プリズナーズ [DVD]

プリズナーズの感想・レビュー・登録(526)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
身代金が要求されない幼児誘拐は捜査が困難ですね。誘拐される側、誘拐する側の心にいずれも狂気が宿っています。そこには信仰が絡んでいますが、キリスト者じゃなくて充分理解できません。でも、ラストのどんでん返しまで行き詰まるサスペンスでした。
ブレード・ランナー2049監督作。良い役者が揃ってます。言葉として言い足りないが、感覚として上質。休み休み観ました。ネタバレ:児童誘拐犯罪物。刑事のジェイク・ギレンホールが地道に追う。ドラマ「戦争と平和」の主人公だった耐える役も多いポール・ダノ。うっかり力入れ過ぎたらウルヴァリンのように危害を加える恐れのあるヒュー・ジャックマン。蛇を飼ってた男はトラウマを再現する事により自己肯定感を得ようとする行為も入っているのかも。神の力か偶然かを感じる終わり。
ちょっと想像してたのと違った。信仰とかそういう要素がかなり強いので、ストーリーや役者の演技合戦を期待するとなかなか肩透かしくらうかもしんない。長いわりに飽きはしなかったけど正直いまいちはまり込めなかった。ヴィルヌーヴ、もしや苦手な監督かもしれないなぁ。
kay
面白かった。娘を誘拐され暴走する父親と、事件と向き合い真実に近づいていく警官。犯人は一体誰なのか?2時間越えの映画だが最後まで見入ってしまった。すべてが明らかになった後、現場に一人残ったロキ刑事のあのラストが最高。彼なら‥と思わせるところで終わるので余韻が凄まじい。映画を観る前と後ではタイトルもより深い意味合いに感じられるので非常に良い。
自宅にて鑑賞。木乃伊取りが木乃伊と云えばそれ迄だが、タイトルが誰を指すのかと考えると感慨深く、二人の行方不明事件を発端に斯くも沢山の失踪・監禁が発生するのかと三思してしまう。序盤のゆったりしたペースとは裏腹に真相に迫る後半以降が駆け足気味でややちぐはぐな印象を持ったが、然程多くない登場人物乍らツイストも利いている。演者達も上手な人が集められており演技も申し分無い。事件のきっかけになる笛がラストにも繋がり活かされているのが小気味良く、153分と云う長めの尺も気にならず、後味もすっきりサッパり。70/100点
初)サスペンスミステリー。面白かった…何と言っても余韻を残すラストが秀悦。調べてみたらブレードランナーの最新版の監督サンとのこと…こりゃブレードランナー2049が楽しみだ〜〜(ノ-_-)ノ~┻━┻この監督にはハイセンスの作品を作り続けて欲しいなぁ〜
(TV録画) ネタバレ: 人が狂気に囚われていくってのはわかるけど、物語としては、ちょっと都合よく、死ぬ人が死んでゆき、生きる人が生き残るっていう感じ。笛の伏線。
怖いのは、人間。
最愛の娘のためなら、犯人への暴力は許されるのか。キリストに祈りながら暴力を加える父と、キリストに背く犯人。子どもの歯ブラシをみて胸が詰まるシーンや、浴室で国家を歌っている、とか生活感のにじむ細かいセリフ。かと思えば音響などは控えめで、じっくり進む。だからだろうか、よりリアルに感じます。犯人がバレバレなのに、何もできないなんて! と思わせておいて、思わぬ展開にもっていく。あとからすれば王道なんですけど。そういえば冒頭、子どもたちがハムスターをみて「どうして話さないの?」「話せないの」というシーンがあった。
娘を誘拐されたヒュージャックマン演じる父親が警察は当てにならないと判断して暴走していく一方、警察は事件解決に向けて着実に進んでいく……。気怠げではあるものの有能で仕事熱心に見えるジェイクジレンホールをまったく信じない父親だが、そもそもそあの手の人間が錯乱状態に陥ったときに信用する警察など、この世に存在しないのだろう。親父超人系クライムアクションであれば単身で現場に乗り込み華麗に娘を救出するのだろうが、本作はごく普通の父親なので、現実的な範囲で非情な暴力に走ることになる。この辺の葛藤はリアルだった。
u53
え?それで?ここで終わるの?見つけてあげないのかな。怖い物語。暴力で吐かせるっていう選択しかないのか。警察に任せられなくなると、もうどうしたらいいのかわからない。
AK
考えさせられた。
なんか見たことある感じがする……これ一回見たんかな?とりあえず、お父さんやり過ぎや(´°ω°`)誘拐犯も怖いけどお父さんも怖いよ。
34
観客の感情を追い詰めるサディスティック型の映画だが、ラストに伏線はきちんと回収、謎も明かされるので、いちおうエンターテイメントを目指した脚本と言えそう。フィンチャーの『ゾディアック』と較べるコメントがある(似てるのは確かだ)けど、あっちは終わりの音楽がいいよね。
70点 子供たちの失踪事件をダークでヘビーで狂気な世界で描かれている。ヒュー・ジャックマンとジェイク・ギレンホールの好演と、ロジャー・ディーキンス撮影監督のハイセンスな映像によりグロテスクなシーンすら上質に感じることが出来る。テンポがマッタリとしているのでけっこう疲れてしまった。おそらくこの監督の持ち味だろうボーダーラインよりは楽しめたと思う。
深夜のBS映画、吹き替えにて鑑賞。なんの前情報もなく初めて見た映画だったから、緊張し過ぎて疲れたよ。とにかく自分の観た中で近年稀に観るサイコババアだった。こわいよ(ノД`)・゜・。つっても、ヒュージャックマンもかなり酷い残酷DIYやってたし。そもそも初っ端から感謝祭(*'ω'*)な筈だのに...画面が暗くて妙な不安感と緊張感(笑)もう一回観たいな。
AM
ロジャー・ディーキンスの映像が良い。特に夜のシーンの闇と光のとらえ方が美しい。善と悪、信仰に対する問いかけなどテーマが折り重なっている。真相は予想できなかった。伏線の張り方もうまい。
行方不明になった娘を捜すために狂気へと走る父親と事件を追う刑事。ヒュージャックマンの演技が鬼気迫る。重苦しい緊迫感と重さに引き摺られるようにゆっくりとした展開で一つの誘拐事件から徐々に事件の全貌が見えてくる。 釈然としない部分が残り、娘を奪われた家族の心理描写が薄いのが勿体無いと感じた。 娘を思い狂気に走るのはまだわからなくもないが、最初から決めつける理由が弱い事と元々の誘拐犯の動機もあまりしっくり来なかった。 観てる間は面白いのだが、観賞後改めて考えると腑に落ちない作品。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

プリズナーズを観たいと思ったみんな最新10件(111)

01/08:bamboops
01/02:ジェグ
11/12:かおる
10/29:かっちー
08/31:ピンシア
06/02:言音
06/01:藤野
03/15:moron_ween
02/19:You

プリズナーズを観た人はこんな映画も観ています


プリズナーズの評価:70% レビュー数:184
ログイン 新規登録