神様はバリにいる DVD通常版

神様はバリにいる DVD通常版の感想・レビュー・登録(259)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
ANIKI Tシャツが地味におもろいなぁ
実話なんですね。こんな破天荒なアニキが実在?面白いじゃないか!その人に興味が湧いた。
a
バリの人は明るい。何にでも感謝する。自分の不幸を絶対に他人のせいにしない。
コメディかと思えば、真面目なストーリー。貧しい人の為に、バリの為に動くアニキのお話しだった。
ガラは悪いが人として大事なことをバリで見つけたアニキ。子供達の笑顔が
バリ島に兄貴立幼稚園を作る成金男と借金を抱えてやってきた尾野真千子。コメディ映画にしては、全然面白くない。堤真一が笑いを誘おうとしても、独りよがりのお笑いに終わっている。
6点。序盤は尾野真千子扮する祥子もうじうじしているし、堤真一扮するアニキは見た目も発言も存在自体も何もかもが胡散臭い(笑)感じでどう転んでいくのか不安ではあったが、徐々にアニキのうわべに隠された真の素晴らしいものの考え方や姿勢などが見えてきたあたりからぐっと面白味が増してきた。彼の影響を受けて周囲の人々もぐんぐん明るく前向きになっていく、という意味ではタイトルは間違いではなかった。まあ、何よりもこの映画が成り立ったのは堤真一の好演、いや怪演と呼んで差支えない振る舞いにあったのは間違いない。ほんと巧い役者。
ken
3.つらいときこそ、うまくいかない時こそ、笑え。自分が世界一の不幸者と思うな。
あっけらかんと、笑えました。
FBかなにかで誰かが褒めていた気がしてレンタル。元気がもらえる。ピンチには笑え。
mui
くだらないコメディかと何となく観たら意外にも心に響くものがあった。アニキに魅了された。ただ尾野真千子の喋り方や顔芸が苦手で、それらが満載だった前半は見辛かった が、生きたお金の使い方、軽々しく口にしがちだが実際に本当に「助け合う」ということ、感謝すること、伝え方……改めて考えよう。そして、アニキのように思いきった金額は出せないが、例えば花を買うとか。周りの人に感謝を表すとか。思いやる気持ちを大切にしていけたらと思えた
もっとワハハーと笑える話なのかと思いきや全体的に教訓じみてて(しかも大した話じゃないし)シラけてしまった。
モデルとなってる方をネットで調べたら、「アニキに会いに行くツアー」をやっていた。メルマガも。バリに行くなら、それに参加しても面白いかも〜。
これってモデルになった人をドキュメンタリーで見たことあるような。凄い人だと思う。
ナオトインティライミの気持ち悪さがなかなかよかった。アニキみたいに生きたお金の使い方をしたいです。あと、アニキTシャツのバリエーションがいろいろあっておもしろかった。
AY
スカッとするような、バリの映像とアニキの人柄が最高。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

神様はバリにいる DVD通常版を観たいと思ったみんな最新10件(51)

07/07:Mimi
02/12:もか
11/28:ナナイチ
10/07:Toriatama
08/10:あい⚓
07/18:xxxLillyxxx

神様はバリにいる DVD通常版を観た人はこんな映画も観ています


神様はバリにいる DVD通常版の評価:85% レビュー数:110
ログイン 新規登録