永遠の0 豪華版(DVD2枚組) 初回生産限定仕様

永遠の0 豪華版(DVD2枚組) 初回生産限定仕様
▶︎ 予告映像を観る
監督
山崎 貴
出演者
岡田准一
三浦春馬
井上真央
上映時間
144分
amazon.co.jp で詳細を見る

永遠の0 豪華版 初回生産限定仕様の感想・レビュー・登録(1345)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
宮部さん、何故なの・・原作を読めばわかるのか。しかしあの表情良かったな。あと、青年の時と、生き残った方々の今の姿の組み合わせが完璧だった。
★★★★あの時代にここまで『僕は死にましぇん』(←違うか)って言えるなんて!基本的にあの時代が嫌いなんで,あの時代の映画は苦手ですが。あの時代にこんなにも絆の深い夫婦があるかしら。あの時代を連呼して申し訳ないです。
劇場鑑賞した時思ったのと同様に、ラストの岡田くんの表情が一番見たいシーン。TVで観ても戦闘機や空母の美しさに感動しました。ドラマの方まだ観てないけど、観た方がいいかな?地上波のラストで蛍が流れないとかあったけど、CMのたびに入っていたからなんとなく満足。
劇場で観たときの感想でも書いたが、原作の最後の部分をカットしたのがやはり残念。原作のその最後の部分で私は泣いたのに。そして、宮部がいざ特攻となって海面スレスレの低空飛行で航空母艦に急接近し急上昇し急降下した理由を映画ではうまく説明していないのも残念。しかし、やはり素晴らしい作品。CGを多様したのだろうけど、戦闘シーンは見事で、ゼロ戦の勇姿も素晴らしい。劇場版ではサザンの素晴らしい主題歌が本編が終わってから流れたが、テレビ版ではCMの度に流れたのも嬉しかった(CMは邪魔だった)。
iku
良かったとおもう。久しぶりに映画見て号泣。話的に上手く出来すぎてやしないかって思わなくはないけど時代と国に翻弄されて亡くなっていった人がいるんだよという事を知るきっかけになるならそれは良い事じゃないかなぁって。とにかく演者さんが素晴らしい岡田君にはじまって夏八木さんや橋爪さんなど迫真の演技で引きずりこまれた。もう亡くなっている人もいるし色々考えさせられた映画でした。良作でした。
原作を読んでいたので、物語の良さもキャストも安心して観られるかんじ。友達が9回行くほど惚れ込んだのも納得。
素晴らしい映画。ベテラン俳優陣、主演の岡田准一の演技がとにかく凄みがあった。零戦や、赤城のCGや迫力ある戦闘シーンなど、見所満載でした。ストーリーについては、原作を読了済だった為、理解していたが、胸を締めつけられる思いで鑑賞した。余談ですが私は、20代後半の男性です。この物語が太平洋戦争の全てである、とは絶対に思いません。しかし、僕と同世代の人やそれ以下の世代の一人でも多くの人に鑑賞して頂き、真剣に戦争と向き合うきっかけになれば良いと思います。沢山の先人たちの築いた歴史の上に私達は生きていると思います。
小説を全て映画で表現することはできません。ですが、小説と比べることなく十分に作品として成り立っていました。監督、脚本で成功しているのか俳優で成功しているのか、いずれにしてもいい映画でした。
恐ろしいほど全体的にどうでもよかった、空中戦はかっこよかったし赤城も嬉しかったが。
個人的に新井浩文、濱田岳、染谷将太、そして今は亡き夏八木勲がとても良い表情だった。空中戦シーンも日本の技術を踏まえた上で、期待以上に良かった。以前なにかの番組で監督がこだわったという雲の映像も良かったな。戦争については実祖父を通して少しだけ話を聞いたことがあるけど、こういう時代だったという事実を世代に継ぐのは大切だと思う。10年後には私達はいないという夏八木さんの台詞が印象的だった。真の強さとは何か、生きるということ、考えさせられる作品でした。
メッセージがどうこう、とかいう以前に脚本と演出があまりに安っぽくて、全然、入り込めなかった。ここまで情緒でびっちょびちょになってる映画ははじめてみたなー。これ、ひょっとして大人向けの映画なんでしょーか?だとしたら大人舐めすぎなのでは。今まで見た戦争映画のなかでは一番安っぽい映画だったなー(映像ではなく内容が)。なんというか、人間が皆自分と同じレベル(のバカ)だとは思わないほうがいいよ、と一言つっこみたくなるよーな内容でした。
強い思いや信念が、人に影響を与えていく。宮部さんの人間性に感動。泣きすぎて翌日、目がポンポンにはれました。
原作未読。公開以降に話題になっていた程、戦争賛美や特攻美化は感じられず。が、恐らく幅広い層に観てもらいたいという思いから生まれたであろうエンターテイメント性の高さにより綺麗事感があるのも否めない。その辺りが戦争、特攻というものを扱っているにも関わらず少々作品自体が軽く感じられてしまう原因になっているよう感じた。キャストや画は高く評価したいが“反戦”の込め方に関しては弱いように思える。突き刺さってくる感じがなかった。
音楽と岡田さんの特攻の表情芝居はよかったですねー。脚本からしてそうだからしょうがないけど、戦争語りをする人は自分の芝居に囚われないで、NHKなどのドキュメンタリーなどの戦争体験者からにじみ出てる業みたいなもんを出してほしかったすなー。元々原作からして作者の狭い世界の想像力が滲んでしまっているので、真実かとかそういう話ではなく比較として映像としての迫力がない印象。あからさまに台本よまされて、それっぽいキャラやってるだけにしか見えない。台本が要求してるからしょうがないんけどね(繰返し)。CGもなー。
公開初日に映画館で見て、発売日にDVD購入。 結局DVDでも最初から最後まで涙。 時代を問わず、自分の親、祖父母、ご先祖様のことを知ることで、自分自身に誇りを持てるんだなぁと思いました。 だから人は歴史を学ぶのでしょうか。 私も、少しでも自分の子どもが誇れるような人間になりたいものです。
私たちが感じる当たり前ってなんだろう、と思いました。明日から早起きしよう。
観てよかったなぁ〜って思える作品でした。いっぱい泣いたし、いっぱい考えた。戦争なんてしなければ、失われなかった命がどれだけあるのだろう。国の道具にされた人達、普通に生きている人達が、戦争と言う名の下に殺したり殺されたりする時代。生きて帰る事を悪とした時代。そんな時代がもうこなければいいと切に思いました。
映画館で2度鑑賞、勿論ブルーレイ購入しました。内容は本当軽はずみに感想述べられないほど心に迫るものがあり、いろいろな戦争映画を観てきて、ほかの方のレビューなどでも美化しすぎているのでは・・・?などという声も聞こえますが、家族愛を重視で観るなら、これほどの良作はないのでは・・・!ラストシーンの宮部さんがどこまでも凛としていて何回観ても泣けてしまいます。これは本当によい映画だと思います。宮崎駿監督はそうじゃなかったようですが・・・
宮部一人を追う形にして、原作より、スッキリした話になった。ゼロ戦の戦闘シーンや、特攻機が打ち落とされるシーンは迫力があって見応えがあったし、岡田君のやつれていくさまや、直衛機の任務をこなせない事に叫ぶシーンは泣けたな。百歩譲って、戦争は良いとしても、国が特攻を人にやらせるのは最悪だと、再確認した。しかし、原作を読むと、作者が持っていた日本国や太平洋戦争を曲解していた人々への怒りの表現がたりない。その為の現代人の視点なのに、そこが不十分だなと思う。さらに最後が情緒のわりに、原作の一番の見所が改変はどうか。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

永遠の0 豪華版 初回生産限定仕様を観たいと思ったみんな最新10件(215)

07/29:あみ
06/28:早瀬
06/24:くーまん
06/16:896
06/10:たなつね
06/01:yuki
05/29:
05/23:歯科なう

永遠の0 豪華版 初回生産限定仕様を観た人はこんな映画も観ています

【Amazon.co.jp限定】アナと雪の女王 MovieNEX (オリジナル絵柄着せ替えアートカード付) [Blu-ray + DVD]
【Amazon.co.jp限

3901登録
風立ちぬ [DVD]
風立ちぬ [DVD]

5662登録

永遠の0 豪華版 初回生産限定仕様の評価:78% レビュー数:525
ログイン 新規登録