イノセント・ガーデン [DVD]

イノセント・ガーデンの感想・レビュー・登録(459)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
犯罪者の血は遺伝するのでしょうか?父の葬式に突然現れた叔父。親戚だからと優しくしていたら、どんどん家庭に漬け込んで踏み込んで、気がついたら家庭が崩壊していました…。父親が家族を守ろうと必死だったのに、いとも簡単にあっさりと殺されてしまう姿が切ないです。ですが、愛する娘も叔父のような変人でした。蛙の子は蛙かの如く、無表情で人を殺して行く姿に、異常者の誕生を感じました。18歳の誕生日に皮肉にも殺人者を生み出してしまった悲しい現実…。これはハッピーエンド?バットエンド?それを判断するのが視聴者なんでしょうね。
母と娘と叔父の三角関係的なエロい映画かと思って、早送りしてたら全然違っててびっくりしたw そっち!?みたいなw
不穏で美しく、ヒッチコックの名作「サイコ」を思い出すような感じ。観終わってから冒頭のモノローグ思い出すとぞくっとする。
出ている俳優がとても演技が上手だった。
綺麗な映像、主役が美しく眼福。観終わってから不気味さがじわじわきた。俳優目当てではあったのでその点では良かった。かっこいい叔父さんは予想以上にマッドでした。マシューグードとミアワシコウスカで良かった。
美しい映像、妖しい空気、突然現れる謎の叔父、そして次々と廻りの人間がいなくなっていく。気持ち悪さはあるが恐怖感はあまりない不思議な映画。主人公は美人だが笑わないインディア、そして少女と大人の境界線という不安定な時期から解き放たれていく。謎の叔父さんはほとんど瞬きをせず気持ち悪い。情緒不安定でほとんど駄目な母親。全編にまとわりついてくる気持ちの悪さ。見せ方の方向性としてはいいと思うが個人的にはあまり面白くなかった。★★☆☆☆
min
父親の死とサイコパス美形叔父の狂気に触れ、殺人快楽の資質を覚醒させていく少女の物語。そこに少女の葛藤や駆け引きは無く、時の流れと共に成熟していく過程を覗き見ているような映画でした。強い背徳感や恐怖が発生してもおかしくない状況でも、ゆったりと曖昧に流されていくような演出で、居心地の悪さを感じました。狂気を肯定していくスタイルは嫌いじゃないが、少女がすんなり受け入れちゃうので物足りない。しかし主演のミアが完成しきらない少女像を美しく艶かしく演じていて素敵。また物の使い方がいちいち暗喩的でエロティック。
DVD観賞。映像はきれいだけどありきたり。ピアノの連弾がセックスの暗喩だったり殺人に興奮してオナニーしたり、演出が陳腐というか、センス古くないですか? 叔父さんの正体も予想どおりだし。主人公の覚醒でトドメのように安っぽくなり、個人的には今ひとつでした。
ダークでエロティックなサスペンス。ピアノの連弾シーンとか靴を履かせるシーンとかエロかった。シャワーシーンは直球なエロだったけど。お父さんがハンティングをさせていたのは家系のことも考えた上で発散させてたのかな。他の見せ方で違った面白さが出そう。
【ネタバレあり】サイコパスだけど仕方ないよね、これが自分だもん☆と覚醒するまでのお話で良いのかな?理解力がなくてよくわかんなくて、100%入り込めなかった……。叔父さん気持ち悪いわー!でもインディアと同じく、演技が素晴らしい。ジョナサン部分が1番ぞっとした。ホイップくんかわいそすぎる。お父さんの頑張りは届かず、インディアは自分の本能のままに生きてしまうのね……。でも教えのとおり、獲物をじっくり観察してから仕留めていましたね。
マシューの瞳、ミアのほくろ。顔面だけで充分な映画。何度見たか分からないくらい好きだ。夏なので、久しぶりに。
〈スカートにも風が必要だ、私じゃないものが私をつくる、花が色を選べないように、人は自分を選べない、それに気づけば自由になれる、大人になると解き放たれるのだ〉本能が覚醒し欲望のままに狩りをする猛禽、恐怖は快楽へと変わり感覚は研ぎ澄まされる、無垢なものはどこまでも残酷になれる、家族だろうと容赦なく〈あなたが人生に絶望しもがき苦しむ姿を見たい〉〈あなたは誰?〉清々しい目覚めに少女はこの庭から逃れて大人になる、しかし夢は実現してしまった、運命からは逃れられない
人間の狂気を切り取ったサスペンスというよりホラー。ミア演じるインディアは自分の感情をほとんど吐露せず彼女の覚醒を語るのは映像やカット、演出。これが大成功だと思う。言葉では説明できない本能的な異常者な感じが漂う。理解し難い、それゆえ恐怖をそそられる。危ない好奇心を認めたくないという一方で時を忘れ映画にのめりこんでいる自分をとめられない。こんな中毒性を持った映像、もはや圧倒的としか言いようがない。脚本に若干粗さがあることにすら暫く気づかずに朝鮮人監督半端ない、と陶酔していた
邦題…ぜんぜん"イノセント"じゃないじゃん(笑) まぁ庭に罪はないんだけども…。ピアノ連弾のシーンとラストの獲物をロックオンした時の表情がなかなかだった。『目覚め』るまでの不安定な様子と、でも心の奥底では気付いてる感じがうまく表れててよかった。
ちょっと苦手。でも美しい映画。
とあるサイコパスのお話。お父さんはそれに気づいていたから、必死でそうさせないようにしてたんだね。落ちてくる形式のERは初めて見たかも
★☆☆ 何も変わらない
父の死後突然現れた叔父によって自分の本当の姿に気づく的な。見終わったあといろいろ調べて読んで「氏か育ちか」を思い出した。ミア・ワシコウスカの醸し出すあの雰囲気は映画にはあっていたのかな。あのネイチャー番組が伏線になってたとは気づかなかった。普通に楽しく観れたんだけど最後が雑だったかなー。
これは…好きな映画だけど、ニコールキッドマンの無駄遣い、、かな?
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

イノセント・ガーデンを観たいと思ったみんな最新10件(135)

07/23:潤子
02/09:じゅたろ
09/13:savaori
06/21:くろ
04/17:hanehiroko
04/11:さほみ
04/11:あきこ
02/21:paya
02/07:cyacyai
01/14:二十九日

イノセント・ガーデンを観た人はこんな映画も観ています


イノセント・ガーデンの評価:68% レビュー数:157
ログイン 新規登録