特捜部Q ~檻の中の女~ [DVD]

特捜部Q ~檻の中の女~の感想・レビュー・登録(123)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
これは面白かった。タイトルからは想像がつかないくらいよかった。偏執的な犯人、怖い。
原作、既読。しかし内容はまったく覚えていない。間借りさせている住人の大切なコレクションをひとつ無断持ち出し。手がかりを得るというのは覚えている。で、映像の方。捜査と過酷な環境で戦う、という2つのストーリーが含まれているのだけど、映像の場合、物語の停滞を生み出してしまわないか?あ、「イングロリアスバスターズ」の2つのストーリーが平行して語られる作品か。うーん、なんか本作では失敗しているように感じちゃったなぁ。主人公カールの最後の最後の行動は、ほとんど超能力者か!というあたりもちょっとねぇ。
何語なんだろう。割りとしっかりとした脚本で面白かった。落ち着いたミステリー。でもあんな風に閉じ込められたらと思うとぞっとする。★★★☆☆
★★★☆☆ 再鑑賞。レンタル。
レンタルで鑑賞
骨太ハードボイルド作品でした。残り2作品も鑑賞しなくては…。北欧ミステリーは結構重め?
Amazon Videoで無料鑑賞。このシリーズの原作は読んでるので、ストーリーは大体覚えていたのだが、細かいところは忘れてたので、虫歯のシーンとかウォッという感じだった。カールはもっとオッサンくさいイメージだったのだが、やや若目。アサド君はイタリア人風味、ジローラモな感じ。こないだグランド・ツアーでジェイミーが言ってたが、スウェーデンの事故発生時の死亡率はイギリスの五倍ぐらい高いそうだ。いったん事故ると道が凍ってて止まらないから。
いつも観ないジャンルですが北欧発のミステリーということで鑑賞。特捜部Qができた経緯から描かれているので、やはりこの作品から観て良かったです。未解決事件の書類整理だったはずが、解決に導くっていう分かりやすさも自分には合ってました。過去にあったことながら、映像として再現され、どこまでが本当なのかとか考えながら観れるところも面白かった。続編も早く観たいな。
観よう観ようと思いつつスルーしてたんですけど、第3弾レンタルに伴いついに鑑賞。いやー、やっぱり骨太でハードボイルドで期待通り面白かったです!映画じゃなくてドラマなんですけどこれは継続されるのも納得。主人公2人のキャラ掘り下げていけば、相棒好きの日本人も観やすいんじゃないでしょうかwトーンとして、デンマークらしさ(知りませんけど)的なこの空気感がハマってますよね。この地味な感じが魅力!しかし被害者のおばさん、他人まで巻き込んどいて雪の中無邪気に佇むて!ww
8点。デンマークでベストセラーになったサスペンスの映画化。特に期待せずに観たがこれは面白い!北欧らしいひんやりとした絵柄と空気感の中、派手なアクションなどを挟まず地道な捜査を重ねていく過程である失踪事件の真相が少しずつ明らかにされていく様子は「ミレニアム」シリーズにも通じるものがある。主役も地味だがかえってこの雰囲気に合っているし、サスペンスの裏で徐々に相棒と理解を深めるというサイドストーリーも充実していて飽きさせない。むしろこのボリュームは連続ドラマで観てみたい。続編もありそうなので大いに楽しみだ。
すごい無骨ハードボイルドミステリー。まるで小説を読んでいるかのよう。地味だけど面白い。北欧系ってやっぱこんなイメージ。
北欧系の映画は割と好印象を持っていたので、ちょっと期待していたのだが…。いや、決して面白くないわけではない。▼が、特筆すべきものは見当たらない。主人公や相棒の設定は平凡だし、ストーリーもどこかで見たような話だ。おまけに物語が動き出してからのテンポも悪い。▼だがそんなことは重箱の隅を突くようなことかもしれない。何かが足らないのだ。と言うか、踏み込み不足なのだ。▼せっかく、寝たきりとなっているかつての相棒や別れた女房が連れて行った息子を登場させているのに、事件と絡めた主人公の心の動きが見えづらいからだろう。
相棒のアサド氏に惚れる(笑)期待せずに観たのもあるけど、これは拾い物。続編観たいし、原作も読みたい。
傑作。キジ殺しも見たい
流行りの刑事ドラマのタイトルですが、北欧らしい暗さと謎解きはなかなかでした。主役のバツイチデカとイスラムアサドがいいコンビ。
漫画のようなタイトルなので鼻で笑うような気分で鑑賞したが、完全にカウンターをくらった。犯人が被害者の女(加害者でもある)と知り合うきっかけがちょっと出来すぎてるのでどうかなとは思ったのと、自分の家族を無邪気に破滅に追い込んだ女を前に欲情するものだろうか?点はあったが。 事件解決後の2人が立って被害者を見つめるシーンや課長に向かって仕事は俺が選ぶと啖呵切るシーンはカッコイイの一言。真実にのみ焦点を当てて突き進むカールとポジティブで癒し系アサド(でも犯人には容赦なく鉄パイプで撲殺)の感じもすごくよかった。
北欧映画って共通な独特の雰囲気がある。 ドラゴンタトゥーの女もそうだけど全体的に暗い雰囲気で進行していき途中で色々な伏線が混じり合うのが良い。本作も良作。
原作は長編ですが、映画がとっても短くなっていて驚き‼︎雰囲気や登場人物は想像通りでしたが、ストーリーが結構大雑把に感じました。でも、監禁された女性の演技や、アサドのちょっと天然な雰囲気は出ていて良かったです。カールはもう少し年配のイメージでしたが、これはこれで悪くないです。続編も観たくなりました。
★★★☆☆この北欧の寒くて静かな感じ不安になる。監禁方法も猟奇的で執念深いし。DVDのジャケは核心。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

特捜部Q ~檻の中の女~を観たいと思ったみんな最新10件(13)

02/12:むー
11/03:てれ
11/03:あー
10/14:根岸
10/11:さぴち
09/16:mg
09/06:
08/18:m_masa

特捜部Q ~檻の中の女~を観た人はこんな映画も観ています


特捜部Q ~檻の中の女~の評価:83% レビュー数:51
ログイン 新規登録