悪の教典 DVD スタンダード・エディション

悪の教典 DVD スタンダード・エディション
▶︎ 予告映像を観る
監督
三池崇史
出演者
伊藤英明
二階堂ふみ
染谷将太
林 遣都
浅香航大
上映時間
129分
amazon.co.jp で詳細を見る

悪の教典 DVD スタンダード・エディションの感想・レビュー・登録(3144)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
原作は読了後、しばらくハスミンが追いかけて来そうで怖かったくらいインパクトがあった。映像化するならハスミンは誰?っていうのは誰しも考えてみたことがあるのでは?と思ったが、伊藤英明の名前は3日くらい考えてもでてきそうにないくらい意外な感じがしたが、案外よかった。山田孝之は使い方がもったいない気がしたが、好んで演じてたのかな? 〇ンツかいだだけで誰のかわかるのは嫌だ。吹越さんがよかった。
だいたい死ぬ
ただただ、人を殺していくという自分も気分が悪くなってしまった映画。ビートたけしの「アウトレイジ」も人を殺す映画なんだけど、あれは力関係が拮抗した人達が五分五分とやり合っているから不快感はないんだけど、この映画は先生がか弱い生徒を一方的にというからきついね。ただ、補足すると、小説はもっと主人公の心の中を細かく描いていて、残酷さよりも、サイコパスはこういうふな思考回路なんだと半分勉強になるなって感じで一気に読めたくらいの作品でした。映像化した分残酷さが目立ってしまったのが残念でした。
え~と。原作を読んでいないので「悪の教典」については語れませんが、この映画に関していえばただの「スプラッタムービー」の域を出ません。主人公が「何をしたかったのか」がさっぱり理解できないし「この人はサイコパスなので普通の人には理解できないんですよ。」って事なら本気でC級スプラッタムービーなのかな…と。ながら見程度で丁度良い感じ。
hulu。仕事しながら見るのに最適映画。学生役が無駄に豪華だったことを今回知ったww
色々残念な感じ。元相棒を殺した伊藤英明が、「殺しは快楽か?俺は違う」といったことを言うけど、ではなぜハスミンが殺人を犯すのかわからない。保身のための行為が行き過ぎてるだけかと思いきや、掲示板への書きこみは何がしたかったのか不明だし、結局殺しを楽しんでるように見える。二階堂ふみが烏と重なって見えたのはなぜ?原作読まないとよくわからない点が多いのかも。狂人のふりして責任能力なしと思わせるつもりでも、幻覚を見ている時点でハスミンは本当に狂ってると思うので、それに自分で気づいてないとしたら皮肉で面白いかも。
伊藤英明は英語がひどいなぁと思うけど、黒目がちな目とか雰囲気がハマリ役。銃がしゃべる幻覚とか、アメリカでのエピソードは現実味がなく陳腐に感じて萎えた。他のありえない部分はエンターテイメントとして受け止めきれるんだけど・・・。
この作品から異常さしか感得できない人はいないと信じたい。たとえば大島優子氏の「この映画が嫌い」発言は命が簡単に奪われるからという理由だそうだが、その見方を採用する必要はない。当然のようにサイコパスは自分でもあるのだから、映画という体験において、鑑賞者はサイコパスにオーバーソウルすべきだし、その体験を持ち帰った現実においては劇中にてサイコパスが仰った事実認識や責任能力の虚構性にガツンとぶたれているべきだ。その意味で大島氏のコメントを「この自分が嫌い」と訂正できれば、この作品鑑賞は素晴らしかったと頷けるはず。
劇場で観てからの再鑑賞。 内容は別として、良い出来だと思う。バトルロワイアルから、殺戮をゲームのように扱う小説や漫画が増えたが、その流れとは別のところにある映画(小説)と思えた。怖さも感じるが、どこか爽快さを刺激する部分もあって、そこは伊藤英明の演技が存分に引き出してくれているからなんだと思う。
ポップに血がプシャプシャで、音楽も良くてうっかり楽しい気持ちになった
伊藤英明の演技良かったなー。 原作読んでから見たから良かったけど、 直で見てたら何が何だか話が分からなかっただろうなぁ。
すごく良い先生だったハスミンが教師や生徒を次々に殺していく話。徐々にハスミンの異常な部分が現れていき、最後にどかんとやるというストーリーです。殺すことに全くためらいがなく、特に後半の殺しっぷりがすごいです。ただ、襲われる側からの視点があまりなく、襲う側からの視点を多く入れて描かれているせいで、生徒側がハスミンの異常性に気づいていくというようなスリリングな展開や日常がだんだんと侵食されていくような怖さは全くありません。完全に、クライマックスの殺人シーンを見せつけたいがための映画になってしまっています。
Hulu 英語の発音がね…残念だ。 山田孝之が…出演してたのね。
再視聴。伊藤英明にもう少し英語力と演技力があれば…ルックスはいいんだけど…黒目が妙に大きいところが不気味でいいんだけど…今なら鈴木亮平でいけるんじゃないかな…(いわゆる美男子ではないけど)。続編あるなら検討してほしいなあ。生徒役の子たちは総じて良かった。【付記】待って、今ならディーン・フジオカがいるじゃん!?
55点。 んーっと・・・殺戮モノは大好きだけれど、カタルシスがないとちょっとあとで物足りないと言うか「何見たんだっけ?」くらいの感じになってしまいます。でも伊藤英明と言うチョイスは良いと思う。伊藤英明って、イケメンで背が高くて爽やかで笑顔が嘘臭くて、胡散臭さの塊みたいな俳優だったもんね。でもサイコパスなのか何なのかわからなかった。それと、主な生徒がそれぞれの色を持っていて良かったです。それが1番かな。出来としては、間延びを感じてしまうところも多々ありました。あと英語変です。
★3.5 続くの? 生徒豪華すぎ!エンディングの歌最悪!
考えていたほど怖くはなかった。(私の頭の中のほうがよっぽど怖い!?)学生が個性的で、生き生きと描かれていた。最後まで息をひそめて生き延びる2人の震えるような怖さが伝わってきた。伊藤英明が、狂気を現さない狂気を演じきったと思う。これからいい人には注意しようと思う。
スタッフロールでがっかり&がっかり&がっかりという感じで放心している。なぜ……なぜ……作品の雰囲気を最後に台無しに……してしまったんだ……作品の余韻を残して終わりたかったら絶対にスタッフロールの前に映像を切ってください!!!!!!!!!!!!!お願いです!!!!!!!!!なんで……どうして……色々感想も暖めていたけど全て掻き消されてしまった。ハスミの真相に迫るシーンや、鮮やかな惨殺シーンなど見どころはたくさんあるが、スーツ×黒手袋×猟銃のサイコパス伊藤英明さんは最高だった、とだけ言っておく……
なんでぱるるやねんって思いながらみてて最後のキャストみて間違いだったことに気付いて損した。ぱるる最悪だな。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

悪の教典 DVD スタンダード・エディションを観たいと思ったみんな最新10件(384)

11/18:嘴本
10/08:聡吉
10/07:涼子
03/31:すずらん
03/29:わたなべ
01/06:kisora
12/18:ルナ
12/16:whitepigzo

悪の教典 DVD スタンダード・エディションを観た人はこんな映画も観ています


悪の教典 DVD スタンダード・エディションの評価:60% レビュー数:942
ログイン 新規登録