ホビット 竜に奪われた王国 ブルーレイ&DVD セット(初回限定生産)3枚組 [Blu-ray]

ホビット 竜に奪われた王国 ブルーレイ&DVD セット3枚組の感想・レビュー・登録(384)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
すごい面白い! 一作目の最後の鳥になんでドワーフの王国まで連れていってもらわなかったんだろうというツッコミはしないのがいいのかなw
13年ニュージーランド米。トーレンとガンダルフの初対面から。相変わらず見事な導入部。けれど失速。中盤辺りから薄めすぎでもどかしくて仕方ない。それなら個別エピいれてください!ラブとかウォーとか要らないから!前作のファンを気にしすぎ、本来のゆきてかえりし物語から離れてしまったのが…。でもガンダルフカッコよかった…。でも引率の先生離脱はダメ。エルフはトップ校の高校生ということになった。
また観る。原作も読み返してみようかな。
ロードオブザリングのファンへのサービスとして、原作には出てこない素敵エルフのレゴラスが活躍する。ギムリのお父さんとのからみや、失恋しそうな気配に笑わせてもらった。まだドワーフが嫌いなつんつんぷりがなんだか懐かしく、おそらくこの失恋でもっと嫌いになるのだろう。あわれギムリ。
何かしようとするたび酷い目にあいドタバタになる一行。監督らしいグィングィン動く痛快アクションは主役たちのキャラクター性か、ちょっとコメディめ。様々な伏線がいよいよ全部集まりそうな所で続くときて、次作は大変な映像体験になりそうだ。
前作はドワーフの戦闘シーンが多かった印象だが、今作はエルフの戦闘シーンの方がかなり多く、その戦闘も綺麗でドワーフの時の力強さとは対照的であり、とても良かった。樽で川を下るシーンはかなり面白い、うまい具合に矢をかわしつつ、襲ってくるオークを倒していくところはテンポよくて素晴らしい。次作で3部作ラストですが、どのような終わり方になるのか楽しみなのと終わってしまうのだという悲しみがありますね。
ようやく目的地へといった感じ。川での戦闘はゲームみたいで、笑ってしまうほど、よく出来ている。相変わらずのエルフ無双。よくドワーフはここまで来れたなと思う。わくわく感は一作目かな。でも最後も楽しみです。
オーランドブルームきた!!そしてその仲間の女エルフはLOSTのヒロインだった女優さん!二人とも美しいし強かった!そしてついに竜との対決。竜が…!というところで終わり。最終話まで引っ張るのですか。
なかなか話が進まず間延びする部分と、爽快なアクションシーンとが織り混ざり、まぁなんやかんやで見入っちゃう今作。レゴラスきたー!エルフのアクションはほんとスマートで美しい。他にもバルドやキーリなど、イケメン要員たちがピックアップされて、華が出てきましたね笑。続きが気になっちゃう終わり方も絶妙です。このED曲好き。
★★★☆3.5 レンタル。
The Hobbit: The Desolation of Smaug(2013)レンタル。橋を渡るシーンが多いなぁ(笑) オインが前作で潰された補聴器をそのまま使っているのに笑った、そして、その後イビツに直してあるのにまたニヤリ。それにしてもあの「樽ボート」シーン!アトラクションみたいで楽しそう、乗ってみたいなぁ。転がるし!もうコメディ路線か…?(笑) 何より今作のEDソング「I See Fire」が私の大好きなエド・シーランてところだけでもポイント高いかも(笑) 三部作一気観祭り。
5点。以前の鑑賞時に感想を書き忘れてたので改めて。いつもながらの長尺の冒険物語。前作はLOTRからの余韻と期待値込みでそれほど悪い印象はなかったが、次から次に山場が訪れていた(と記憶している)前作に比べるとつなぎの回で説明も多くなったためかやや退屈に。確かに最後に出てくるドラゴンの迫力は凄いがそこに至るまでが全然話が進んでいる感がないし、競うように登場人物たちが折り重なるLOTRと比べてもただ逃げ回っているだけの正直使えない(笑)ホビット族だけでは華も少ない。やはり3部作は立て続けに見たいところではある。
指輪物語は何周もみてるのにこっちを映画館でみなかったのは本当にもったいなかった。ついにレゴラスが出てきたが少し切ない
なんか前作を覚えてないからなのか、前作からの続き感が全くなくて、唐突もなく話が始まった印象。あんまり話に入り込めなかった。冒険ていうより、アクションシーンが印象に残った。単純に多いしね。エルフのアクションはかっこいい。見た目も所作も美しい。あと、竜が普通に話し出してなんか冷めた。笑 いや、別に話しても良かったんだろうが、キャラが傲慢なただの悪いやつでガッカリ。
PJの奴、映画史に残る最低レベルの放置プレイをやりやがった…。大蜘蛛のくだりやビルボとスマウグの対面など心臓弱い人は要注意で、今回は6作品中最も展開にスピード感と「デカい化け物の恐ろしさ」が目立つように思える。男前すぎるバルド役のルーク・エヴァンズが、『ロード〜』のアラゴルン的役割をバッチリ果たしていて、原作未登場だけどエルフのレゴラスが後のビッグイベントに備えるため、タウリエルがロマンス要素を持たせるためにそれぞれ補充された。ドワーフの中でキーリだけ浮くほどイケメンだと思ったらそういうことか…。
え、ココで終わり?続きはどうなるの!?見たい!って思わせるのが上手いなあという終わり方。もう笑。戦闘シーンはさすが、エルフは美しいしドワーフも戦闘上手だし。予想以上に華麗だったのでドワーフまでもイケメンに見えてくる始末。口が達者なホビットも欲まみれなドワーフも見れば見るほど、実はおバカさんなのかな?と思ってしまうガンダルフも皆キャラクターとして愛おしいです。ドワーフとエルフのお姉さんの恋?(そもそも芽生えているのか?)の行方も気になります。
次作をみるため復習。
レンタル。完結編を観る前の復習として。「なんだこれゴブリンかいな」「我が子ギムリやで!」やのやりとりクウウってなる。ピージャクはギムリ好きすぎ! 私も密かにギムたんって呼んでるけれど。しかしこうして見返してみて痛切に感じる「タウリエルありがとう」の気持ち。当初はオリジナルキャラ投入してまで恋愛要素が必要なのかと思ったが、タウリエル抜きはなんか…。小さい毛の塊と小さいオッサンだけではなんか…。アオハライド的要素もたっぷり。よかったね。アオハライド観ないけど。
前作もうろ覚えだけど、正月っぽいし観たー。竜がカンバーバッチさんなのですね!英国俳優目白押しで目にも華やか。俺たちの戦いは始まったばかりだぜ!
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

ホビット 竜に奪われた王国 ブルーレイ&DVD セット3枚組を観たいと思ったみんな最新10件(11)

02/15:Toriatama
11/03:いも
10/03:早瀬
08/17:まーも
07/15:ララン
04/16:レオぽん
03/13:ようこ

ホビット 竜に奪われた王国 ブルーレイ&DVD セット3枚組を観た人はこんな映画も観ています


ホビット 竜に奪われた王国 ブルーレイ&DVD セット3枚組の評価:66% レビュー数:126
ログイン 新規登録