だれもがクジラを愛してる。 [DVD]

だれもがクジラを愛してる。の感想・レビュー・登録(61)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
OD。実話ベース。面白かったけど、個人的には捕獲枠内で食用にしようとしてたイヌピアト族に一票。
1988年アラスカのバロー沖で分厚い氷の下で動けなくなっていたコククジラ3頭を救出しようとする人々の奮闘を描いた作品。クジラを介した人間ドラマで、凄く面白かった。様々な登場人物をそれぞれ個性的にまとめ、思惑を超えて皆が一致団結する過程が素晴らしい!感動のドラマ!
WOWOWにて。やっと見る機会に恵まれたのに途中からしか見れず。実際にあった話をもとにしてるらしいですが、本当にあんなことが出来たなんて素晴らしいと思います。また最初からちゃんと見たいな。
1988年に実際に起こったクジラ救出劇。何気なく観始めましたが、観ていくうちに真剣に観てしまいました。クジラ3頭の為にみんなが必死になる姿がよく描かれていましたし、現地のおじいちゃんと孫が良い感じでした。ラストで男の子が「小さな穴がどんどん大きくなり世界中を巻き込んだ」と言うセリフが全てで、なんだか心温まる良い映画でした。
気になっていたけれど、クジラやイルカに関しては捕獲問題など日本への非難もあるのではと警戒してスルーしていた映画です。ブロ友さんが大丈夫と教えてくれたので鑑賞しました♪食文化は置いといて、クジラの親子のために全世界が一致団結するところは良かったです。それぞれの立場で思惑がある中、あまりマイナス面がないところができ過ぎの気もしますが、後味の良い私好みの映画でした。これが事実に基づくお話っていうのがすごい!
いろんな思惑の中、地元民、グリーンピース、マスコミ、軍、巨大企業を巻き込んだクジラ救出作戦の物語。予定調和的なところはありますが、なかなか楽しめた作品でした。 しかしドリューさん勝ち気な役が本当に似合う(笑)
zan
クジラを取り巻く様々な思惑。政治的、商業的、出世欲、環境、地元の生活。取材のレポーターに40ドルでダンボール紙の切れ端を売る少年がたくましい。
梅雨明けで暑かったからレンタル。クジラの親子を救う為、利己的な人間達が皆んで協力し合って頑張ろる、美しい姿!って、まあ見る前から想像はついた。ドリュー演じるグリーンピース女が、クジラは頭が良くて自分たちの絶望的な状況を理解してる、と涙目で語るが牛、豚、鳥は違うの?量産できるというのことと、知能が高い、ということは同列で語ることじゃないと思う。あの連中は私って優しい!って酔ってるだけにしか見えん。
1988年アラスカで起きた、3頭のコククジラ救出の実話。「グリンピース」っていうと、マイナスイメージしかなかったんですけどね。最初はみんないろんな思惑があったんだけど、最後は国も民族も関係なく、みんながクジラを助けるために協力する姿が素晴らしい。涙がホロリきました。これは、親子で見てほしい。この夏休みの自由研究にピッタリですよ。@WOWOW
もっとほんわかした動物のお涙頂戴映画かと思いきや、まわりの人間の嫌らしい部分がちらほらと…。どこまで実話なのかはわからないが、クジラの生態よりも、アラスカの暮らしに興味が湧きました。
日本でもよくあるなぁ…例えばアザラシの”たまちゃん”とか。動物ネタはマスコミも好きな題材…というか人々が好きな題材。テレビで取り上げたことで、自分の利益を目的に集ってくる人々がなかなかリアルで面白い。実は救出にものすごく多額の税金が使われていたとしても、人はかわいい(ここが重要…)動物の命に関わることであれば誰もが寛容になる。一つの家族が救出劇を固唾を飲んでみている様子を入れたのはその象徴だろうし、いいアクセントになっている。
自分たちが食べる牛や豚は殺していいが、食べないクジラはだめなんて道徳的でもなんでもない。 文化の冒涜だ。 名を上げようと集まる人たちのほうがよほど好意的に見れる。
陸の近くに取り残された3頭の親子クジラの救出劇、1988年に実際あった実話。イメージアップの為に資材などで協力する企業や有権者へのアピールするために関わる政治家、キャリアアップの為に張り切るレポーターなど、最初は私利私欲で動き出した人々も次第にクジラ救出で心が一つになっていく姿が心温まる。
クジラを助けたいという行動の裏に駆け引きや計算がうごめいて、欺瞞に満ちた物語は実話だからこそ?表層は感動的でもあるけど、色んな事考えさせられる。グリーンピースってやっぱりああいう独善的な考え方の人が中心なんだろうな。
ある目的を達成するために世界が協力するという新鮮味はないがわかりやすいストーリでおもしろい。7点。(実話ということだが、鯨3頭救うために莫大な費用と国家が動くってどうなの?かたや捕鯨で食用になっており、命の尊さのバランスとして違和感を感じる。反グリーンピースの意図もあった?)
ただの美談じゃなく、みんなきちんと自分の利害のために動いているのがアメリカっぽいと思った。鯨を救う、という意味では美しい話なのだけど、部族の人も、グリンピースも、マスコミも、大統領周辺さえも、自分の利益をそこに乗せているのだから脱帽する。それでも最後には鯨は救出される。だから救われる。本当にあった話だから見れたんだろうな、私…
それぞれが自分たちの利益のために動き出すんだけど、次第に「ただ三頭のクジラを救いたい」という目的に協力し合う。エンドロールのは当時の映像かしら。
動物映画にありがちな「動物視点」の描写がほとんど無く、描かれるのは鯨救出で自分を売り出そうという人たちで、しかもほとんどの人物が自己中心的。テーマは他者への理解。鯨肉を食べている現地人対グリーンピース職員など、価値観や世代が違う者がひとつの場所に集まり議論を重ねるうちに同意はできないが共感はするという不思議な関係になっていく。またイルカ漁を描いた「ザ・コーブ」の後の制作でありながら鯨漁を理解ある描き方をしたことに好感が持てる。皮肉のこもった映画ながらなぜかエンドロールが清々しく感じるのは不思議。
★★☆☆☆ こんな実話があったとは。氷の厚さ15cmで海まで8kmならどんどん掘ってけばいーじゃん。なんて思いながら見てたら結局そうなった(笑) マスコミや政治、動物愛護団体とかの餌になりやすいネタなだけに、鯨を食べる民族として何だか微妙な後味が残った。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

だれもがクジラを愛してる。を観たいと思ったみんな最新10件(5)

06/01:かおる
09/07:さとつん
01/25:kool
09/11:iti-8

だれもがクジラを愛してる。を観た人はこんな映画も観ています


だれもがクジラを愛してる。の評価:85% レビュー数:26
ログイン 新規登録