オズ はじまりの戦い ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

オズ はじまりの戦い ブルーレイ+DVDセットの感想・レビュー・登録(1034)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
わざと古臭い演出にしてるのと、不思議な世界を感じさせる色鮮やかな映像が良い味を出してる。でもそれを感じたのはやはりカラーに切り替わるシーンと花火のシーンで、あとはまぁ可もなく不可もなくって感じ。ところどころ3Dを意識した撮り方なのかなあれは。
モノクロからカラーになるところがすべて。それ以外はつまらなくはないが凡作。でも家族で見るにはこういう刺激の少ない映像の綺麗な作品はぴったりなのかも。陶器の女の子が最高でしたね。そういえばなんで魔女はほうきに乗るんだろ。あの顔面はマスクを彷彿とさせる。洋画は子供向けでもエロい女を出すからすごいよね。性の扉が開く子供が出そう(笑)
★★★☆☆3.5 序盤のモノクロの世界から色彩豊かな魔法の国に移る手法が素晴らしい。より鮮やかに見えるね。初めはオズが好きになれなかったが、カッコいい主人公に変わってくれた。他のキャラも愛着がもてていい。ラストの星を降らすシーンの映像がまた素晴らしく良かった。
うがった見方をする癖があるから、いや、こいつこそ嘘ついてるんじゃね?と出てくる人出てくる人、疑ってしまった(笑)グリンダを疑いの目で見てしまう私は性格が悪いんだろうな(^^;それにしてもオズの国は綺麗だったなぁ。
原作を読んだときの印象的だった結末を思い出した。オズが実はペテン師だったという。初めて読んだ時はそれこそショックだったが、この前日譚を知ると、味があっておもしろい。メルヘンな世界になんとも馴染まない妙な人間性臭さ。もう一度、原作を読み直してみたくなった。そんな作品。
オズの魔法使いは一回観ていたが内容がうろ覚えなのでこれを機に再鑑賞したい。オズの魔法使いの前日譚。これを踏まえてオズの魔法使いをみるとより楽しいのではないだろうか、無理なく旧作へのオマージュ(もはや伏線?)も散りばめられ、飽きずに観ることができた。キャラクターもそれぞれ面白く好感が持てるが、中でも陶器の少女は推せる。サム・ライミはホラーというイメージを持つ私にとっては最初相変わらずホラー風味でちょっと不気味だなと思ったキャラクターだが、よく喋るようになってからは何も可愛らしいことか。家族で楽しめそうだ。
起源や行動の動機が善悪的な部分を孕むとどうも鈍重に思えてしまう。スタンダードサイズ白黒パート冒頭の長回しの直後女の顔にカットが代わる、あの絶妙な構図の古臭さはちょっといいと思ったが、魔法世界がほぼ完全にCGなのもあるかカメラの視点の定まりが付きづらい。物理的(≒有限的)な準備の要素が欠けたフランコの手品の描写に較べて後半の作戦準備はやたら物理的に描写されている。オズの存在を映写の寓話として解釈した点は冴えていないわけではない…ラストのシルエットも含めて(そこに辿り着くまでが長すぎるのが致命的)。
善悪がはっきりしないあたり、子供向けではないけど。大人ファンタジーかと言われるとそこまでじゃない。
「GYAO!」で視聴。たぶん「オズの魔法使い」と関係のある物語なのだろうが、恥ずかしいことに私は「オズの魔法使い」を知らない。ペテン師並のいかがわしい手品師が魔法の国に飛ばされる。魔法の国はぶっ飛ぶほど美しくて、まさにおとぎの国。呆然とするほどの美しさ。そこに邪悪な魔女がいた。単なる手品師が邪悪な魔女たちの魔法と対決するというケッタイなお話。陶器の少女の可憐さに打ちのめされた。こんな素敵なキャラクターはないよ。本質は硬いけど硬すぎるゆえにもろく壊れやすい。人類史上最高のキャラじゃないかな。
良い魔女と悪い魔女の話は、なんとなく知っていましたが、その話を中心に映画を製作してしまうディズニーに驚きでした!『オズの魔法使い』といえば、カンザスに帰りたいドロシーの話を想像しますが、この映画はその一昔前の、オズがなぜこの世界の魔法使いとして留まる事になったのかを描いた物語。モノクロからカラーに変わる映像のシーンは相変わらず素晴らしく、昔の感動を蘇らせてくれました。
ライマン・フランク・ボーム原作の名作「オズの魔法使」に登場する魔法使いのオズが、如何にして魔法の国オズの主になったかを3Dにより映画化。監督はサム・ライミ。サム・ライミと聞いて また訳わかんなくなって消化不良で終るのかと多少不安になりつつ鑑賞。だがさすが1939年の映画「オズの魔法使」の大ファンだという監督、予想をいい意味で裏切って、旧作へのオマージュに満ちた、とても心温まる素敵な作品に仕上がっていた。旧作を含む過去の名作への愛、映画への愛に満ちた素敵な映画に仕上がっていた。
ケーブルテレビの録画で。思いの外壮大な映画だった。あの名画「オズの魔法使い」の前日譚。上手くつなげてくなぁ。3Dで観たらさらに面白かったかも。
序盤のモノクロが思いのほか美しくて良かったです。
2回目や、と思いながら最後まで見てしまいました笑 陶器ちゃんが可愛い!オズの話は全然知らんが、こーゆー話なん?って思いながら見てましたー
最初白黒で見づらいなぁと思ってましたが、そうすると途中からのカラーが鮮やかに見えました。 内容は、とりあえず西の悪い魔女がかわいそう。
映像美を楽しむくらいで内容は子供向け。美人な女優達の谷間が頻繁に見えるからその点は楽しめた
KIX→BKK 機内にて。ディズニーとオズの魔法使いのコラボレーション。オズやWickedのパラレルワールドを見たと思った方がいいかも。兵士ではない街の人々と力を合わせて悪い魔女と対決あたりはディズニーらしい。大画面で見ないと映像の美しさが堪能できない。
ドロシー一行が目指すオズの魔法使い、実はペテン師であった彼が、悪い魔女からエメラルドシティを解放する話。原作がふわふわしたまま見たが、原作を読んでいたらもっと面白かったか? キーマンである魔女がどれも美しくて眼福。特にレイチェル・ワイズの神経質な感じがはまり役だった。ストーリーに大穴はないけれど、目新しさもなく。悪くはないけれど、凄く面白いわけじゃない。真面目な秀才が努力してとった及第点(ギリギリ)見てる気分。特典にもあったが、ディズニーとオズはやはり結ばれない運命なのかも。
オズに好感を抱けなかったのが残念。映像はきれいだし、脇役たちが可愛くて見ていて楽しい。特にみんなで協力して対魔女用の道具を作るシーンが楽しかった。
なんだかメルヘンな気分の時にいい。ジェームズフランコ、たらし役が似合いすぎる。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

オズ はじまりの戦い ブルーレイ+DVDセットを観たいと思ったみんな最新10件(94)

01/15:chii
09/25:KIYO
08/12:kiki
08/08:anna
04/06:ayaka
03/28:におぽん
03/08:buubuu
02/05:くろすけ
01/24:ニノユキ

オズ はじまりの戦い ブルーレイ+DVDセットを観た人はこんな映画も観ています

【Amazon.co.jp限定】アナと雪の女王 MovieNEX (オリジナル絵柄着せ替えアートカード付) [Blu-ray + DVD]
【Amazon.co.jp限

3903登録
風立ちぬ [DVD]
風立ちぬ [DVD]

5673登録

オズ はじまりの戦い ブルーレイ+DVDセットの評価:68% レビュー数:353
ログイン 新規登録