ハウンター [DVD]

ハウンター [DVD]
▶︎ 予告映像を観る
監督
ヴィンチェンゾ・ナタリ
出演者
アビゲイル・ブレスリン
上映時間
97分
amazon.co.jp で詳細を見る

ハウンターの感想・レビュー・登録(270)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
CUBEの監督の作品ということで初見。主人公の女の子が途中からグイグイ行動していて、ミステリの主人公してて良かった。そこまで壮大な話ではないのに見せ方がやっぱりうまい。
シチュエーションホラーとか好きなので、状況がわかる中盤まではけっこう楽しんで見られた。しかし状況が状況なので、主人公が頑張ってもどうにでもつぶせただろうと思う。ラストはハッピーエンドと受けとっていいのかちょっと戸惑ってしまった。
大好きな『CUBE』の監督の映画。何度も同じ状況が繰り返されるという設定は好き。だけどそれだけじゃなく霊とかの話が大半かな。なんとなく『エルム街の悪夢』的でもあり。飽きることなく楽しめた映画。アビゲイルちゃん大きくなってたなぁ。
27
★★★★☆ 結構早い段階でタネ明かしはあって、それを自分で気づきたかったとも思うけど、そこからまた恐れる対象や不明確な仲間との接点の模索、囚われの悲しさ…と楽しめた。 脱出ゲームみたいだと笑った箇所も、後で家族から出るアイテムに対する悲しさの言葉が印象的だった。
gyaoで。ジャンルはホラーになってたけど、サスペンスとか謎解きの要素のほうが強い印象。脱出ゲームにできそう。
amazonで鑑賞。当初、なんのジャンルかわからずに、ああ、ループものなのねとお手軽に思い込み。第一幕が終わるくらいに衝撃の事実がわかり、どうなっちゃうのよともう制作者の掌でころころしていましたw。選択した服がない、弟君のメガネ、車が故障。そしてちょっと古めの内装。何気ない日常の描写がまさかこんな風に回収されていくなんて!ちなみに「サイレントヒル4 ザ・ルーム」を連想してしまいました。
自分が死んでもなおその家に固執し、人を操り殺してゆくなんてどんだけな奴なんでしょう。話の構成自体はとても面白いと思いました。 ハラハラドキドキしましたもの。
内容は全く覚えてないのだが;スジバンのポスターとTシャツが印象に残っている。監督がファンなのかな?って思った。
☆3 タイムループ・ホラー。主人公の立ち位置が極なのに、それがあっさり暴露される辺り、もっと引っ張る方が良かったんじゃ無いかな?
本当はリサと家族はもう誕生日になる日の前日に死んでるんだ・・・。 そしてループ・・・。 ループいいけど、なんかずっと同じ日が続くと飽きそう。 最後はとっても良かった。 リサ達は死んだけど、最後はちゃんと元の世界に戻ってこれた。 これからもお幸せに。
幽霊の殺人鬼、強すぎる。時代をこえて少女が団結していく様は胸が熱くなった。最後で救われてよかった。少女たちも死後の世界でどうか幸せになっていてほしい。
先日観た『トライアングル』に続き、思いがけずループ物が続く。起きても起きても同じ毎日を繰り返す主人公。最初は反抗期の少女にしか見えなかったけれど、「誕生日の前日」を何度も何度も繰り返していればうんざりしてくるだろう(笑)なかなか面白かったけれど、どこかこぢんまりとした印象でした。アビゲイル・ブレスリンちゃん、大きくなりましたね!
ループする毎日って実は一番怖い気がする。ループしてたのがもしかしたら彼女だけではなく、ほかの犠牲者も同じように違う空間でループしていたのだとしたらと考えたら……なおさら怖いな(´・ω・`)
iha
皆が大好きタイムリープもの。「プロット」「小道具」「カタルシス」など、肝を押さえた脚本が秀逸な、『キューブ』の監督作。この手の作品は観客に先を読まれがちだが、それを利用した展開の裏切りが巧い。説明が難しい「人物の入れ替わり」なども、映画ならではの表現で乗り切っていた。『歴史は同じように繰り返さない。だが韻を踏む』の台詞も印象的だし、ラストも強引だが思わず涙しそうになった。難をいえば、CGが安っぽいぐらいか。内容はスリラー+青春成長もので、やはりジャンルを超えた作品が、これからの映画になってゆくのだろうか。
ネタバレ注意。リサ一家は死んでるはず、なら最後はなぜ誕生日の翌日まで時間が進んだのだろう。夢オチだった訳ではないのに。そして外に出た瞬間にリサの名前を呼ぶ女性の声が聞こえた。これは何故だろう。続編があるのだろうか。最後はちょっと理解出来なかった…誰か教えてください…
2013年カナダ。面白かった。タイムループ物で家系ホラー。舞台はオンタリオ。1985年のある1日を何度も繰り返すリサとその家族。ある日いつものルーティンとは異なることが起こる。「時が流れ出したか」と思えば、常にリセットされ同じ朝に戻るのが実に悪夢的。リサがスージー・アンド・ザ・バンシーズのTシャツをずっと着ているのがいい。クラリネット曲『ピーターと狼』やウィジャボードがうまく使われていたが、中盤でいきなり出てくる現代的小道具も効果的。世代を超えたティーンの女性たちの団結がクライマックスで描かれるのが素敵。
ムービープラス、 泣けるホラー。あのシーンでは、フランシス!ってなった。重苦しい雰囲気だけどテンポが良い、と自分は感じた。
「ハウンター」観ました! 内容は全く分からずの鑑賞だったのですが、十分楽しめましたね。まず、冒頭の不穏なループ。おや、これはミステリー系か…?と思っていましたが、それにしては何故か幽霊的な雰囲気が…。どうやらこれはホラージャンルらしい。と、どんどんのめり込んでいってしまいましたね(笑) 冒頭でいきなり主人公の口から大きなどんでん返しがあり、そこから更に引き込まれてしまいました。
濃霧に覆われた家の中で、誕生日の前日を繰り返す少女が、誘拐犯の亡霊と対決
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

ハウンターを観たいと思ったみんな最新10件(33)

06/10:cyacyai
12/11:まーも
07/06:Cornetto
03/04:.
11/24:ふらこ
08/13:doggie
05/09:ぼぼこふ

ハウンターを観た人はこんな映画も観ています

キャビン [DVD]
キャビン [DVD]

1094登録

ハウンターの評価:74% レビュー数:100
ログイン 新規登録