滝を見にいく 【DVD】

滝を見にいくの感想・レビュー・登録(167)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
南極料理人と同じ監督と知らずに観ていたら何とも愛おしい素敵な映画で、沖田監督の作品を全部観たくなった。冒頭のバス内の描写からして、視点が細やかで良い。漫画でも、何気無い場面が緻密に描かれていると、物語として意味を持つ物の外側にある世界も想起されてより強固に現実感を得られるので好きなんだけど、まさにそんな感じ。遭難という大事件の中にあっておばさん達はいがみ合いながらものほほんと打ち解け合い、劇画調の汗臭い感情の応酬があったわけでも無いのに魂の深い所で自然と結ばれる、そんな泰然とした雰囲気が心地良い映画だった
子供のように遊ぶおばちゃん達を見て、なぜだか涙した。 みんな見た目は変わっていくけれど、心の中には女の子の記憶があるんだ、きっと私にも。
いやー素敵な映画やった。
同僚に勧められてレンタルしてきた。7人のおばちゃんたちがプチ遭難を通して打ち解けていくっていうだけのお話なんだけど、ゆる〜く楽しめました。ダンナが途中でちょっとだけ見て、「見所がよく分からん」って言いつつ去っていった・・・「40過ぎたら女はみんな同い年じゃーっ!」って・・・名・・・言・・・?
おばちゃん、かわいい
歳を重ねて経験も積んでたくましいおばちゃんたち。それが現実から離れて7人で試行錯誤しながら行動していくうちに少女に戻っていく。だんたんと打ち解けて楽しそうにしているおばちゃんたちが愛しくなります。自分が40代になったらもう一度見たい。
Amazonプライムにて視聴。7人のおばちゃん達が山で迷って遭難して、一晩過ごす、ただそれだけの話しで、事件もなく、劇的転回もなく、それぞれが過去や今抱えている問題と向き合って前向きになるとか、ぶつかり合う中でお互いを深く理解し合うとかそういう感じにもならず、ただ迷い込んじゃっただけ。なんだけど、無茶苦茶面白かった。それぞれのおばちゃん達が、おばちゃんのサンプルみたいな感じの人達で、こういうの普通の女優さんではどんなに芸達者でも出せないなあと思った。
沖田監督は、人間を魅力的に描くのが本当に上手いと思います。最初は嫌なところが目について苦手意識を持っていた人でも、一緒に過ごすうちに愛らしい部分を見つけて好きになっていく。そんな過程が嬉しくて、見ていて温かい気持ちになりました。モヒカンも早く見たいです。
まず面白いのが、それぞれのキャラクターです。こんなおばちゃんいそう!というより、いるいる!となること間違いなしです。最初はそれなりにギスギスしたりするのですが、遭難によって心を開いていきます。そんなやり取りがホントに微笑ましいです。日常生活で抱えている悩みが沢山あって、そういうところからくるストレスというものが、序盤は出てたりするのですが、最後には全員明るいポジティブな表情へと変わっていきます。大自然の中、日常から離れ、見ず知らずの人と一晩過ごすことが心に大きな潤いを与えたんだろうなと思いました。
おばちゃまたちのサバイバル話。すご~くよかったです。たばこ・・!なんていやな顔してたのに、結局それで火が。おおっ、て感じ。
おばちゃんあるある満載。場内でも笑い声が聞こえました。微妙な距離感から「七人で暮らしましょう」までの展開が絶妙。楽しかった!
心の機微が好きだ。好き。何回も観れる。
ふわっと観始めたけれど名作でした。ばらばらの人生を持ち寄って危機を乗り越える、やり過ごす、楽しむということ。
おばちゃんたち7人が山で遭難する映画。 それぞれのおばちゃんが個性的で面白い。 じゅんじゅんのブローチかわいい!すてき! 最後の方、滝を見に行くシーンが好き! 88分と短くスッキリまとめられていて、面白かったー。 好きな映画に追加しよー
普通のおばちゃんたちが、一人一人違う個性を発揮していって仲良しになる過程が面白かった。おばちゃん万歳だ。
面白かった。七人のおばちゃんたちがほんとに愛らしくていじらしくて。大好きな映画がまたひとつ増えた。
AM
沖田修一らしい映画。長回しが、嫌な雰囲気や、心の距離感などをよくうつしだす。ラストのトラクターでのろのろ去って行くのもいい。88分の尺もちょうどいい。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

滝を見にいくを観たいと思ったみんな最新10件(39)

08/12:夢猫AK10
04/17:きゃずお
04/03:ユキ
03/28:アキ
01/24:KS
01/24:るえ

滝を見にいくを観た人はこんな映画も観ています

風立ちぬ [DVD]
風立ちぬ [DVD]

5628登録

滝を見にいくの評価:83% レビュー数:69
ログイン 新規登録