つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語 [DVD]

つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語 [DVD]
▶︎ 予告映像を観る
監督
行定勲
出演者
阿部寛
小泉今日子
野波麻帆
風吹ジュン
真木よう子
上映時間
138分
amazon.co.jp で詳細を見る

つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語の感想・レビュー・登録(228)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
★2.5 オールスターな感じだったが、ストーリーがいまいち残念!
最初は軽佻浮薄なムードに呆れて途中で見るのをやめようかと何度か思ったものの、後半からは静寂と陰影を織り交ぜながら本質的なプロットと演技力によって人生の重みを感じさせられ、エンドの歌詞で余韻に浸れてよかった。主人公の『お前を愛したのは…俺だけだった。ざまあみろ…』という台詞に救いを感じた。最後の通夜のシーンはしんみりと落ち着いた気分に浸れたので、結果的に見てよかった。
■面白かったのは、小泉今日子と荻野目慶子の壮絶な痴話ゲンカの場面だけ。 ■結局、なにを言いたいのか意味不明。時間と金を返して欲しい。 ■こういう映画を作るから映画人気が落ちるんだよ、と思わせる典型的なダメ映画。 ☆★★★★
なんか疲れた。 いまいちでした。 2016/2/1
こんな人って世の中にたくさんいるんだろうなーって。 身近にもありそうだ。 まわりを翻弄させる女。
死に瀕した女性、つや(艶)と関わった人々。そよ風のように関わった人たちの心に残る「横道世之介」という映画があったけど、相反して重く暗く関わった人たちを通して語られ思い出される「つや」。阿部寛の頬のこけっぷり、自転車の異常な漕ぎ方が何も語らなくてもつやに翻弄された人生を物語っていた。最後につやの顔を覗き込む3人が少し明るい未来を暗示して救われる。エンドロールと共に流れるCKBの「ま、いいや」がこの映画に本当にぴったりすぎて余韻を残した。
出演している女優さんの演技に脱帽。岸谷さんの役柄にはびっくりしました。
キャストと時間の無駄遣い。エンドロールの曲でオチつくって誤魔化してやがる。
大好きな風吹ジュンと田畑智子が出てるので観た映画。盛り上がりもあんまりなく正直なところ内容もあまりわからなかった。自由奔放な女の人「艶」が癌でもうすぐ死んじゃうってぇので今まで係わった男の人に連絡を取ろうとする今の夫松生。って話。
なんか話としてはあまりすきではないけど、出ている女優さんそれぞれの個性的な存在感が、ちゃんと1人1人いかされている映画だと思った。
う〜ん…。つやに関わった男共がアホすぎてビビる…( ´△`) 阿部ちゃんがアンガの田中に見えて仕方なかった(笑)
正しくは、つやという女性と関係を持った男に関わった女達にスポットを当て、愛の断片を切り取って見せる作品で、行定勲監督も考えましたね。 『桐島、部活~』系パターンでで、つやは病床で姿を遠目に見せる程度で、回想シーンも一切なく進み、かつ、オムニバス的な展開ゆえに、明確な答えはありません。 自分の艶やかさに正直に奔放だったろうつやですが、そうさせたのはダメな男達でもある(笑) 対して6人の女性達はつやにジェラシーや恨みを持ちそうですが、男と違って大人で…何だかんだで割り切って前向きな姿が印象的...★3.
もっとエロエロ(オンリー)かと思ってたけど、そうでなく、ちゃんとしてた。桐島方式?でつやの姿はほぼ見られず、だけど、中心人物で、皆人生をちょっとずつ狂わされて、ドーナツの役割で、つやがドーナツの穴。時系列で話が進んでいくのがとっても良かった。
5点。ある一人の女性の死を間近にして、現在の夫が彼女に関わった人々を追う中で発生するさざ波のような変化を描いていく。まあそもそも姿の見えない主人公である艶という女性が奔放だけに、関わった人間も(現在の夫含めて)妙な事情を抱えどこか変。なので、彼ら彼女らに押し寄せるさざ波も全く共感などを呼べる類のものではなく、むしろ見ていて滑稽にすら映る。こんな状況を、もはや確認することはできない艶はどういう気持ちで見ているんだろうか?
つまんなかった。面白かったのは、最初のワインのかけ合いのとこだけか、、、
完全に永山絢斗めあてで見る。
演技力のある人が集まると、こういう映画になるんだなって見本みたいな映画だな。
zan
名前からして艶だからな、色恋沙汰で波乱万丈は使命なのか。キョンキョンと荻野目慶子が赤ワインをぶっかけあってるシーンがよかった。ラスト諸々の女性がつやを思い浮かべたときの穏やかな表情が印象的。娘を見て逃げだす阿部ちゃんは良いとしても、真珠の岸谷は強烈。
下のコメントにもあったけど、つかみ所のない、見終わったあとにため息しかのこらない映画。女性は共感できるぶぶんが多少はある・・・・?
Yuu
愛の果ては憎しみを生む。そそれぞれの話がすっきり終わらず、余韻を残す。こんなテーマだったのだろうかと想いをめぐらしている時に流れるエンディング「ま、いいや」。このフレーズが映画全てをどうでもよくさせてしまった。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語を観たいと思ったみんな最新10件(30)

09/17:umeshio
12/13:
04/26:gumi
04/23:ぴ-
03/09:siO
03/07:yoko
03/03:capricorn
02/03:かもめ

つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語を観た人はこんな映画も観ています


つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語の評価:68% レビュー数:77
ログイン 新規登録