ウルフ・オブ・ウォールストリート ブルーレイ+DVDセット(初回限定DVD特典ディスク付き)(3枚組) [Blu-ray]

ウルフ・オブ・ウォールストリート ブルーレイ+DVDセットの感想・レビュー・登録(1025)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
薬やってるだけ。少し飛ばしながら観た映画は久しぶり。
82 バカ騒ぎ映画。利益を目的とした獣の群れって感じがしてよかった。序盤は主人公の事応援してたけど話が進むにつれてはよ捕まれと思ってしまった。薬中の演技の正解って人によってまちまちよね。
前にNo.1男から学んだとおりにヤクは常用してるし、 職場にストリップ嬢呼んで乱痴気騒ぎをしたり、 とにかくメチャクチャで基地外で破滅的なのですが、 でも、社員慰労会をやる日本的経営と言えなくもないなと思ったり。
マシューマコノヒー目当てで鑑賞。男のロマンを詰め込んだような本作。マシューは序盤に少しのみで残念。ただし、作中では若きジョーダンの行く末の伏線となるキャラクターに思えた。レストランでの鼻歌シーンはとても好きです。が、個人的にはもっとゆったり品のある話が好みです。
★★★★☆アトギマリ演技がやばい
実際の人物の映画なので、あまり面白い展開がないと言っている方もいらっしゃるがこれはとても刺激的で面白い映画でした。また見たいと思います。☆☆☆☆☆
成り上がり人生の栄光と没落を描いた作品。物語にそれ以上のものはないが、とにかく演技が素晴らしい。台詞回しや動きが面白く目を奪われる。スピーチなど聞き惚れてしまった。終始コメディタッチのハイテンションで突っ走る。登場人物の鬼気迫る乱痴気ぶりにそれは寂しさの裏返しかとか無理をしているのではないかとか深読みしてしまいそうになるが、多分ただの欲にまみれた人間なのだろう。薬物は彼らのガソリンなんだなぁと思った。喜劇的な映画で人間の真理をみせる考えさせるところはあったと思う。ただ尺が長い。あと30分位は短くできそう。
どれだけ悪人を描いた物語でも、主人公は善寄りにしなくてはいけない。ドラッグ、バイオレンス、マネー、セックス、この映画の主人公はあらゆる悪行を犯すがただ一つの行動指針でそれらの悪行をチャラにする。ただただ彼は欲望に対して正直なのだ。 だからこそ仲間が増え、顧客を騙し、妻から愛され、他人から憎まれるのだろうと納得する。3時間を一本調子でやり切ったのも彼が正直だからこそなのかなと思う。
「貧乏は美しくない」会計士の両親のもとで中流家庭に生まれてもこう思うのか。金・女・ドラッグのぶっとんだ感じが逆に吹っ切れていて清々しかった。ドラッグがキマった体当たりの演技は見ごたえあり。 こういう人はいる。題材になった本人も欲だけでなく才能と努力があったから成功したのだと思う。でも虚しさはないのかな。
ウルフだから狼男でも出るのかなと思ったら違った。所詮は金と女と薬と大嫌いなアレかよ!!内容的に自分には合わず途中で寝オチ…。
平凡な(ヤクもやらない)証券マンが、地方の株式仲買人としてクズ債を扱うと性に合ってたんでしょうな~、どんどん頭角を現していく。合法か非合法かと言われれば後者の方で、FBIから目をつけられる。それで自粛しておとなしくしてればいいのに、どんどんエスカレートしていく。墜落は目前。ヤクにも金にも縁のないこちらから見ればクレージーすぎて付いていけません。「ペンを私に売ってみて」は商売の基本を現していて、悪用しなければこれこそが大事なんだと思う。
下衆の極みな映画。デカプリオさんはよくこの役オッケーしたなと思いたくなる、徹底的にゲスな映画。お金のためなら麻薬、詐欺なんでもありな世界にぶっ飛び過ぎです!妻が家を出て行ってしまう気持ちもわかります。ただ、彼が警察に逮捕されて離婚するのは、ちょっと都合が良過ぎだど私も思います。もう少し話し合いをして欲しかったです…。そして、男の欲望をとことん追求しているのは分かりますが、3時間は長すぎます。内容が内容なだけに、もう少しコンパクトに出来た気がします…。デカプリオさんの素晴らしい演技が唯一の救いです。
あまり品のいい映画ではないとは聞いていたが、思った以上に下衆だったので気分が滅入って途中でリタイア。 華麗なるギャツビーはまだ映像美で見れたが、こちらはちょっと汚すぎて見ることができなかった。まぁ短時間で大きなお金を動かしてマージンで儲けるには、これくらいぶっとんでて他人の気持ちに鈍感で自分の利害だけ考えていないとやっていけないという説得力は感じた。 男性の超理想の世界、男のロマン?夢?ってこんな感じなんだろうなって思った。 マーゴットロビーの胸が思ったより垂れていてがっかり。
シリアスな映画かと予断していたが、バカの集団が登場人物のバカ・コメディだった。社長をやめようとして演説するジョーダンのシーン、素晴らしい。
とにかく押せ押せの弱肉強食の世界と血管がブチ切れそうなテンションでマッドマックス感がすごい。薬キメて乱交して、ノリノリなBGMが流れるから、観てるこっちまで薬キメたような興奮が湧き上がってきて何度も声出して笑ってしまった。レモン714のディカプリオの演技は本当にラリッてるようで見入った。この映画の元となった回想録といいこの映画といい、出所後にも莫大な印税を手に入れているのだから、ジョーダンは本当に金を愛し、金からも愛されてるんだなと嫉妬する。
年代をちょっとズラせた「グッドフェローズ」なのかなと。基本違法サイドにいたギャングの方々と、基本合法サイドにいた証券マンのみなさんも、セックス、ドラッグ、ロックンロールだと。それで、証券マンの皆さんのほうが倫理観が欠けているのが面白い。
あんなんなのに一瞬「あれっ、このひとかわいそう!?」と思わせてしまうデカ様がすごいと思いました。
はぁー、マジキチ。これから証券マンのことそういう目で見ちゃうよ。
面白い。ウルフと呼ばれる異端ではあるんだろうけど本場の証券マンマジ半端ないと思った。あれくらいエネルギッシュでギラギラしてないと成功できない世界なんだろうな。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

ウルフ・オブ・ウォールストリート ブルーレイ+DVDセットを観たいと思ったみんな最新10件(84)

02/04:相撲男
11/02:テレピン
09/05:ayumik
06/26:
03/05:うえだ
11/13:k

ウルフ・オブ・ウォールストリート ブルーレイ+DVDセットを観た人はこんな映画も観ています


ウルフ・オブ・ウォールストリート ブルーレイ+DVDセットの評価:64% レビュー数:327
ログイン 新規登録