オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ Blu-ray

オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ Blu-rayの感想・レビュー・登録(25)

最新の20件表示中[もっと見る]
03/17
非常に好きでした。何よりキャスティングに尽きる!トムヒドルストン、ティルダスウィントンが素晴らしい。特にティルダ。アダムを優しく包み込み、時には老婆、時には少女、年齢不詳のヴァンパイアを巧妙に演じている。クスリとするところもあり、ヴァンパイアものにしてはエグくない。むしろこの二人が非常にチャーミング。名言も続出です。 心にとらわれて生きるのは時間の無駄よ 映像も音楽も秀逸ですか、深く考えさせられます。 珠玉のラブストーリー。
Zo
11/21
09/20
zan
不死だけに歴史上の偉人や芸術家たちとも時代をともにしているのを、世間話のように軽く論じ合っているのが面白い。渡米するにあたり大量の書籍をカバンに用意していたのが興味深かった。日本語の文庫本もあったが、一時停止してよく見てみると白石一郎「海狼伝」だった。
キャストが良い。それ以上でもそれ以下でもない映画。
02/16
65点。 テレビにて。現代の吸血鬼はあれなの?血を吸うことへの葛藤をもつことが流行りなの?なんかよく見るよね、最近。だからこそ、こういう、大御所の監督にはそういう、ちょっと陳腐な設定は避けて欲しかったな〜。オシャレな映像とかは良かったし、なんか勿体無く感じちゃった。感覚的な表現をする監督と思って見たけれど、意外なほどストーリーはありました。
現代まで生きる吸血鬼夫婦の話。吸血鬼という設定を生かしながらも、やたらめったら人の血を吸うわけではなく、病院から鮮血を手に入れるのに苦労したり、人間とも友好関係を築こうとしていたりと、これまでにないバンパイア像を描いているのがいい。何気ない会話の中に、バンバイアにとって住みにくくなった現代を皮肉っているのも面白い。自由奔放で夫婦からは邪魔者扱いされる妹を演じるミアちゃんがかわいい。
11/09
11/06
ジム・ジャームッシュ作品。バンパイヤカップルの愛の語り。時間軸、地理感覚を超えて存在続ける二人。二人はどこにいても月と地球のように繋がっている。廃墟となったデトロイトもタンジールも同じ夜の下ではかりそめの場所。美を愛するものが忌み嫌うものは、その対極にある利己的な人間。ジャームッシュらしく音楽がいつものように重要な意味をもつ。
最新の20件表示中[もっと見る]

オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ Blu-rayを観たいと思ったみんな最新10件(8)

03/11:Fal
10/24:ララン
07/29:ryo
07/16:さるこ
10/13:みか
07/28:shi
06/28:シオ
08/31:storobo

オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ Blu-rayを観た人はこんな映画も観ています


オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ Blu-rayの評価:48% レビュー数:6
ログイン 新規登録