CHAPPIE/チャッピー アンレイテッド・バージョン  [DVD]

CHAPPIE/チャッピー アンレイテッド・バージョン の感想・レビュー・登録(421)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
★★★☆☆3.5 面白くて、かわいかった。 ギャングの教えで悪に染まり、犯罪を犯していくのか気になったが、チャッピーは最後まで純粋だったね〜。そして、最後はチャッピーにまさかの友達ができました笑
良かった。好きです。でも虐げられるチャッピーを觀てるのがつらすぎた。『どうして人間は嘘つくの??』『どうして人間は傷つけるの??』 ラストはクソワロタwww
期待してた内容と違ってたが楽しめた。ほとんどの人間は自分自身を自分自身だと認識しているが、人間は無意識に刻まれたプログラムまたは習慣だ。意識的に活動しているように思えて、実は意識より無意識の方が早く反応そして活動しているという研究報告がある。チャッピーの無意識に人間が教育してプログラムを刻もうとしているのが面白かった。第9地区と同じく個人的にはバッドエンドだが、人間は意識無意識のみで語れるものではなく、そう簡単に転送など出来るものではないと思う。それでも最新の研究報告を知ってから知らぬかのラストは奇妙だ。
エリジウムはイマイチノレなかったのだけど本作はそりゃあもう興奮した。Die Antwoordのちょっと長めのPVと言えば大体合ってる。嘘嘘。でも、映画観た時点では彼らの事を何も知らなかったけど、観終わってYouTubeで2,3曲も聴けばもう大ファンになってしまったよ。ロボットのモーションの中の人が第九地区のおっちゃんだとか、育児を主体にしたテーマとか、色々語るべき所がある映画なんだけど、あっぱっぱーに見えるヨーランディのネェちゃんに1番賢そうで深遠な台詞を吐かせたそのセンスにまず拍手したい。大好き。
tzr
Die Antwoordが活躍しまくると知ってたら劇場まで観に行ったのに!な作品。自分たちのキャラ理解しすぎよな。
第9地区が好きで(でもあんまり覚えてない...)ずっと気になってた。観てみたらすんごい面白い映画でした。ロボのデザインも好きだし、そのロボを人間が作ったっていうのも好きだし、親として育てて人間として育っていくチャッピーが好きになった。あとめちゃ強いのも好きだ。最後はみんなロボ化しすぎね。
『ロボコップ』かなぁって思っていたら、士郎正宗だった?! ニュースっぽい映像、ありえそうな未来。進化の新しい段階、意識を持ったロボットは敵か。ヒュー・ジャックマンとチャッピーのバトルシーンの圧倒的な力の差が怖い。チャッピーはギャング気分ですけど。特に心に残るのは、Die Antwoordの音楽です。「テンション」とカタカナで書かれたパンツにも興味をひかれました。
これは色んな意味で予想を裏切られた映画でした!人工知能が発達し、警察官がロボット化された未来。人がロボットを支配することに異議を唱えるヒューマン作品かと思う前半…。しかし、中盤で一変しました!人とロボットの撃ち合い、殺し合いのハチャメチャな銃撃戦が始まってしまいます。このまま収拾のつかない状態で終わるのかとおもいきや、人間の意識をロボットへ転送させるというSFストーリーへと変わります。話が二転三転するので、先の読めない作品でしたが、最終的に話がまとまったことにビックリでした!こんな未来になったら怖いです。
★★★☆☆
6点。出世作の「第9地区」と同様、ニール・ブロムカンプ監督が生まれ育ったヨハネスブルクを舞台にした近未来SF(この人の映画を見るたびに南アに行く気が加速度的に失せるがw)。随所で繰り広げられる荒廃した街を舞台にしたアクション、そしてロボットがいても何も不思議ではない世界観の構築はいつもながらに素晴らしく序盤はグイッと世界に引きこまれるし、ヒュー・ジャックマンの鬼気迫る演技も意外性たっぷりだが、純粋無垢なチャッピーがある程度ちゃんと育って行くあたりとかはだいたい予想通りで、序盤に感じたほどの興奮は持続せず。
終盤雑にまとめようとしてるんじゃと思っていたら想定していた結末と方向が違っていて面白かった。第九地区が好きな人にはお勧めできる。公開前に洋画ファンから反発を買った噂のカットされた部分はわりと一発で分かったがなくてもメインストーリーに影響はなかったしグロいの苦手だから無くても個人的に問題なかった。それにしてもヒュー・ジャックマンの使い方、あれでいいのか
予想外の面白さ。チャッピー可愛すぎ。
k
ニール・ブロムカンプ監督の映画は面白くて深いです。
冒頭から、真面目に演技してるのは分かるけど、この来るぞ来るぞ感。第9地区ファンにはたまらないよね。スラムドッグミリオネアのイケメンなアイツがナードな主人公役。犬みたいにぴょこぴょこ耳が動くチャッピー、かわいい。
ロボットがギャングと共謀してヒャッハー的な映画を想像して観たら全然違った。倫理観の壁をいきなり超えて来ようとするので驚いた。すっきりしないけど、クセがあって嫌いじゃない。
中盤からの展開は決して派手ではないけれども、釘付けにされる話。チャッピーの学習がギャングによってされるというのが、なかなかシュールで面白く、ナイフの件などもいい感じ。ただチャッピーも含めて登場人物や話の設定がとっつきにくいものが多く、そのせいか感情移入などもしにくく、置いていかれる感じも強かった。
fkr
序盤から最高に退屈だが、チャッピーの成長過程がなんとも面白く、ほどほどに楽しめた。ヒュージャックマンを追い詰めて説教するチャッピーは、本作のシリアスギャグ的な持ち味が存分に発揮されている。最後の展開もつい笑ってしまう。それでいいのか。
ずーっと悲劇の予感しかなかったが、まあめでたしなんだろうなあ。死なない体を求めるってのも間違ってる気がするけど。
元々ロボット好き。チャッピーはめんこい。けども、人間のみならず、生き物には「死」があるからこそ、価値があるのだと感じている私には、結末に「それはどうなの?」が止まらない。そうは言っても、“ママの意識”が見つかった時は、鳥肌立ったけど。できれば手に握り締めたままにして欲しかったな。愛する人を守って死んでいったのだし。それをやってしまうと、愛の深さにも、人の死にも冷めてしまう、最悪の感情が生まれるから。その結末のせいで、面白かった…とは言いにくい。
★★★☆☆『第9地区』より観やすかった。昔あったようなSFアニメをそのまんま実写にしたような話で、こういうのわかりやすく感情移入してしまう。チャッピーが物を投げつけられたり、火をつけられたりすると不快だったし、言葉を覚えるチャッピーを見てると単純に嬉しかった。『第9地区』もそうだったけど、相変わらず、その後どうなったんだろう?を感じさせる終わり方。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

CHAPPIE/チャッピー アンレイテッド・バージョン を観たいと思ったみんな最新10件(27)

08/20:m8aru
10/16:豊後姫
05/11:まーも
02/19:ichi
02/18:paco
02/05:Qoo
02/05:くろ
12/14:m_masa

CHAPPIE/チャッピー アンレイテッド・バージョン を観た人はこんな映画も観ています


CHAPPIE/チャッピー アンレイテッド・バージョン の評価:72% レビュー数:151
ログイン 新規登録