで、役作り大変なのだろうなー、ということ、かな。家族とか人間関係に疲れてる人にお勧めしてあげたいけど、昼間、明るい所で見るのが正解のような気がする作品。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

at Homeを観たいと思ったみんな最新10件(10)

04/21:蘭芽
03/03:R
10/10:ayumik
10/06:嘴本
10/03:pttrxx
06/14:明治

at Homeを観た人はこんな映画も観ています


at Homeの評価:84% レビュー数:36
ログイン 新規登録