風立ちぬ [DVD]

風立ちぬ [DVD]
▶︎ 予告映像を観る
監督
宮崎駿
出演者
上映時間
126分
amazon.co.jp で詳細を見る

風立ちぬの感想・レビュー・登録(5920)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
【地上波録画】多分二回目。本当に人間が生き生きとよく動く。人間像の深さ云々を描くのではなく、「よく動く」ってことでキャラクターに魂がこもるんだろうなぁ。上司の黒川さんが歩くときにイチイチ髪の毛がワッサワッサ動くのが愛嬌あっていいなぁ~
関東大震災の描写が印象的で見たくなりました。静かに進んでいく描写の中に情熱があります。
んー  まあまあかな。
私は好きですよ。
創作的人生の10年を超え、終わりは散々だと言いながらも美しいと思うものを作り続けた宮﨑駿という人を思うと劇場でも、家でもボロボロと涙してしまった。
DVD借りて再鑑賞
劇場で2回見た。面白かった。
ほんと良いな。劇場で見た時よりも良い。宮崎駿と半藤一利の「腰ぬけ愛国談義」と堀越二郎の「零戦」を読んだ後だから劇場で見た時よりいろいろなものが見えた。アンテナを張るってそういうことなのかな。そういうことか。じゃあ、アンテナを張るって、見える世界が広がるってことなんだな。二郎の設計してる横顔が一番かっこ良い。男の人の仕事している姿ってすごく好き。そういう点で菜穂子の気持ちがよくわかるなあ。
堀越二郎側の人間じゃないから感想がまとまらない。好きなものを作ると負の側面がついてくるクリエイターの矛盾した生き方を描いたものだけど、負のエネルギーが原動力で醜悪なものを描くという太宰的なクリエイターもいて、何かをクリエイトするとなったとき自分は確実にそっち側の人間。だから自分にはその矛盾はわからない。でも3行目から仕事の話して面会を延期する二郎と菜穂子の関係には涙した。菜穂子は嘘偽りなく愛してるけど、けど…の感じ。そこらへん庵野の感情の薄い演技が、憑りつかれたクリエイターらしさをよく表現できてた。
話題になっていたが、確かにタバコのシーンが非常に多かった。でも映画だからね。 零戦は戦闘機ではなく、美しい飛行機かな。
空に憧れて、空をかけてゆく。
これは宮崎駿自身の物語で、今までのジブリ作品のようなファンタジーは含まれていない。細かな時代背景がところどころわからなかったのですが、あとで史実と照らし合わせて反芻してみると、もう一度ゆっくりと見たくなる。だけどこれは戦争映画でもなく、恋愛映画でもなく、単純に美しい飛行機を作る事にに取り憑かれたクリエイターの話。最後の黒川夫人の「美しい所だけみてほしかったのね」というセリフが、この作品の正体だと、私は思います。せっかく1週間レンタルしたのに1回しか見れなかった。近いうちにまた見ます。また見て、泣きます。
これまでの宮崎アニメにあった楽しさワクワク感がまったくない!しかしこの作品の場合、鑑賞している2時間の充実ではなくそれこそ10年ぐらいかけて咀嚼しても良いくらいの内容に意義がある。凄まじい思想性そっけなさの中にある豊穣さ。天国と煉獄を同時にみせつけられるような浮世離れした感覚はこれまでに味わったことがない。大人のメロドラマとしても見応えあり。夢見がちで勝手な男にも愛が訪れ、許しがある。今回はそこだけでも突き刺さったし、あとはおいおいいろんなことが心に染みてくるだろう。残酷で美しい作品。
ツタヤにてレンタル。飛行機の設計は「美しい夢」である。飛行機の設計技術者を描いた作品ですけど、美しいものに取り付かれた芸術家の物語といった感じです。設計者の寿命は10年。短い時間を全力を傾けて美しい飛行機を設計しようとする男と、病に犯された短い生を美しい妻として充実させようという女の、美しくも切ない見事な調和といった感じかな。従来の宮崎作品のワクワク感が全く無いのがちょっと意外でした。
うにょうにょちゃんと動く日本のアニメーションもこれが最後か!?
決してハッピーエンドではないけれど前向きになれる映画。 再放送観ているせいか大人になったコナンとラナのようにも思えたり。 黒川さんと妹もいい味出していた。 これが最後かな。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

風立ちぬを観たいと思ったみんな最新10件(404)

07/07:frip
02/15:Kちゃま
01/17:REN
12/27:みすと
09/25:ys
08/02:清水倫和
07/18:kero9
07/07:ホームズ

風立ちぬを観た人はこんな映画も観ています


風立ちぬの評価:57% レビュー数:1681
ログイン 新規登録