インターステラー [DVD]

インターステラーの感想・レビュー・登録(115)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
クリストファー・ノーラン監督作は私の中で好き嫌いがハッキリするんですが、これは良かった!近未来、人類が地球に住むことができなくなる…そんな時代背景。私の頭では理解できないところも多々あるけど、親娘の絆にじーんとしたり、一緒に任務を遂行する仲間との交流や裏切りなど、心揺さぶられるドラマがあって目が離せません。娘が実家の書棚の幽霊に気付くシーンでは鳥肌たってしまった。『アルマゲドン』みたいなの想像してたんですが、主人公の意思はおなじだけど、随分ひねりが効いてて良かったです。
面白い。これはSF映画のふりをしたオカルト映画か、あるいは『オイディプス王』的な神話を扱った映画である。話の筋は単純で、どういうわけか不毛の大地になりつつある地球を脱出すべく、ワームホールを使って遥か彼方の宇宙に居住可能な惑星を探しに行き、どういうわけか物語の鍵となる量子データを手に入れてどういうわけか人類は助かるというもの。大学の教養レベルの知識さえあれば、専門用語は難解ではないし、そもそもこれらは飾りに過ぎないのだから無視してもよい。これは21世紀の神話であり「愛の力」云々も含めて精神分析が必要だ。
壮大。時間も空間も相対的で、違う惑星では違う時間と空間があるという。ワームホールとかブラックホールとか、もっといろいろ知りたくなった。
5次元とか相対性理論とかさっぱりわからないけど、時間や空間なんてそういうものなんだと理屈抜きで観たら面白かった。いたるところに散りばめられた伏線が見事に回収されていて後味もスッキリ。もちろんこんなことあり得ないってシーンは大量にあるのだが、SFなんだからこれでいいのだ。マットデイモンがこんな使われ方するとは意外だった。スケールの大きい男が主人公のスケールの大きい作品だ。
期待もせずに見たら、意外にぐいぐい引き込まれました!「宇宙戦艦ヤマト」と同じ目的で、宇宙に出て、最後はガン〇ムみたいになるお話ですが(曲解)、同監督作品の「インセプション」と名作「 2001年宇宙の旅」のイメージが随所に見受けられて、楽しめました(*^_^*) 理系の話題には脳がショートしかけましたが…; あと、シャアの声のAIの、なんと心強い事か!!酸欠にして人を殺しちゃう、何処かのAIとはえらい違いですよ!www
割と淡々と、しかし飽きない映画だった。難しいことはわからないけれど、音や音楽、映像が素敵でした。
難しい。娘、頭いいなって頭悪い感想しか出てこない自分が情けない。マット・デイモンが出てきてびっくり。まだ見てないけど、別のこの手の映画に出てたよな。
最初は単純に面白かったが真相が解ってくるにつれてどんどん難しくなってくる。テーマもスケールも大きく観念的な部分もあるのでなかなかに難解。5次元とかになってくるとなんでもありで、最終的に生きてマーフに会うなんて途中のシリアスさと真逆の展開だと思うが。
宇宙に関する設定が難しかったけど、全体的にはまとまっていて良い作品。特に最後に伏線が回収する感じは気持ちいい。
ハリウッドがガチで撮った「火の鳥」だか「ほしのこえ」を見た気持ち。SF的に新しいと思うのは重力理論をキモに使っていることだろうか。ラストの方は「2001年宇宙の旅」を思わせたが、並行宇宙と過去の記憶が交錯したような文学的な表現と、フラクタル的な美しい映像のおかげで飽きなかった。愛なんか曖昧で数値化できねえよ!みたいな突っ込みも数あれど、BGMがまた涙腺を緩くする。超大作として楽しむなら十分かと思う。しかし、マン博士のヘタレっぷりとかベタな所はある。
二度目は物理やSFの知識を少し蓄えて観たので、また新鮮に観ることができた。 次は、般若心経などの哲学的な観点から観たいと思う。
劇場で見て、今回が2度目で逆に混乱してしまった。土星近くにワームホールを作った5次元の人たち(?)は何者だったのだろう。マン博士が天才であるが故に、データを捏造してしまうあたりは、昨今頻発している理系科学者の不祥事を思わせる。最後のシーンは、クーパーがアンを助けに行くという理解でよいのであろうか。ロボットたちと茶々を入れながらの会話がよかった。兎にも角にも、ノーラン監督らしい世界観でありました。ブックオフ750円。◎
孤独のレベルが違いすぎる、、、。
物語を理解はしてないけど親子の対面のシーンには無条件に涙が出た。予備知識を得てから再鑑賞したい。一回観ただけでは評判通りの感動というのはなかったです。___最近、ワームホールの・・・つまり、紙に書いた点と点を結ぶのに、紙を折り曲げるという発想はドラえもんから知りました。既にあった理論なんだろうけど・・・
いつもはホラー映画を観て「この殺戮シーン、かっこいい!」とかいう風に感動しているのですが、ひさびさに普通に感動しました。三時間もかけるだけのことはあるな。姪っ子ができてから、子供がらみには弱くなってるけど、やっぱりいいね。
自然環境悪化は食糧難を招き、それは酸素不足による人類滅亡を意味していた。生存可能な惑星を求め探査機からのデータを元に実地調査を行うが。ウラシマ効果や球状ワームホール、多次元空間からの3次元空間への干渉などが見所。そしてやっぱり親子の絆。DVD169分
「穏やかな夜に身を任せるな 老いても怒りを燃やせ 終わりゆく日に 怒れ 怒れ 消えゆく光に」。次元を超えるものは重力、そして、愛という人間が発する信号。
重力。そしてやはり時間、なんだなぁ。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

インターステラーを観たいと思ったみんな最新10件(12)

03/29:カルー?!
03/22:もみじ
02/21:paco
02/03:糸遊
02/27:映象
02/05:Qoo
01/26:akane

インターステラーを観た人はこんな映画も観ています

風立ちぬ [DVD]
風立ちぬ [DVD]

5696登録

インターステラーの評価:61% レビュー数:35
ログイン 新規登録