【Amazon.co.jp限定】X-MEN アダマンチウム・ブルーレイ・コレクション (ウルヴァリン・クロウ付) [Blu-ray]

【Amazon.co.jp限定】X-MEN アダマンチウム・ブルーレイ・コレクション (ウルヴァリン・クロウ付) [Blu-ray]
▶︎ 予告映像を観る
監督
出演者
上映時間
amazon.co.jp で詳細を見る

X-MEN アダマンチウム・ブルーレイ・コレクションの感想・レビュー・登録(325)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
前作?関連作品?を知らずに見たのですが内容分かりました。安堵。 ただ、トンデモジャパンだったwww 外人さんが好きな日本大盛り。 サムライ・ニンジャ・ヤクザ・浴衣・日本家屋。向こうの人はこう見えるのね、と。 蛇女と真田広之が格好良かった。 ノブローとマリコはキャラクター的に魅力がなかったかな。うーん。
おもしろおかしかった。真田広之すごくかっこ良かった〜!X−MENシリーズが続いているんだーと思うとうれしい。続編楽しみ楽しみ!
「ニンジャ?ニンジャ、ナンデ!」ヤクザ、ニンジャ、シルバーサムライw…非ミュータント勢が頑張り過ぎなウルヴァリンのニンジャスレイヤー的日本旅行面白かったですw幼馴染みキャラ(失恋&死亡フラグ)のニンジャマスターハラダにネイティブジャパニーズの役者を起用しなかったのが非常にもったいない!あとメジャーなエンタメ大作で長崎原爆投下を描写しているのは、大きな時代の変化を感じました。
期待をはるかに上回るおもしろさだったし新宿ミラノで観て大正解だった!ヤクザニンジャサムライロボット!日本のイメージのこのザックリ感よ!あのウルヴァリンが日本のラブホテル(しかも【火星探検】とかいう回転ベッドがあるわけわからん部屋)に泊まるシーンが観れるなんて夢にもおもってなかったわ。最高です
アメコミ的に見る日本ってこういう感じなんだなーとところどころニヤニヤしながらみてました!新幹線のところはアクションシーンとして凄く見所。 シリーズ通して好きだけどこれについてはかなりゆるく楽しめた!ただアクションよりもやっぱり日本人だからかな?くすっとくるシーンのほうが多めの印象w 観る前からよめてはいたけど満を持してのシルバーサムライの投入、それに新作への伏線が嬉しかったなぁ…新作妄想もなんとなくしてます(ぁ
【映画館】なんちゃって日本テイストが楽しかったです。ラブホや喪服は昭和ノスタルジイを感じて好き。お風呂シーンはあったけど、銭湯シーンとかもあったらよかったなあ。893に忍者に…芸者がいなかったのがザンネン!こういうノリで「ニンジャスレイヤー」も映画化したらいいのに。
いろんな人の感想を見て、そこまで期待せずに鑑賞。結果的に言えば結構楽しめました。日本描写がおかしいという人が結構いますが、これアメコミなんですよ? 漫画原作にツッコミ入れてどうするの?っていう感じで許容範囲。ただ、日本人のはずなのに片言日本語というのが気になったり、シルバーサムライをもっと活躍させてほしかった等の不満点はありますが、とても楽しめた作品でした
下手な邦画にヒュージャックマン出しましたって感じ!
2D字幕。日本が舞台なのは嬉しいが…ヤクザとかパチンコとかトンデモ忍者とか勘弁してー!って感じ。ノブローとハラダを演じられる日本人役者はおらんかったんかーい!あとジーン怖いッス(ケイラ派)。…と文句タラタラながらも上映中はニヤニヤ鑑賞してましたw 真田さんは文句なしにカッコよかった。それから意外にもユキオが良かったな。最後のアレはテンション上がりますねー。続編が楽しみ!
やたら「外人!外人!」叫んだり、狭い島国を500km移動したり、女子中学生が一緒にトイレ行くみたいに切腹したり、お涙がほしいシーンにかぎってカタコトだったり、おい日本!?と思うことはたたあれど、ちゃんと日本で撮影されてたんですね。新幹線上でのヤクザとの対決シーンは、劇場でみて良かったなぁと思える迫力。ステキなドスの使い方。
う~ん。ありっちゃあり(笑)
映画(劇場・字幕・3D )観了。★★★☆☆ ふふふ(笑)くだらなくて楽しかった!長崎原爆投下時に捕虜ウルヴァリンと日本青年兵士の出合いと別れから時を経て繁栄究めた現代日本へ。忍者、ヤクザ、戦闘少女、ロボットあり~のでニッポンテイスト満載のB級愉快な珍品作。ラスボスを含めたユルい感じが許せるかが評価の分かれ目かなぁ~(笑)一つ残念だったのは真田広之があまり活躍(その分、福島リラが良かった)しないこと(>_<) 新幹線でのウルヴァリンとヤクザのバトルは最高!\(^o^)/
真田広之が二番目にクレジットされていたの吃驚。日本人が大量に出てるのにこの日本描写ということは、やはり洒落でやってると見るべきでしょ。ただ「ニッポン、スバラシー!」と予告編で叫んでいたヒューが、本気にしてるのではないかと心配だ。私は一言物申したい。あれだけ大量に忍者が出ているのに、どうして誰も手裏剣を使わずに弓ばっかり打つのか。手裏剣のほうがずっとエキゾチックではないか!時代劇にかならずある「タタタッ」と悪人の体の周りに手裏剣の檻ができる、あれをやって欲しかったな。あとラブホ良かったです。やっぱ火星!
あははー…。やっぱりこうなっちゃったか…。ヘンテコジャポンな雰囲気たっぷりでお届けしました的な! これ「ウルヴァリン」と銘打っていなければ観なかっただろうなぁ。 「ガイジン」「ガイジン」言いまくるとことかは妙にリアルだったけど。笑った。そう、笑いどころは結構あったんで、楽しかった。地理的な矛盾にツッコミいれたり(笑) あはは。 しかし一番わくわくしたのがエンドロールんとこってどういうことですか! あとは予告編に全くいなかったジーン博士の顔が見れたのは嬉しかった。 109シネマズ湘南にて。
ヒューも真田さんもかっこよかった!!!!ウルヴァリンの素敵な肉体も眼福眼福。日本の描写がもう面白くて面白くて。ラブホも最高でした笑 ハラダの日本語のヘタクソ具合だけがちょっと気になる感じでしたが寧ろヘタクソで可愛かったからいいです。
思っていたより良かった、というのが正直な感想。マリコはともかくユキオが結構好印象。ハラダには物申したいけど、全体的には海外から見た日本のイメージを詰め込んだ外国映画な感じ。ま、その通りなんだが。最後の最後で、全ての不満を吹き飛ばして期待させてくれたので結果的に満足。ラブホテルが笑えた。
おおお!ブレードランナー現象(チャイナ化)が出ていない日本だわ!と思ったらちょっと途中から日本がブレてきた!何あの忍者村&城!どこの日本だ!!きさま~増上寺から上野までそう簡単に歩けると思ったか~ってか葬式にマシンガンもった護衛って警察なにしてーん!などなど、なんかもうニヤニヤしながら鑑賞でしたよね。どうやらこのエピは原作にあるらしいが、あのアイアンサムライに入ってるのは本当は息子なんだってね。良かったよね、だってじーちゃんすんごい恩を仇で返す系なんだもの。しかし不死身じゃないウルヴァリンって結構弱い。
映画館にて(字幕)。日本要素てんこ盛りで「つっこんだら負け」ってところも予想どおりw ハラダのこのシーンでこれはないよってずっこけました。そういうのが見たくて字幕を選んだとこもありましたw もちろん日本人を使ってもらいたかったですけども。ヒューと真田さんの対決シーンかっこよかったなあ。次作につながるおまけシーンも期待が高まりました!
X-MENシリーズを見ると、素が紳士なヒュー・ジャックマンの起用ってどこで決まったのかと不思議になる。脱いだら凄い役者さんはたっくさんいるけど、この紳士さはクリストファー・リーブ並みよね〜(古い???)とにかく筋肉好物の私には本当に美味しい映画なり(*^_^*) ハリウッド映画なのに日本人が総務省?のハラダ以外はちゃんとふつうの日本語をしゃべっていたり、日本の風景が多少の誇張はあるものの中華になってなくてホッ(;^_^Aマリコ役のTAOさんも女優初挑戦と言いつつ静かな華があって紳士ヒューにお似合いかと。
ヒュー・ジャックマンの筋肉凄いね。ラストはまさかの展開だったな。ハラダ役の人が日本語棒読みなのが気になったかなぁ。続編はX-MENに繋がるのかな?アヴェンジャーズには来ないのか気になるところ
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

X-MEN アダマンチウム・ブルーレイ・コレクションを観たいと思ったみんな最新10件(30)

12/07:ぺれ子
10/22:sachi
10/21:endymion007
10/05:啓しゃん
10/02:じょにー
10/02:たまコ
10/01:ヨダ
09/29:トオル
09/28:えふ

X-MEN アダマンチウム・ブルーレイ・コレクションを観た人はこんな映画も観ています


X-MEN アダマンチウム・ブルーレイ・コレクションの評価:81% レビュー数:131
ログイン 新規登録