少年H DVD(2枚組)

少年H DVD(2枚組)
▶︎ 予告映像を観る
監督
降旗康男
出演者
水谷豊
伊藤 蘭
吉岡竜輝
花田優里音
小栗 旬
上映時間
122分
amazon.co.jp で詳細を見る

少年H DVDの感想・レビュー・登録(466)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
a
アーメンソーメンの続きはこんなに長いのか。丸焦げの街と死体を見て、変わらずにいられるか
なかなかない視点の戦争映画だと思った。むしろ、戦争映画というくくりは違うかもしれない。理不尽なことがたくさんある人生の中で、どうやって折り合いをつけていくのか、そういう教訓みたいなものがたくさんあった気がする。今まで少ないけれども戦争映画を観てきたけど、どの映画も戦争がどれほど悲惨で、苦しみに溢れていて、地獄みたいな印象を受けることが多くて、確かにそうだと思うのだけど、どこか非現実的で遠い感覚があった。(それは私が戦争を知らない世代だからということもあるけど)けどこの作品は戦争を過剰に演出していることがな
子の声は高過ぎ速過ぎ、父の声は小さ過ぎで、聞き取るのに神経を費やした。 /自分達の米を自分達より更に空腹の他人に与えるか否かのエピソードには考えさせられた。子の言い分も、母の言い分もわかる。実際にその状況になってみないとわからないけれど、私には与えることは出来ないかもな…。 /死体は出るけれど、グロテスクな描写は一切無し。よくある戦争物ですが、こういうのは忘れないよう何度だって観て良いと思うので、家族や大切な人たちと観るのにオススメします。
豪華俳優陣。神戸の戦前の街並みが素敵。そんな神戸も空襲で焼け落ちちゃうのよね。暗い戦争ものかと思いきや、ちょっと雰囲気が異なりました。普通の生活を送れなくなったときに自分を失わずに生きる方法を見出すのは大人も子供も大変。戦況が厳しくなった時期に感受性が最も豊かだと思われる10代の前半を過ごした人たちは、それぞれどんな大人になったのだろうと考えさせられる。
戦争映画だと思わず見始めた。どんどん戦争に巻き込まれていって、理不尽なことがいっぱいあって。よく知ってる地名も出てきて、神戸があんなことになったんだなぁと思った。水谷豊のお父さんがとても温厚でできた人だった。
戦時中民間レベルで何が起こっていたのか、戦後世代の僕らも戦争映画で知ることができる。この映画ではクリスチャンの生活が描かれており空襲シーンは圧巻。軍のメンツと国民の命を引換えにするような戦争は、二度と起こしてはいけない。それが伝わる だけで戦争映画は価値がある。7.5点。
原作も読みたい。少年の純粋な目から見た戦争の理不尽。両親がとても魅力的。不死鳥。
戦争という境遇に子どもが訳もわからず「そういうものなんだよ」と振り回されて、時代が違えば本当に全然違う世界なんだと思った。水谷豊のような温厚な父もあの時代はいたのかな。勉強になりました。
戦争という不自由。キリスト教を信ずる一家で育てられた少年Hも、好むと好まざるとに関わらず国家主義というひとつの価値観に縛られていく。終戦を迎え手のひらを返したように宗旨替えをしていく教官たち。大人にはそれができても、まっすぐな少年Hには理解できない。あの戦争はなんだったのか。もっとも暗い時代の話ではあるが過去の話と笑うことができるだろうか。戦後70年が過ぎ改めて思う。戦争を起こしてはいけないと。
巷に溢れてる戦争モノとは一風違う感じ。戦争中にキリスト教徒はどんだけ肩身が狭いモノかとヒヤヒヤしてたけど、主人公一家はそんなに風当りが強くなかったのが意外だった。もっとあからさまな差別されてたのかなと思ってたけど。でもお父ちゃんの取り調べは熾烈を極めるモノで嫌だったなぁ。しかもソレを家族に悟らせないようにしてたのが凄い。だから終戦後は張り詰めてた緊張が切れちゃったんだろうね。相棒ファミリーがちょいちょい出演してたのが嬉しかった。
この時代で生きた家族としては比較的いい生活を出来た家族なのかな? 擦れたところもなく同情心を売るようなお涙頂戴ではなく、明るく未来の見えるお正月にふさわしい映画だった!
★★★☆☆ 淡々と描かれてて地味だけど結構いい。でも、何かインパクトが足りない。エンタメではないから仕方がないけど。真面目な作品だな。
私にはお久しぶりの映画鑑賞。何気なくテレビつけそのまま視聴して少し後悔。元旦から苦手な戦争が関わる作品を観る。でも水谷豊さん他なんと言っても子供たちの演技に引き込まれ、笑ったりホロリとしたりで楽しんで観ることが出来た。観ながら常に感じたのはこの時代の人々の悲しさ、たくましさ。そして私の子供達にはどうか平和な時が少しでも長く続きますように、、、という願い。大人に振り回される子供達が本当に可哀想。でもどんな状況でも芯をしっかりと持つ。肇くんが戦後の大人達をワカメのように例えたのが印象に残った。
見所満載、思いも満載であります。しかし、キリスト教信者は強い!そんな米国相手に家屋敷を損壊された心境は日本人?!なんでしょうか?測りしてないものがあります。
戦争の理不尽さが子供の目線で描かれていてひしひしと伝わってきた。水谷夫妻も素敵。
★★★★★★(6)この時代を生きた人たちの生活、考え、行動等がよく分かっておもしろかった。しかし戦争は恐ろしい。小説読みた。
大切にしていたミシンも壊れ、戦争によって大事なものを失ってしまった盛夫の姿にウルっとさせられました。その後奮起しキラキラした顔でもう一度ミシンに触れる盛夫にはワクワクしましたね。あんなに幼かった肇の人間としての成長もなかなか面白かったです。一つ言うなら長編小説をぎゅっと短くしたように話がさらっと進んだのは少し…。オトコ姉ちゃんが縊死したことやうどん屋の兄ちゃんが捕まったことがその後触れられずにいるのがなんだかって気持ちになりました
はじめと同じくらいの歳の子が観るにはいい映画だと思います。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

少年H DVDを観たいと思ったみんな最新10件(68)

02/22:豊後姫
02/06:マスト
01/03:mono
12/17:pttrxx
09/23:くみ
05/13:臼倉脩透
03/31:†JANUS†
03/06:ちゃこ

少年H DVDを観た人はこんな映画も観ています

風立ちぬ [DVD]
風立ちぬ [DVD]

5683登録

少年H DVDの評価:76% レビュー数:177
ログイン 新規登録