オデッセイ 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]

オデッセイ 2枚組ブルーレイ&DVDの感想・レビュー・登録(949)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
命に代えられないのは十分分かっているが、名前入りのう○こ袋を開ける作業は色々ツライ
CEN
うーん。取り残されるのが孤島か火星かなだけで、この手の感じだとまぁこのくらいの感動量だろうなんて軽くみていたのだけれどそういうことではなく、希望に溢れ、ユーモアに溢れ、想定を遥かに超えて面白かったです。持ってたハードルが低すぎたのかもしれないけど(笑) 特典映像を見ないと分からないけど、市民感情の煽りとか、政治的、保身的やり取りなんかは大分カットされてしまっているのかな。 基本どの映画でもだけど、特典映像を観ると、その映画に新しい視点が加わるので大好きです。 リドリー・スコット監督、すみません。
火星探査中に事故で一人取り残されたマークのサバイバル生活と仲間による救出作戦の物語。マークの生きようとする意志の強さとサバイバルに必要な知識・能力の凄さが見もの。一方、仲間たちのマークを見捨てたという贖罪の強い気持ち、彼を救うためなら自分の命の危険を顧みない友情に、胸が熱くなる。我々の日常では起こりえないことではあるが、どんなに高い目標であっても、諦めることなく一歩一歩問題を解決すること無くして、目標の実現はあり得ないし、たとえ実現しなくてもそこに後悔はないことを教えてくれる。
☆3 面白かった
面白い!火星での生活の知恵と主人公の精神的葛藤をもっと見たかったけれど、充分満足。NASA全面協力、フィクションでありながら科学的、時代的な考証がきちんとしてるのがいいです。マットデイモン好き。
★★★★☆火星に一人取り残されて、地球に帰還するっていう、物凄くシンプルな(笑)9割火星シーン!人が住んだことのない火星で何百日も生活する様は、どのくらい現実味があるの?火星ってこんな感じ?こんな映画が出来る時代になったんだねぇ。取り残された主人公もやさぐれることなく、アメリカンジョークまで言えるポジティブさ!明るいBGM。絶望的なテーマなのにポップな映画でした。帰還ミッションは全くチンプンカンプンでしたけど、なんとなーーーく"そうなんだね"くらいで(^_^;)こういう映画は深く考えずに楽しめていいです。
火星ミッション中に不運が重なり、死んだと思われたままたった一人で火星に取り残されてしまった主人公が、科学の知識と不撓不屈の根性、底抜けのユーモアを武器に、その絶体絶命の状況からの地球帰還を目指して繰り広げる過酷なサバイバルの行方を描く(allcinema)。。。私もトニーの地球帰還を祈りつつ、ハラハラしながら鑑賞したよ。希望を失わないトニーの姿に感動した。
面白かった。取り残された後に諦めない力。最後まで見入った!ワトニーもクルーのみんなも最高だった☆
☆☆☆☆★手に力が入って見てしまった。
fkr
面白い。若干長い。サバイバルだけでなく回収パートもきっちり描いてるのが良い。
140分という時間の長さを感じさせない、最後まで興奮の止まない作品でした。過酷すぎる宇宙空間に知識を武器に挑むマット・デイモンの勇姿、彼を助けるために命を賭ける火星探査チームの仲間たち、そして人類の叡智を結集して彼に救いの手を差し伸べる地球の人々。彼の生還というただ一つの目的の為に団結する様が素晴らしい。
こういう物語に弱い。美しくも残酷で凶悪な火星を背景に、どこまでも人間臭い物語でした。原作も読みたい。
面白かった。今までにない切り口のSF映画。こんな状況なのに、ポシティブで、ユーモアがある展開だから観てて楽しい。原作通りらしいけど、中国が助けるところが・・。
★★★★ 良かった。マットデーモンはおじさんになってすごく良い。期待してなかったけど観て良かった。監督も久々だったけどちょうどいい感じにうまく作っていた。良かった。
「火星に一人置き去りにされた宇宙飛行士の生存をかけた孤独な奮闘と、彼を救いだそうとする周囲の努力を描く。」(Wikipediaより)お話しです。 小説が原作なので地味で玄人向けそうだと思いました。地味でしたが面白かったです。 結論としては、佳作だと思いますし、SF&エンターテイメントとしてよく出来ていますが、エンターテイメントならばもっと爽快感や高揚感を得られる作品があると思います。2時間以上かけて見るべきと人に奨められる映画とは思いませんでした。
噂に違わぬひとりDASH島、途中じたばた苦しみながらも楽しかった。原作はこれからだけど、先に観てよかったのかしらん。はたして。
原作は読んでて原作通りの展開をしてるのはわかるんだけどそれがまあ見事な切り貼りと言うか難しい説明とかは抜きにして視覚的にわかるのはそうすることによって解消してとにかくバンバンと展開していってるのがすごいというかなんというか。アカデミー賞の脚色賞にノミネートされてるのもわかるという感じ。最後に原作にはない彼らのその後をすこしやるのも良い。
★★★☆☆
火星に一人取り残された主人公がどこまでも論理的に、諦めず生き残ろうとする姿に見いった。孤独に苛まれ、恐怖におののくといったウェットな感情表現がないのは孤独に負けないための彼の生存戦略なのだろう。救出作戦を練る地球側の錯綜にも引き込まれて長丁場を飽きさせない。これまでの孤独な戦いがリアルに感じられた分クライマックスの救助シーンには声を出して笑ってしまったが、文句なく楽しんだ。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

オデッセイ 2枚組ブルーレイ&DVDを観たいと思ったみんな最新10件(53)

05/12:かぢゅ
04/23:myjstyle
04/15:Sugar
03/29:てん
02/20:6549
02/19:ピンシア
02/06:マスト
11/19:mr.nori

オデッセイ 2枚組ブルーレイ&DVDを観た人はこんな映画も観ています

風立ちぬ [DVD]
風立ちぬ [DVD]

5646登録

オデッセイ 2枚組ブルーレイ&DVDの評価:66% レビュー数:314
ログイン 新規登録