消えたシモン・ヴェルネール 【DVD】

消えたシモン・ヴェルネールの感想・レビュー・登録(65)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
★1 終始だらだらした印象。いろんな視点から見れるのは面白いとは思うけど、これは理由がわかったところでふーん。としか思えなかった。そんな長々描く必要あったのか?と。もう冒頭の五分とラストの五分だけでいい。
★★★☆☆ 感想としては「ああやっぱり」。最初から意味深にチラチラしてて解っちゃうよね...。身近で起きることの恐怖、交差していたのが合致する等はまあ読めるものの良かったとして。なんとなく推測できる物をダラダラ見せられているので若干眠気が。合致するならするで、当たり前の事よりももっと身近かつダークな物だとかをチョイスして見る者を楽しませて欲しかったなあ。個人視点で物語がぶつ切りなのは良いのにな。ジャケットからしてシモンって女の子が失踪したのかと思ったら男で最初はちょっと人物像が浮かばなくて困った。
フランス版のelephantって感じ。ある事件をいろいろな生徒の視点で切り替えながら追っていく。でもフランス語の語感が苦手だし、ガスヴァンサントの二番煎じ感が否めない。
高校生男子シモンの失踪事件を同級生数名の視点から描いたミステリ。同じ話が何度も繰り返されるが1人1人視点が違うしみんな秘密や悩みを抱えてて徐々にそれが明らかになっていくので退屈しない。終始不穏な雰囲気なのもいい。☆3.7
ソニック・ユースに惹かれて。メロディアスな部分の採用が多いので、『デーモンラヴァー』に比べると随分と片手落ち感があるが、あっちはジム・オルークが映画自体に本格的に関わっているわけで、比べるものでもないのかもしれない。/夜のシーンを中心に、青緑色とオレンジ色を対比させるよくあるコントラストが採用されているのが目立つが、肌色に対して背景を青緑にするのではなく、人物含めてほとんどを青緑で塗りつぶしておいてオレンジ色のライトで照らしたり夕陽を当てたりしていて、確かにこういうのもあったなと思った。
群像劇としてはやっぱりガスの「エレファント」や「桐島〜」が対比されると思う。そうなると物語そのものやバランスとして物足りない感はあるけど、制作側が言う青春モノとしてよりサスペンス要素強めの群像劇としてはなかなか楽しかった。キャラクターも魅力的だったし。シモンの憎めない感が秀逸だったせいか最後はややショックだった…笑
勝手に「彼女が消えた浜辺」みたいな物を期待していたので激しく肩透かしをくったのは自業自得なのだがそれにしても微妙。「エレファント」のスタイルでミステリーをやるにしてももう一捻り何かツイストが欲しかった。でも野郎共の着てる服が微妙にダサいのにはちょっと親近感わいた。
90年代フランスの高校でのサスペンスドラマ。生徒のひとりシモン・ヴェルネールが失踪。高校では生徒たちが妄想を膨らませ、色んな噂が飛び交っていきます。そんな中、ジェレミー、アリス、ジュビエ、そしてシモンの4人の目線からストーリーが展開していくんですが、同じシーンが違う生徒の目線から描かれていて、「そういうことだったのか」ってなることが度々あって、観ていて飽きなかったです。でも、一体何が言いたかったのかは今一つ分からなかったかなぁ。身近な友達が失踪しても、こんなものなのかなぁって思っちゃいました…。
観客は衝撃的な答えを求めがちだが、実際は人がいなくなるってこんなもんかもしれない。人間関係的にアリスより下にクララが置かれているのにクララが妙に落ち着いているし、子分っぽさがないのはそういう理由でしたか。
フランス版「桐島、部活やめるってよ」というのが確かにしっくりくる。シモンという男子高校生が突然失踪する。級友らが様々な憶測をする中行方をくらます生徒がさらにひとり、またひとり…というミステリー風学園ドラマ。4人の登場人物の視点から失踪事件前後の数日を描き、少しずつ観客に謎を明かしていくという演出。パズルが埋まっていく面白さはあるけどそれ以上のものがない。そもそもの謎も案外拍子抜けでミステリーとしては物足りない。とはいえよく整理されてるし、紅葉の通学路やサッカー場などの撮影はきれいだし、危うい雰囲気も良い。
クララが一番可愛いなぁと思っていたら、なるほどね…
それぞれにそれぞれを取り巻く世界があって、それらが横に交錯し、縦に積層化されてそこの社会を構成すると、そういう訳だ。なるほど、これは「シモン・ヴェルネール、消えたってよ」だな。▼一つの事件に各人がそれぞれの解釈をして、勝手な意味を与える。普段ならそれらは何の繋がりも持たず、あるいは互いに打ち消し合って、事が大きくなることは無い。だが、時にそれらが同期すると根拠もないまま増幅してしまうことがある。▼その意味では「桐島」しかり、本作しかりだが、前者では感じられた作品の意図が、本作では感じることができなかった。
桐島っぽい、って思ったらこっちの方が先だったようで。ソニック•ユースなサントラとフランスってのに惹かれたけど、あんまりフランスっぽくない。パリ郊外のニュータウン。一番イケメンっぽかった背の高い彼のエピソードも欲しかったなー♡
ガス•ヴァン•サントってよりは桐島だなぁ。制作年は今作が先な上にタイトルばれの大事件だけど。全体的にポートランドっぽい感じではありつつだが、やっぱりフランスでソニック•ユースがいささか違和感がある...が、良いものは良い。これはやったもん勝ちのアイデア作品。時代背景、サントラ含めてかなり好きではある。良作。
クラスの生徒が次々に失踪する異常な事件が発生している。映像のシーンの構成が巻き戻し、横道それ等々技巧が駆使されている。 時間のズレ、 ある空間を別角度で見ている第三者の視点等々十分自分の脳が騙される刺激がある。
一つの事件を何人かの視点で追って行く、桐島部活やめるってよ的な映画。あちらの学生さんは大人っぽいなぁと。音楽がかっこいいと思ったらソニックユースだったのね。納得。
舞台はパリ郊外の高校。パーティの最中に森で死体が発見される。その2週間前、教室に血痕を残してシモン・ヴェルネールという生徒が失踪していた…という話。 複数の登場人物の視点を移りながら1つの事象を追っていく手法で、これよりも前に「バンテージ・ポイント」「桐島、部活やめるってよ」等を視聴していると、物足りない感じがします。 更に死体の謎は「これで終わり…?」というオチで、どちらかというとそれまでの過程で「一方的な意見を信じちゃいけないよね」としみじみするのがメインです。 60点。
視点が面白い作品。 同じシチュエーションを人物ごとに見せられ 少しずつシモンの行動が明らかに~ 人の噂と友達なのに知らないことがたっくさんある秘密主義。 現実でも誤解が生まれる時ってこういう感じなんだろうなぁ・・・ 途中イライラしても最後まで見る価値ありです。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

消えたシモン・ヴェルネールを観たいと思ったみんな最新10件(20)

04/21:たぬきち
04/21:かおる
08/13:まち
05/26:ユキ
01/19:Saori
12/18:ラーラ

消えたシモン・ヴェルネールを観た人はこんな映画も観ています


消えたシモン・ヴェルネールの評価:77% レビュー数:25
ログイン 新規登録