バーバリアン怪奇映画特殊音響効果製作所 DVD

バーバリアン怪奇映画特殊音響効果製作所 DVDの感想・レビュー・登録(88)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
★2.5 野菜切るのは面白い。ゴア描写を想像しながら観ると尚更。
音響効果を創る主人公が狂気に嵌まっていく様子を描いたアイデンティティー崩壊ホラー。 視覚ではなく、聴覚と字幕でグロさを表現している珍しい作品。ディビット・リンチ作品を彷彿させる作品の難解さも相まって、終始変な緊張感があった。
【書きかけ】前から観たかったやつ、やっと観れた。70年代ジャッロの音響という目のつけどころが、まず何より素晴らしい!(>_<) 『バートン・フィンク』をずっと思い出していたが、あちらがジャンル映画としてのプロットと、ギリギリ最低限の観客サービスを保持してたのに対し、こちらはそれらを完全に欠く。つまり、藝術映画であります。
じっと見てるのが辛くて早送りしながら見た。旅費精算してくれなくてまぢ病む。。。
すごく中途半端だった。
hulu。ホラーなのかと思ったんだけども、、、異国のブラック企業で精神を病む男性の話であった。ある意味ホラーではある。面白いかと問われたら面白くなく(爆)主人公と一緒に陰々滅々な気持ちになっていく感じ。映画と一体化できると思えばいい、、、のか?
トビー・ジョーンズの顔がいいし、トビー・ジョーンズの顔を好むひとには一定水準以上は楽しい映画。なのではないでしょうか。なんか気味が悪い気持ち悪い感じの雰囲気がけっこう好きでした。音がよかったし顔がよかったし、映画の楽しさってこれじゃーん。と思います。充分です。うしろのほうでストーリーがわからなくなり最後は「?」となりましたが、でもこの映画にはこの映画の個性があってそれをわたしは気に入ったからいい!のです。演出が好きなホラーって貴重なのです。
もうちょっと考えながら観るべきだったか。OPがかっこ良かった。
往年のハマーフィルムやジャーロ映画を思わせる暗い雰囲気を漂わせた作品。味のある顔の俳優陣も何だか嬉しい。撮影もなかなか。でも、ストレスを溜めに溜めた主人公が最後に豪快に殺戮を繰り広げるのかと思いきや、日本人の自分にはよく分からん宗教的な符丁みたいなムカつく上に全くスッキリしないラストだったので、途中まで抱いていた好印象が嘘のように消え失せ最終的にただの煮え切らない映画になってしまった。竜頭蛇尾ってやつ。あとたぶん「魔女に与える鉄槌」が出てきた気がする。
イタリアのスタジオに招かれた英国人音効。小柄ではげ頭、低血圧そうな顔。母親と近しい仲なことが送られてくる手紙でわかる。事務の女性はつっけんどんでプロデューサーは横柄、渡航費の請求もたらい回しにされる。収録するSEは女性の叫び声と人体を損壊する音のみ。「これは一体なんの映画なんです? グロいシーンばかりだ…」野菜をつぶしたり千切ったり切り刻んだりするうちに男は精神の均衡を失っていく。
zan
悲鳴、悲鳴。早く旅費を出してやれ。野菜がもったいない。
けっこういい視点だ。特殊音効と狂気がいいかんじに混ざり合っていた。主人公にはイタリア語自体がまったく不気味に聞こえているはずだ。そこがいちばん怖いところかも。
ホラー、ジャーロ映画を暇があれば観る身としては本作のような作品は特に深く考えなくても興味深い。だって映画を盛り上げる貴重なSEを作ってる現場が観れるんだよ!ただ、それをわかっても映画はわかりやすさを欠如したまとめ方をするので観終わったとは妙なモヤモヤが残る。似たような題材の映画のミッドナイトクロスのほうがまだ娯楽映画。本作も悪い作品ではないが割と特殊な部類に入るので敢えてそういう映画を探している人は是非。
BSにて。知識は予告編の内容を所々覚えてる位。てっきりホラーなのかと思ってたらブラック企業話じゃねーかw作品の印象を決めるかなりの割合を占める音響の裏舞台を見れたのは興味深かった。舞台がスタジオとアパートだけなのに腹立つ監督や助監督(?)、逃げ場の無い状況やストレスの溜まる環境など画が同じでも人間模様の面白さで退屈しなかった。今まで自然番組の音響を手掛けてたのにいきなりホラーの音響をぶっ続けでやってたら心も病むよな…。最後のシーンはもしかしたらギルデロイがあの瞬間に精神を壊されたって事なのかな…。☆☆☆
ホラー映画かと思ったらブラックな職場でおっさんが病んだだけでござるの巻。現実とホラー映画の区別が曖昧になり凶行に走るんだろうと読んでいたら真面目に働いてるおっさん。 ショックシーンもゴアシーンもない所か血の一滴すら流れない。流れるのはスイカの果汁。 所謂雰囲気映画で暗く陰鬱な空気があう人には楽しめると思う。 個人的にはホラー映画の裏側を観れただけでそれなりに満足。
tei
雰囲気や写し方が好み。しかし、物語はさっぱり分からず。観終わった後、正体不明の悲しさと虚しさに包まれる映画。主人公が外にいる描写が一切無いので、ひょっとして彼は最後、映画の中に帰ったのだろうかとも思う。母親からの手紙の文が声優の口から出たのも不思議だし。とにかく、あんな職場辞めてしまえ。
サントラがBROADCASTってのに惹かれて借りてみた。あらまとーっても好み♡全体に流れる不穏な空気。魔女やらなんやら好きなの尽くしです。腐敗してゆく野菜とか、サム•テイラーウッドみたいな画面の暗いトーンや光の加減も美しい。ただひたすらにホラーな映画に音を入れていくだけなのに、面白い。言葉が通じない上にブラックな職場でのフラストレーション。旅費ちゃんと貰えるといいね!
劇中に音だけで表現されるホラーよりもっと不気味な人々の中に放り込まれる英国人の録音技師。かなりイヤ〜なタイプのイタ公スタッフに悩まされる。見知らぬ土地での孤独の怖さ。そしてスタッフが美味しく頂かなかった腐敗する野菜と無機質機材の対比はなかなか。よだれものの録音機材やテープエコーを眺めるだけでも楽しい。サントラにBroadcastってチョイスもこれ以上ないくらいにはまっている。良作。
ラスト全く意味がわからなかった。あんまりホラー映画って感じしなかった
ホラーとしては弱いけれど、映画製作の現場が新鮮で興味深く観られた。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

バーバリアン怪奇映画特殊音響効果製作所 DVDを観たいと思ったみんな最新10件(20)

07/21:たまリロ
04/11:cyacyai
04/17:コロ助☆
04/09:潤子
11/19:haru
01/24:タマノ

バーバリアン怪奇映画特殊音響効果製作所 DVDを観た人はこんな映画も観ています

キャビン [DVD]
キャビン [DVD]

1114登録

バーバリアン怪奇映画特殊音響効果製作所 DVDの評価:84% レビュー数:37
ログイン 新規登録