きっと、うまくいく [DVD]

きっと、うまくいくの感想・レビュー・登録(1415)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
75点。 素敵な映画でした。長尺の作品って見るのが面倒と思ってしまうんだけど、インド映画のエンタメ性を考えると、このくらいのボリュームが無いとむしろダメなのかな、と。清々しいほどやりきってくれる、ハッピーな映画でした。
ようやく踊るタイプのインド映画を観られて感無量。 1時間ごとぐらいに映画1本分の盛り上がりを感じるので、3時間で殆ど退屈せず。回収されていく伏線が気持ちよすぎる。そしてこの1本で5回ぐらい泣いた気がする。 ランチョー役が44歳だなんて。 日本でなら堺雅人、ライス関町、向井理などと勝手な妄想・・・(ちょっと薄いか)。
自分にとって,久しぶりの名作.途中で挟まれるインド音楽には笑ってしまった. 就活など,自分の進路に関する時期なだけにいろんな意味をもって作中の発言が響いてきた.いろんな意味で考えさせられ,気持ちの良い映画だたt.
丁寧に作られた快作。クライマクスへ向かう流れ、どうやって考えたのってくらい完璧。その後のシーンもスゴイ。製作者の作品に対する愛が感じられた。
本当に凄くて本当に最高な映画。全然隙がない。お馬鹿で破茶滅茶な3馬鹿が大学でトラブルばっかり起こすんだけど、それが少しずつイヤな現実を変えていく。ランチョー導師の言葉は一つ一つが的を得ていて、毎回ハッとする。インド映画独特の合間の歌シーンも楽しんで見られるシーン展開。見えない何かに縛られがちな人たちに見て欲しい。今を変えたいけど勇気が出ない人たちにも。
長さを感じさせず、ぐいぐい引き込まれて観てしまった。バイタリティ溢れる逞しいインド人という印象を持っていたので、インドが自殺大国とは意外だった。その日暮らしの極貧の人々に比べれば、教育を受けられる者は恵まれて幸福かと言えば、必ずしもそうではないことに改めて気づかされる。幸福とは、失敗を恐れず他者に翻弄されず、好きで仕方のないことに、ただひたむきに打ち込むこと。何とシンプル、でも真実を突いたメッセージだろう。ラストは爽快ではあるけれど、最高潮は中盤か。ランチョーとピアの恋の顛末は、詰め込み過ぎ感があった。
また観たい名作――たぶん、他に評する言葉はいらない作品です。映画の横顔には、2009年の本国公開時のインド社会の(既視感が強烈な)高等教育と格差を巡る悲哀の表情があります。階層上昇の手段としての点取りと学問の疎外、結果としての若者の自殺、拝金主義、創造的な教育への要請…そして何よりもエリート大学を舞台とした物語が興行的に大成功を収めたという事実が、インド社会と人々の境遇を雄弁に示しています。これだけ明るい映画なのも、主題からの必然かもしれません(でないととても重い)。
良い映画に出会えた。綺麗にまとめられラッピングされているような印象。観た後清々しい余韻が残った。(好み度★★★★★)
10点。久々に観てみたくなりDVD引っ張り出してきたが、相変わらず3時間の長丁場の疲れを感じさせずハイテンションで120%楽しませそしてホロリともさせてくれる、個人的にインド映画の最高傑作と断言できる一本。変な見栄や虚勢とかが一切ない見ていて気持ちよすぎるランチョーの行動、不器用ながらも彼に魅了され徐々に力強くなっていく3バカの残り2人など、とにかく登場人物たちの個性が豊かで感情移入しまくれる。ラストに向け全ての疑問が一気に回収されていく脚本もお見事。もうこれはロケ地のラダックまで行くしかないなあ(笑)。
久し振りに良い映画に出会った。自殺大国であるというインドの社会問題を風刺しているが、コメディという軽いタッチと、明るい作風で描くことによりそこまで重苦しくならずに観れるのが良い。大学生の青春コメディとしても、ランチョーの行方を探すのはちょっとしたミステリーとしても、そして彼の生き方や箴言からはヒューマンとしても楽しめる。万人におすすめしたい。170分と長丁場だが、それを微塵も感じさせないストーリーと音楽と踊りと映像に魅了された。初ボリウッドだったが完全に虜になった。笑えて泣けて、元気を貰える傑作。
落ち込んだらみたくなる。
こういうテンション高くしていけば大丈夫みたいな映画は見ていてつまらないし、気分が悪くなる。
人に誘われ何となく観たら、すごい内容の映画だった!超エリート校の「3バカ」が巻き起こすカラッと明るいストーリーで、シナリオ・演出・演技・歌唱・ダンス、全てが最高。劇伴音楽の幅が非常に広くて、コミカルだったり効果的な演出を担っていたり、映画1本で色々なジャンルが使い分けられている。歌がキャッチーで覚えやすいのも良かった。学長の分かりやすい「悪役」感と、そんな悪役でさえ手も足も出ないハプニングが……という下りが好き。所見でも「これは誰にでもオススメできる」、と感じる良い映画だった。
暗記ではだめ、その理由が描かれた一本。情報を詰め込もうとしたり、それが求められていると感じていた時期がある。今となっては思いだせないことや自信のないことも多い。知識やスキルを持ったなら、失敗を恐れずに使ってみる。何かを生みだし、新たな道を切り拓いていく。その過程に学んだことは価値を持つんだなーと思えば、使わずに忘れていくのが急にもったいなくなって、慌てて思い返したり。
ラストの舞台がまさに絶景。
こんなに面白いとは!インド映画! 最後のオチも良かったし、天才ってやっぱり人と違うのね
初ボリウッド。なのに、ストーリーも映像も音楽も、全部ものすごく楽しめた。折に触れて思い出したい映画。
この映画は学問の追求でなく良い成績の為の競争を促す大学制度、意見や議論でなく服従や暗記を求める教育者、内面的幸福でなく外面的幸福の為の就職を求める保護者等に、写真好きの青年、家族想いの青年、科学の才能に溢れた青年等を通して問題提起をした映画です。 私はこの映画を行動的な知人に勧められて観ました。私はAll is wellという合言葉、南国風の挿入歌、登場人物の突飛な行動等で気分が明るくなりました。 また、私は突飛な行動、前向きな発言、情緒的な成長をする主人公達に惹かれ、起伏に富んだ展開を楽しめました。
ここ数年で観た映画の中でもトップレベルに面白かった。社会風刺を取り入れた青春ドラマが繰り広げられる過去視点と、ランチョーの謎を追うミステリー映画のような現在視点。笑って泣けて考えさせられる、素晴らしい映画だった。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

きっと、うまくいくを観たいと思ったみんな最新10件(245)

12/04:コバ
11/24:長根
11/12:ichigo
09/09:潤子
09/08:プル
08/28:ケビン
08/26:ゆか
08/12:むーみん
06/28:Manponpin

きっと、うまくいくを観た人はこんな映画も観ています

風立ちぬ [DVD]
風立ちぬ [DVD]

5685登録

きっと、うまくいくの評価:64% レビュー数:456
ログイン 新規登録