きみはいい子 DVD

きみはいい子 DVD
▶︎ 予告映像を観る
監督
呉美保
出演者
高良健吾
尾野真千子
池脇千鶴
高橋和也
喜多道枝
上映時間
121分
amazon.co.jp で詳細を見る

きみはいい子 DVDの感想・レビュー・登録(203)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
Netflixで鑑賞。本を読んだときすでに心揺さぶられるものを感じて、いい話だと思った。映画は一部しか映像化されてないが、子供たちの部分が上手く撮れてたと思う。でも本のようには詳しい心情までは伝わってこないものがあった。だが、映像的にはこれはこれでいいのだろうが。
★☆☆☆☆ 見ていて気持ちがいい映画ではない。一つ良かったのは、子どもたちが家族に抱きしめられた感想を述べるシーンは、ドキュメンタリー的でリアリティがあって良かった。
透明は黒を吸収する。大人の性格は子供にうつる。最初は誰でも善い親であろうとするが、心を配りすぎると心が無くなる。ダラダラ歩いていたり、凄まれるとビビって逃げてしまう先生が、最後には走って息も整わぬままノックしているのが良い。桜の花びらは優しさの暗喩だろうか...優しさは桜の花びらの形をしている!恐らくあの模範的な教師が、池脇千鶴演じる模範的な母親の旦那かな。「桜の花びらをゴミだと思う」ような人が子供を歪める。ラストは、あの後の先生の行動を予想させる意図を感じる。また逃げるのか、今度はちゃんと立ち向かうか。
辛い映画だろうなあと思いながら見始めたけどやっぱり辛くて、途中でやめようかとも思ったけど最後まで見てよかった!タイトルの意味!!!
アマゾンプライム
子供だって、大人だって、「いい子」って褒められたい。先生も母親も、人間なのだから十人十色で当たり前。落ち込む必要はない。がんばって、が愛おしかった。
‪このままじゃいけない、って分かっていても、どうしていいか分からず足掻いてる人たちが、もっと上手に人に甘えられるようになればいいのにな。ぎゅって抱きしめられたら暖かいのに。 人に優しくされたことがある人は、人に優しくできる。悲しい涙を流したことがある人は、人の痛みが分かる。この心がやがて、大きな幸せへと繋がりますように‬⋯
最初は単調な展開で普通な感じだったけど、先生が甥っ子から抱きしめられた時から一気に感動度が上がった 途中で終わったのもすごい良かったと思う
映画の冒頭、子供への虐待のシーンであまりにも痛いたしい感じがして、観るのをやめようかと思ってしまった。この監督の『そこのみにて光輝く』で描かれている世界も、何ともやるせないいたたまれなくなるような感覚に囚われるのだが、その時には感じなかった。呉美保監督の描き出す映像世界は、冷徹に人の切なさを描き出しす。そしてその後に、何とも言えぬ暖かい気持ちを醸し出してくれる。池脇千鶴と尾野真千子の作り出す日常空間の微妙なニュアンスが、凄かった。
課題解決能力がまるでなく、惰性だけで生きていた主人公が、誰かのために生きようと、震えながら、立ち向かっていくカットで終わる。本当に素晴らしい映画、生きる勇気をもらえる。決して安易で共感を得やすいカタルシスには流れないが、本当に心に染みる。愛と孤独について悩むすべての人が見るべき映画。傑作。
すごい映画だ…。出会えてよかった。キャスト陣みんな素晴らしい。
Netflixにて。原作読了済み。映画も苦しかったなー。
なんてことないありふれた町を舞台に、子供について悩む大人たちを描く群像劇。虐待、ネグレクト、学級崩壊など、一変して変わる問題ではないけども、ささやかな言葉や行動でちょっとでも良い方向へと願う作者の希望を感じる。結局子供の長所も短所も親に似るんだよね。
前半は重苦しかったが、岡野がおいに慰められるシーンから一転、ハッピーエンドで安心してしまった。どの問題も簡単に解決しすぎだが宿題発表や自閉症児とおばあちゃんのふれあいなどいいシーンがたくさんあり感動につながった。池脇千鶴の演技が自然でよかった。加部亜門の自閉症児もみごと!ネグレクトの少年はどうなったの?
小学校の先生って大変だなあ。宿題のシーン、ものすごく自然でよかったけど、演技なしだったのかなぁ。その直後から急に子役臭が漂いだして、ちょっと違和感があった。原作も泣きながら読んだけど、こちらもよかった。
zan
隣人宅の呼び鈴を押す前にドア向こうの物音に聞き耳を立てる心理は、相手を気遣っているようでいて自分本位のタイミングを計っているようにも受け取れる。娘を叩くことで威厳を示そうとすることが、まったく躾にならないのと同様だ。小学校の先生は家庭も多様化してたいへんだ。
やさしくする。ってむずかしいけど、ほんとにほんとに必要なこと。その時したいと思ったことが、きっと相手にとって「やさしい」ことだから、伝えたいことは伝えなきゃなぁと思う。すべてを解決することはできなくても、まずは抱きしめるところから。甥っ子がぎゅっとしてくれるシーンが特に泣けた。
苦しくて重いけれど、良い映画。是枝監督からもっと青さを抜いた感じ。「わたしがあの子に優しくすれば、あの子が他の人に優しくするの。」がんばってがんばってって、甥っ子がポンポンするシーンが沁みた。おばあちゃんが「わたし今とっても幸せよ」というシーンもすき。そんなこと人にきちんと伝えられる瞬間が誰しも来たらいい。
前半はとにかくなんでこんな作品作ったんだよってくらい觀ているのが辛い。宿題の発表とかラストの桜舞うシーンは涙涙。結局作品中では何も解決していないのはちょっと気になるところ。池脇千鶴さんは一時期に比べてさっぱり見なくなってけれと本当に良い女優になったなと思います。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

きみはいい子 DVDを観たいと思ったみんな最新10件(36)

07/13:ERICO
03/20:hsmt
11/06:しかもふ
11/04:あかり
09/05:ayumik
09/04:ユキ

きみはいい子 DVDを観た人はこんな映画も観ています

風立ちぬ [DVD]
風立ちぬ [DVD]

5673登録

きみはいい子 DVDの評価:74% レビュー数:75
ログイン 新規登録