クラウド アトラス ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産) [Blu-ray]

クラウド アトラス ブルーレイ&DVDセットの感想・レビュー・登録(810)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
いわゆるパラレル編集もの。時間を錯誤させるテクニックが少し凝ってる。面白かったところは『作家が批評家を殺して、カルトヒーローになって物語が売れるも捕まる。著作権を持ってた編集者が金を手に入れるけど、作家のファンが詰めかけて金を奪いに来る』という展開でした。全体としては僕には合わなかったです。複数の話が合流する地点がほとんどない。どの話もストーリーラインが浅い。長い。同じテーマの話を6個したいだけならパラレル編集する必要はない。一つの話を時系列順にしたら、次の話を時系列順にやればいいだけ。
色々なストーリーがランダムに進行していくので、はじめは頭が混乱しました。見ていくうちにだんだんわかるようにはなるんですが…。色々な時代に各役者さん達がメインだったり脇役だったりで出てて、毎度の変身ぶりに凄いなーと思いました。エンディングで各役者さんの各時代の姿が出てくるんですが、全然気づかなかったのもあった。
ウォーリーを探せって感じでそれぞれのストーリーの中での俳優たちを見つけるのが面白かった。
一度見始めて脱落、再度の挑戦で最後まで鑑賞。原作未読。時代が異なる六つのストーリーが同時進行していき、それらのつながりが徐々に明らかになっていくという作りがミソなのだが、全体を通しての一体感が欠けていたため、一つの作品として成功しているとは言い難い。同じ俳優たちにそれぞれのストーリーで異なる役を演じさせるという演出も、一体感を作るよりも混乱させる側面の方が大きいように思った。輪廻転生する魂たちが織り成す様々な愛の形がメインテーマと見受けられたが、やはり三時間の映画の中で六つのストーリーは多すぎた。
初見かと思いきや、みたことあった!が、内容ほぼ覚えておらず。白人俳優が演じる韓国人に無理があり、とても不自然…。欧米から見るアジア人ってこんな感じなのかな。笑 最後まで気づかなかった役などあり、エンドロールの答え合わせは必見です。
★★★☆☆ 航海の話と作曲家の話が好きでした。 異なる時代で異なる人物を演じるの、どれが誰なのか一度の鑑賞だけで気づきたければ吹き替えがいいかも。 エンドロールで答え合わせあり。 楽しめたけど「感動巨編」は言い過ぎでは? ペ・ドゥナは人形とかクローンとか多いけど、他にもっと整ったアジア人ていないんでしょうか。そんなに作られたみたい美人とは思わないんだけどな。 特殊メイク、すごくって同じ人ってわからないくらいなんだけど欧米人⇔アジア人はまだ難しいんですね。ちょっと無理あるかんじ。骨格か~。 吹
どこがと聞かれると困るけど、なんか面白かった。みんなの七変化ぶりがやばい。エンディングで、この人、この役もやってたのか!ってめっちゃなった(笑)
ペ・ドゥナが可愛い!ペ・ドゥナとどこかですれ違っている人生なら、何度目かの人生で結婚していることを願いたい。つまり、そういう映画。だんだんつながっていくストーリーというか転生の関係性が必ずしもイコールでないのも面白い。何本もの映画を束ねたと見ると、一本あたりの映画は凡庸かもしれませんが、どんどんクロスさせていくことで点が糸になって紡がれて面になって裏返って縫い合わされて球になるというような、そんな大胆な構成で驚きました。良かったです。
観るまでずいぶん躊躇したけど、観てよかった本当によかった。一滴は大海になるのだよね。3時間あっという間。バカバカしくて笑えるし、泣ける。最高です。
これは、まさに、映画が起こした奇跡。
いくつもの時代のはなしを交互にやられると、混乱するのではと思いがちだけど、微妙にリンクしていてこれ登場人物全部生まれ変わりなんではと思うととても面白かった。クローンがいる世界のディストピア感最高
ウォシャウスキー。印象深い特殊メイク。一人多役。 SF小説が原作。 LGBT ・性・人種などの差別。トランスパーソナル。時系列別にリンクし合う6つの物語。自由と解放。運命愛。輪廻転生。デジャビュ。センスエイトにも受け継がれている?
時代を超え場所を変えて繰り広げられる6つの物語。一見何の関わりもないそれらが、次第に絡み合いひとつの物語になる…のだが、上映時間が172分とかなり長めである上に、時系列がもみくちゃにされており難解だ。しかし、作り手の物凄い熱量だけはビンビンに伝わってくる映画だった。オススメはできないけど面白いです。
ベン・ウィショーで声が前野智昭だと!? で見たんですが、これくらい強い動機がないと3時間は見るの躊躇う。動機の面では満たされました。あらすじから予想するより分かりやすいが、あまり引き込まれず。もう一回はしんどい。
良かった!誰がどの役やってるか見つけるのも楽しかった。大海の一滴となった人がいたから今があるのだな。でも人間はなぜ同じ過ちを犯してしまうのか。壮大なストーリーの中で繰り返される過ちと大海の一滴を観ていると、反ユートピアだと思った。人食い描写がR15なのかな?ベンウィショーの美しさったらない!
エージェントスミス出てらぁと思ったらマトリックスを彷彿としたウォシャウスキーだった。時代が色々と行き交っていて、面倒な印象を受ける。バタンとドアを開けたと思うと、他の時代でバタンとドアを開けている、そんな演出は結構好きだったけれど、言いたいことはわからんでもないが、とりあえず面倒というのが一番の印象。キャストたちの七変化を見るのは楽しかった。一番楽しく見るには、こいつは・・まさかトムハンクス!こいつは・・エージェントスミス!こいつは・・・なんだって!?ジムスタージェスこんなところにいたのか!というところw
舞台は、19世紀から24世紀。過去・現在・未来にまたがる500年の間、6つの時代と場所で、6つの人生を生きる男がいた。始まりは悪人だが、様々な数奇な経験を経て、やがて世界を救う偉大な人物へと魂が成長していく…。それぞれのエピソードが、一見アトランダムな流れに見えて、実は後に一つに繋がる圧倒的なストーリー。『マトリックス』3部作のウォシャウスキー姉弟監督が贈る新感覚SF超大作!!R-15 引退同然な音楽家と組んで成功しようとする若者など6つのストーリーが織り成す一大叙事詩。奴隷暮らしから自由になろうとする
6つの物語が目まぐるしく替わっていくので、正直ついていける自信がなかったけど、まったく問題なかった。それぞれしっかりストーリーについていけたし見応えもあった。それだけ演出も脚本もよかったんだと思う。しかも、エンドロールでビックリ!まさかいろんな役者さんが何役も演じているとは!それを踏まえたうえでもう一度見直したら、違った面白さがあるのかも。どの時代でも人間は業が深い生き物で、だからこそ文明も崩壊してしまったのかもしれない。それでも、いつの時代も愛(恋愛も友情も含む)はもっとも強く尊いものだと感じた。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

クラウド アトラス ブルーレイ&DVDセットを観たいと思ったみんな最新10件(101)

09/13:
08/10:イケヤン
01/30:cyacyai
01/09:mouchan
11/21:かみしの
03/30:わたなべ
03/14:浜渡浩満
01/29:matilda

クラウド アトラス ブルーレイ&DVDセットを観た人はこんな映画も観ています


クラウド アトラス ブルーレイ&DVDセットの評価:67% レビュー数:272
ログイン 新規登録