トランス [DVD]

トランスの感想・レビュー・登録(387)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
頭を打ち肝心な記憶が抜けた主人公は、その失われた記憶を探しに深層心理のなかへすすむ。僅かに浮かび上がる拭いきれない闇から浮かび上がった真実は、あまりに個人的な病だった。…わけですが、後半の怒涛の展開がすこしきになるなあ。
You
催眠とかドラッグとか夢とか妄想とかがメインテーマだと、映像的・真偽的になんでもありになっちゃうからなー。中途ハンパに映像芸術めきがちなのも多い。それでもそんな中で筋の通ってた作品だとは思います。さんざん思わせ振りに引っ張って最後のネタバレが語りってのはちょっと…もう一工夫して欲しかった。素直に感想を言えば面白かったし、集中途切れず引き込まれました。ラストの語りで俗な後味になったけど、それがなければ訳わからなさで言ったらメメントやインセプションに並びそうなわけわかめちゃん映画だったな(笑)
スタイリッシュな映像とスピーディーな展開で最後まで楽しめたんだけどなんか納得いかない。催眠療法なんでもありかよ!面白かったけど勢いで押し切られた感じがします。誰にしろ悪人には違いないので勝手にやってろ感がすごい。意外とグロかった
万能すぎる催眠療法。そこを納得させる努力が足りないと思います。悪い映画ではなかったけど、『インセプション』が上位互換なんだよなぁ。
まさに陶酔……! 現実なのか、夢なのか? 浮遊感漂う映像とスピーディーな展開に魅せられます。そして唐突に挟まれるエログロ……不思議な映画でしたわ。
あなたはアレが好きだったわよね、だから準備してくるわ、とかいってバスルームに消えたヒロイン、全裸で戻ってきたとき下半身がぼかされてたから、てっきりぺ○○ン装着してきたと思ったが違った。あとヴァンサン・カッセルの役どころがズルい。
久しぶりに再鑑賞。二回目でもやっぱり観てる方もトランスしてくるような展開は流石ダナァと思う。一回目はこの手の映画にも慣れていなかったので結構振り回されていた感があったが、改めてみてこういう終わりはイギリス映画っぽくていいなと思った。
サスペンスミステリーかと思いきや…って感じでした。復讐物語。
なかなか難しい(;_;)
夢、催眠、現実……どれがあれだ?って誰もがなるんだと思うけど案の定なった。集中しきれず。ただ、音楽が最初から最後までよかった。
スタイリッシュな映像と音楽、スピーディーな運び、どれをとってもダニー・ボイルのテイストだが、序盤から中盤にかけての疾走感は然程でなく、過去の諸作の数多の場面で実感した陶酔感には至らなかった。構成に瑕疵があるようには思えなかったが、中盤に弛んだ印象を持ってしまったのは何故だろう ? 終盤は、ショッキングな映像を挿んだり派手なアクションで盛り上げたりサービスに努めてくれたが、納得はできても満足には至らなかった
なくなった絵を探す物語かと思いきや、思わぬ展開!現実か虚構か?観ててわからなくなる。催眠療法ってこんなに効くの!?とか、絵をカッターで切っちゃって大丈夫!?というのはさておき(笑) 赤や青の光や音楽が印象的だった。
夢の中みたいな水の中みたいなもどかしさのうちに時間が経っていくのは予想どおりだったのでちょっと気を抜いて観ていたら最終盤になってものすごく派手に展開して驚いた!そしてあっけにとられているうちに終わってしまった。まあ、一種痛快ではある。かなり非道な職業的犯罪者も必ずしも報いを受けたり改心したりすると限らないのがヨーロッパ映画。独特の大人っぽい余韻を残す。
まったくないようも知らず、なぜ借りたのかすら覚えていないのだが、借りてしまった以上見なくては。というわけで鑑賞。いやあコレはなかなかに面白かったですよ。最後まで何が何やら分からず、催眠なのか現実なのか・・・ あれ?インセプションでもそんな感じだったかな?まあ似てると言えば似てるけどそんなには似てないか。最後の最後にそういうワケだったのかと驚きましたよ。 ずっと主役だと思ってたのは主役じゃなかったのね・・・ うむ。こういうの好き。ところで今は映画だったらモザイクかけなくて良くなったのかしら?
5点。いつもながらのダニー・ボイルの疾走感あふれるスタイリッシュな映像で繰り広げられる犯罪サスペンス。しかも当事者が記憶をなくした状態から、徐々に思い出す過程でいろいろなことがつながっていき、というなかなか工夫された構成。ミスリードを誘うような幻想か現実かもわからないエピソードで散々振り回されたので、真相が見えてきたころには疲れてしまっていたというのが正直なところだが...しかもネタバレがセリフというのも残念。こういう技巧は嫌いではないだけに、今回は何となくダニー・ボイルのセンスだけで突っ走られた感あり。
オリンピックを手掛け巨匠になったダニー・ボイル監督…あの“トレスポ”続編制作の発表には驚いたが、その前に原点回帰した様なエグさを見せたのにはニンマリ。 タイトル通りに催眠状態下に見せる記憶がポイントとなり、盗まれた絵画以上に衝撃的な事実が明らかに。 と書いたものの、ネタばらしがあっても、ラストは大した驚きの余韻にはならず…それは監督のトランスな混乱のまま終結狙いもあるが、本当の“仕掛人”のキャラがしっかり描かれてないので、腑に落ちない行動が引っ掛かったけど、にしても映像美はさすが...★3.5
評価:★★★★☆ 物語とダニー・ボイルの演出は合っているものの、"感情移入できる登場人物がいない"のと"夢と現実を行き来する話で全編通してモヤモヤ感がある"のが主な理由で作品に入り込めないから作品としての完成度は高いとは思えない。意図的に入り込めない様にしているのなら、それを利用するくらいしてほしかった所。
zan
よくできた話。でもあんなに催眠療法の言うがままになるなんて、純粋いや単純なのだろうねマカヴォイ。赤いアルファロメオの女性は可哀そうだった。
fkr
催眠特有の説明前提の作りなので退屈だが、お話はしっかりしている。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

トランスを観たいと思ったみんな最新10件(71)

06/01:かおる
04/26:言音
03/09:
12/06:tktk_tent
10/17:イド
07/21:Morris

トランスを観た人はこんな映画も観ています


トランスの評価:75% レビュー数:146
ログイン 新規登録