清須会議 スタンダード・エディション [DVD]

清須会議 スタンダード・エディション [DVD]
▶︎ 予告映像を観る
監督
三谷幸喜
出演者
役所広司
大泉洋
剛力彩芽
小日向文世
佐藤浩市
上映時間
138分
amazon.co.jp で詳細を見る

清須会議 スタンダード・エディションの感想・レビュー・登録(1961)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
以前この小説を読んだ時、あまりにも権六が馬鹿なので悲しすぎて全然楽しめなかったが、こちらは素直に楽しめた。ただ、なんか三谷の映画に出てくる俳優がだいたいお決まりで新鮮味がない感じはした。大泉とか妻夫木とか小日向とか鈴木京香とか、どうにも食傷気味だ。役所は良かった。
【amazonプライムにて】多分何回か観てちゃんとわかる映画。不勉強で清須会議自体よく知らなかった+歴史に疎いので、前半で人物関係や状況がよくわからなくなり、途中で止めてウイキペディアで清洲会議について読んで理解してから映画に戻ったら…何やってるのか意味がなんとなくわかった。 最近のジブリ映画作品も思う事だけど、原作読んで予習しとけ。映画だけでわかろうとするな的な傲慢さがある映画が増えたね。 バカな庶民の娯楽ではなく、文化人や頭のいい人たち、玄人?に向けた映画作品。最後は面白かった★★☆☆☆
みんなキャラが濃い!!しかし、それがまた絶妙に面白い。大泉洋の秀吉もよかったけど、武将バカというか戦バカな柴田勝家を豪快に演じきった役所さんもやはり素晴らしいの一言です。
u53
もう4度目くらいの鑑賞。旗取りのシーンがやっぱり一番笑える。それぞれのキャラが特徴あって面白い。秀吉の月代が広すぎるのも笑えるし、明智光秀なんかは月代どころか髪は見えない。勝家の豪快さとか、脂っこさとか、汗っかきな感じは役所さんうまいなあってうなずける。もう一度言うが、旗取りのシーンは何度見ても面白い。
役所さんの今一つ何かが足りない、なのに必要ないものが多い戦国武将の演技がよかった。
初)昨日のブラタモリは「名古屋」でした…清須の地名も紹介されその流れで鑑賞。三谷演出満載の時代劇、超豪華演者陣。こりゃ贅沢、贅沢…その中でも大泉藤吉郎は他に負けず説得力ありました…やっぱり戦国時代の中で武田の血は偉大なんだよな…この解釈の方がロマンあるよねが感想。(ノ-_-)ノ~┻━┻ねね役の中谷サンが特筆です〜
《テレビ録画》期待しすぎていたのか、そこまで「面白いっ!!」とは思わなかった。でも六兵衛さんが出てきたトコだけはワクワクした(笑)。出番あれだけなのか!ってなったわ。
歴史に疎いので、人物を調べつつテレビで録画を観ました。あまり今作の良い評判を聞いてなかったので飽きるかな〜と思いながら見始めたのですが、充分楽しめました!ただ、後継決定後のエピソードがちょっと長かったかと。あとは主要人物を演じる役者陣も達者な人ばかりで安心して見る事が出来ました。剛力さんのあの見せ場はちょっと残念な感じでした。
オールスターキャストの贅沢な作品でとにかく楽しい一作。 三谷幸喜作品は当たり外れの幅が大きいのだけど、これはかなり面白かったほうか。 配役の妙を存分に味わえるけれど、残念ながら西村雅彦は出て来なかったねえ。大河『真田丸』と配役がかぶりすぎで前半は違和感だった。ま、それもまた楽しみ方の一つと言えるのかもしれないけど。 とにかく、典型的な『じっくり素材を味わう料理』的な作品。(★★★★ / 1,600円)
名古屋弁ってドラマとかだと何となく違和感があるんだけどこれはきちんとしてる!「たわけ!」って言い方じゃなく「たぁけ!」って言ってくれたときには爆笑した(嬉しくて(笑))なんど見ても面白い。これ好き。あと西田敏行が出てきたときはテンション上がったわぁ!\(^o^)/
★3 途中まではつまらなさすぎ!最後のほうでちょっとだけ持ち直した!
コメディでもないし、かといって歴史ものなわけでもない。ちょっと中途半端な感じがした。原作のほうが面白かったかな〜??西田敏行でてきたところが私の中では一番盛り上がった(笑)
確かに、秀吉は狡猾だったんだろうなーと思わずにいれない。実際はあのように分かりやすく事が運んだとは思えないけれど。現代の美的感覚とはかけ離れた、お歯黒と麿眉を地でいっているあたりから、凄い(笑)
跡継ぎが決まるまでは面白かったがそのあとは蛇足。長い長い。あと真田丸と役者がかぶりすぎてて誰が誰だかわからなくなる。
話のテーマとして各々がそれぞれの思惑で動いているという所は面白かったが、いかんせん長いというのが感想。正直旗とってるところあたりカットしてもうちょっと短くまとめてほしかった
それぞれの思惑と秀吉の秘策。コミカルだが人間心理を絶妙に描かれている。キャストが豪華すぎる。
ちょっとしか出番の無い人もいたりして、贅沢にキャスティングしている、オールスター映画。絵巻物を場面転換に使っているところとか、滝川が駆けずり回っているところとか、飽きさせないなと思った。更級六兵衛さんが出てきたのはよかったなあ。秀吉はなかなか食わせものだが、女性陣も怖い。コミカルな演技はあるが、真面目な話。清洲の空があくまでも青く、田んぼの緑がきれい。
小説を読んだため再度鑑賞。 以前は感じなかったキャスティングの違和感が少しあった。小説では皆があまりに賑やかな描かれ方をしていたためか…? だがメインになる武将3人の印象はそのものだった所は当て書きの妙といった感じ。 歴史物の苦手な人でも楽しめる所はさすが三谷作品。
中谷美紀が土くさい役をやってて驚いた。剛力さんにあのシーンは荷が重かったね。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

清須会議 スタンダード・エディションを観たいと思ったみんな最新10件(250)

09/18:
03/17:tkym24
01/06:kisora
10/12:kiki
09/13:しま
08/06:ゆっき~
06/25:ホームズ
05/29:こにぱん

清須会議 スタンダード・エディションを観た人はこんな映画も観ています

風立ちぬ [DVD]
風立ちぬ [DVD]

5656登録

清須会議 スタンダード・エディションの評価:71% レビュー数:693
ログイン 新規登録