クローズEXPLODE プレミアム・エディション [Blu-ray]

クローズEXPLODE プレミアム・エディションの感想・レビュー・登録(124)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
45点 主役が下手過ぎて冷める。喧嘩シーンも何だかなぁ… やべさん奮闘するもむなしくって感じでした。
★☆☆☆☆1.5 始まって一時間…、これは誰の話なんだ?筋や焦点ある?ダラダラと単に出てきたヤンキーの喧嘩と小競り合い。全然ワクワクしないし、キャストにも魅力を感じられないし、これはダメだった。過去二作が超絶カッコ良くて面白かっただけに残念でならない。東出昌大は見た目はいいけど、喋ったら…残念すぎる。過去作は隅から隅までいいキャストだったのになぁ〜。監督代わるとこうも代わるか。。。原作読んでないけど、どうせなら下の代なら鳳仙の美藤弟(三浦春馬)とかで観たかった。最後まで観たけど、途中と感想かわらんね。
豊田監督に変わったことを把握してないとつらいかも。で、豊田監督が撮るなら同じ高橋ヒロシ漫画ならキクとかせめてQPくらい鬱屈してるほうが向いてるような。でも勝地涼はキャラ立ってた。
東出君の心象風景が分かりにくすぎた。何だチミは。ストーリーの核心がもやっとしたままで、入り込めず…。ケンカも小粒感が気になった。東出君頼みなので、基本上からカメラワーク。でも、それほど効果的にも思えなかったデス。三池版前2作と比べて、俺らもいろいろ大変なんだぜ感を出そうとしてたのは分かったけど、うーん、結果的にどうだったのかなあ。ケンカ大半の三池版でそれが伝わってなかったわけでもないし。あ、でも「ごめんね青春」の「一人クローズ」の意味がやっとわかって満足。永山絢斗も眉剃って頑張ってた。
東出は下手に容姿が良いもんだから、演技の下手さが目立って痛々しいです。怒鳴り声とか駄目、本当に。粋がってるヤンキーが一杯いるクセに皆声が小さい。ボソボソやん。それとも監督の何らかの意図ですか?柳楽君がキレッキレでした。ウシジマくんの時といい良い仕事してますね、彼は。今後が楽しみの俳優さんです。勝地涼も良かったな。
新年度を迎えた鈴蘭高校を舞台に、空席となった頂点の座を巡り、他校を巻き込んだ熾烈な戦いが繰り広げられる...
喧嘩以外のストーリーが長い割に雑だった。登場人物多いから映画の時間だと一人一人を掘り下げられない。東出と早乙女のラストの喧嘩シーンが嘘っぽかった。特に東出の動きが酷かった。
今までのシリーズ作品としてもあまり期待していなかったけれど、大好物な豊田監督作品ということで鑑賞。全体で物足りなさを感じた。ドキドキ・ハラハラが足りない。これじゃスクリーンでリアルは感じられない。
このシリーズ好きだったのにこれはつまらなかった…。申し訳ないけど出てくる俳優さんに華というかオーラというか惹きつけられるものがないし、キャラクターも全員判で押したようなチンピラで魅力に欠ける。前2作は主人公側も敵側も良い意味で個性があって、だからこそ最後のバトルも盛り上がったのに、今回は誰にも感情移入できなかった上乱闘の規模も小さくて、気づいたら終わってた…。
やべきょうすけぇえええええええええええええええええええええええ肥ったなぁ。
東出さんの演技が…どうにも不良に見えず、ごちそうさんの好青年から離れられず、違和感たっぷりのなか観ていて、後半でようやくすんなりと観れた。 小栗旬さん主演のクローズから比較すると、やや展開が雑な気がする。。 クローズは小栗旬さん主演の時のメンバーが最高だ。
空位となった鈴蘭高校の頂点をめぐって抗争が勃発。頂点に興味ない転入生の鏑木(東出昌大)と彼をライバル視する加賀美(早乙女太一)、最右翼とされる強羅(柳楽優弥)らが熾烈な戦いを繰り広げる。前作よりもガチンコ感のあるバトルの数々、行き場のない閉塞感を抱えながら強さを求めるワルメンの熱いドラマ、鈴蘭高校の頂点を目指すバトルそして鈴蘭狩りをもろくむ者たちの熱い戦いが見ものです。
まあまあ面白かった。こんな学校絶対行きたくない…。あと、ここから漫画原作には繋がらない気がするが、続編でもあるのだろうか。
滝谷 源治(小栗旬) >> 鏑木旋風雄(東出昌大)、 芹沢 多摩雄(山田孝之) = 強羅徹(柳楽優弥))、 漆原 凌(綾野剛) > 加賀美遼平(早乙女太一)、 鳴海 大我(金子ノブアキ) > 本多保(柿澤勇人)、 伊崎 瞬(高岡蒼甫) < 山下甲兵(ELLY)、 逢沢 ルカ(黒木メイサ) < 杏 。
スケールが小さくなりすぎててちょっと笑ってしまった笑 敵役もまったく強くない。ストーリーもいまいち。でも俳優さんたちはほんとにどれもかっこよかった。
東出くんの大根っぷりがスゴイ。役者は不向きでは?杏ちゃんとお幸せに。柳楽優弥は何やらせても流石です。格が違う!
ちょっと熱くなったりする喧嘩映画。個人的にはあまり面白くなかったので見ながら寝てしまった。
クローズは最初から最後までちゃんと見たことなかったのでこれがシリーズ初見です。三代目の二人が出ていたので興味本位で見てみましたけど結構良かった。殴ったり蹴ったりとかの暴行シーンばっかりだと思ってたけど結構笑えるところもあったりして良かった。けど主人公の演技が微妙すぎる。そこがなんかねぇ。演技してる感が見えて。
クローズ新章。滝谷、芹沢達が卒業した鈴蘭が舞台。それなりにキャラクターを揃えているが、「クローズZERO」2作の面々と比べるとかなりパワーダウンした印象。前2作と比較されるのが宿命な本作品。キャストの総力量の差が大きく感じらると共にバトルの迫力、キレも三池クローズに軍配が上がる。ヒット作の新章に挑んだ部分は評価したいが突き抜けた力強さが足りない。再見しても楽しいのはやはり前2作。
★★★☆☆蝸牛角上の争いのように見えるが、奥深さもある。派手なアクションや、悪ふざけしているというストーリーだけではない。それぞれ特殊な背景があり、その中でもがき苦しみながら今を一生懸命に生きている。もちろん、その気持ちをもっと別の方向に向かわせればいいじゃないかと簡単に考えるのは軽率だと思う。それぞれに、バカをやっているがプライドを持っているからだ。人間、下手な行動よりもプライドのある生き方の方がカッコいいからね。だからこそ、意固地なプライドはかっこ悪いということを教えてくれているよね♪
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

クローズEXPLODE プレミアム・エディションを観たいと思ったみんな最新10件(5)

03/22:
04/20:ましまろ

クローズEXPLODE プレミアム・エディションを観た人はこんな映画も観ています

【Amazon.co.jp限定】アナと雪の女王 MovieNEX (オリジナル絵柄着せ替えアートカード付) [Blu-ray + DVD]
【Amazon.co.jp限

3910登録
風立ちぬ [DVD]
風立ちぬ [DVD]

5685登録

クローズEXPLODE プレミアム・エディションの評価:89% レビュー数:55
ログイン 新規登録